「とんねるずの妹」真璃子のニュー・シングル発売記念インタビュー!
2019年3月8日 更新

「とんねるずの妹」真璃子のニュー・シングル発売記念インタビュー!

1986年「私星伝説」でデビュー。「とんねるずの妹」として紹介されていたあの真璃子のニュー・シングルが3月8日に発売です!CDリリースを記念して真璃子さんにインタビューの機会をいただきました。

3,642 view

2019年3月8日、真璃子ニュー・シングル「Present」発売

Amazon | Present | 真璃子 | J-POP | 音楽

1,101
PresentがJ-POPストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
かつて「とんねるずの妹」と呼ばれた歌手の真璃子さん。
当時からアイドルの枠を超えた活躍を続け、現在も出身地福岡を中心にライブ活動やラジオのレギュラー番組など、変わらぬ魅力で活動を続けています。

そんな真璃子さんの「今」を表現するニュー・シングル「Present」が発売!
リリースを記念して、ミドルエッジにてインタビューの機会を頂戴いたしました。
真璃子

真璃子

1984年、文化放送のオーディション企画「スターは君だ!!」でグランプリ獲得。
1986年「私星伝説」で歌手デビュー。

3枚目のシングル「夢飛行」では第28回日本レコード大賞新人賞、第17回日本歌謡大賞放送音楽新人賞などを受賞。

21枚のシングル、6枚のオリジナルアルバムを発売。
女優としてテレビドラマへの出演、ラジオ番組「オールナイトニッポン」のパーソナリティとしても活躍。

2016年~17年にCDを連続リリース。
pivot(山川恵津子×松井五郎の音楽制作ユニット)プロデュース
・「La Porte」(5曲入りアルバム / 2016.04.01)
・「On myself / 幸せのBlue」(シングル / 2017.11.26)

それでは、真璃子さんインタビューをご覧ください!

1984年「決定!全日本歌謡選抜」オーディション企画「スターは君だ!!」でグランプリ獲得が決まった瞬間はどのような心境でしたか?

中学2年からオーディションを受けて6つ目のオーディションでの優勝でした。やっとデビュー出来る!早くデビューして歌いたい気持ちでいっぱいでした!

受賞後、1986年「私星伝説」でデビューなさいました。当時は高校生だったと思うのですがデビューまではどのような日々を送っていらっしゃいましたか?

都立の定時制高校に通いながら生活のメインは歌、ダンスのレッスンとラジオ、ドラマ、映画などオーディションを沢山受けていました。事務所には毎日通い電話番もしていました。

3枚目のシングルレコード「夢飛行」で1986年の第28回日本レコード大賞新人賞、第17回日本歌謡大賞放送音楽新人賞を獲得されました。18歳でスターダムに駆け上がりましたが、当時はどのような環境変化がございましたか?

身に余る数々の賞を頂き有難く嬉しい気持ちとヒット曲を出さなければ!と強いプレッシャーも同時に感じました。当時の賞レースは番組視聴率も良かったので真璃子を知って頂くきっかけになりましたが、個人的には特に環境の変化はなかったですね。

「コムサ・DE・とんねるず」「ねるとん紅鯨団」といったとんねるずさんの人気番組のテーマソングに起用されました。当時は「とんねるずの妹」と呼ばれていましたが、お二人との関係で印象深いエピソードはございますか?

とんねるずのお二人とは同じ事務所で、本当にとんねるずのお二人にはお世話になりました。今の活動が出来ることもお二人やスタッフの皆さんのおかげです。
当時、とんねるずのお二人の番組だったラジオのオールナイトニッポンも毎週のように楽しみに聴いていました!
私にとってとんねるずのお二人は、眩しいスターで格好良いお兄さんのような存在でした。会うたび「頑張れよ!」とお声をかけてもらっていました!
一番印象に残っているのはドラマ「時間ですよ ふたたび、たびたび」で共演させて頂いたことです。

80年代のアイドル、私生活にも様々な制限がおありだったと思います。「今だから話せる」当時の私生活のエピソードなどお聞かせください!

有難いことにとても守られていたので何も不自由はなかったのですが、友達や知り合いと会う時のプライベートスケジュールも仕事のスケジュールとのバランスもあってすべて事務所に管理してもらっていました。プライベートな時間は友達と会っているときの時間だけでしたね。

芸能界で当時仲の良かった方はいらっしゃいましたか?どのようなテレビ番組をご覧になっていましたか?

芸能人の友達は少なかったのですが南野陽子さん、本田美奈子さんと仲良くしてもらっていました。一緒にディズニーランドに泊まりで遊びに行った楽しい思い出があります。島田奈央子さん、西村知美さんとはカラオケに行ったりしました。
観ていたテレビ番組はヒットスタジオや歌番組にドラマが多かったですね。「みなさんのおかげです」は勿論、バラエティーも好きで観ていました。

長い時間を経ての芸能界復帰です。80年代と今、肌で感じる芸能界の違いはございますか?

私もまだ活動を本格的に再開して月日が経っていないのであまり肌で感じる部分というのは実感していないように思います。
10代でデビューして何も分からない状態でしたのでラジオやテレビ、ドラマの現場で色んなことを教えて頂きました。あの頃鍛えてもらったおかげで今の活動の情熱に繋がっています。

1986年のデビューから真璃子さんの楽曲制作に長く関わられてきた松井五郎さんと山川恵津子さん。日本の歌謡界を代表するお二人ですが、アイドル時代から現在までお付き合いを続けていらっしゃるなかでお二人の印象を教えて下さい。

35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「〇〇の妹」と呼ばれた女性タレント!昔はオーディションで募集していました!

「〇〇の妹」と呼ばれた女性タレント!昔はオーディションで募集していました!

昭和の頃、アイドルのデビュー時の謳い文句のひとつに「〇〇の妹」がありました。多くは番組のオーディションに絡めたアイドル発掘企画でした。「HIDEKIの妹」や「田原俊彦の妹」など実に多くのアイドルが生まれ、人気者となっていきました。
ひで語録 | 27,379 view
「だっちゅーの」でブレイク!元・パイレーツの浅田好未(42)が最新ショットを公開!!

「だっちゅーの」でブレイク!元・パイレーツの浅田好未(42)が最新ショットを公開!!

お笑いコンビ「パイレーツ」の元メンバーでタレントの浅田好未(42)がこのたび、自身のインスタグラムにて娘との2ショットなど最新の写真を披露しました。
隣人速報 | 7,617 view
“現役JK水着アイドル”として人気を博した吉田里深(42)が美魔女化していると話題に!今後の展望を語る!!

“現役JK水着アイドル”として人気を博した吉田里深(42)が美魔女化していると話題に!今後の展望を語る!!

日刊ゲンダイの公式サイト「日刊ゲンダイDIGITAL」にて、90年代後半に現役女子高生水着アイドルとして人気を博した吉田里深(42)へのインタビューが掲載され、ファンを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 3,812 view
国生さゆり(55)が懐かしの水着写真を蔵出し!“なろう作家”デビューやメッセンジャー黒田についてのツイートも話題に!!

国生さゆり(55)が懐かしの水着写真を蔵出し!“なろう作家”デビューやメッセンジャー黒田についてのツイートも話題に!!

おニャン子クラブの元メンバーで女優の国生さゆり(55)がこのたび、自身のインスタグラムにて懐かしの水着ショットの数々を披露し、ファンを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 1,449 view
実は改名していた大原がおりが美顔をインスタ投稿!相席食堂では大胆露出も!ヒップラインが丸見えに!

実は改名していた大原がおりが美顔をインスタ投稿!相席食堂では大胆露出も!ヒップラインが丸見えに!

「出動!ミニスカポリス」の3代目ポリスとして活躍した大原がおり(46)がこのたび、自身のインスタグラムにて最新ショットを披露しました。その他、大原の最新情報をご紹介!
隣人速報 | 59,641 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト