あの頃の変なバンドの代表でもあった「有頂天」
2016年9月8日 更新

あの頃の変なバンドの代表でもあった「有頂天」

1980年代半ば、原宿のホコ天で、インディーズバンドたちが勢いを争った時代。インディーズの代表と言えば「THE WILLARD」、「LAUGHIN' NOSE」、そしてこの「有頂天」。バンドの顔、ボーカルのケラ(ケラリーノ・サンドロヴィッチ)の特異なキャラと、ケラ自ら主催したインディーズレーベル「ナゴムレコード」の怪?進撃で、80年代を駆け抜けた印象がある。

12,150 view

80年代のバンドブーム

1980年代半ばは、インディーズ全盛時代だった。
1980年代半ばになると、雑誌「宝島」を中心にインディーズ・ブームが起こり、NHKで特別番組「インディーズの襲来」としてパンク・シーンが紹介されるほどの社会現象となった。その中でも、ハードコア・シーンから登場しポップセンスを取り込んだLAUGHIN' NOSE、THE WILLARD、有頂天は「インディーズ御三家」と言われ高い人気を誇った。
前述のテクノポップやニューウェーブだけでなく、インディーズ・ブームで脚光を浴びたナゴムレコード、前述のポジティヴ・パンクとともにヴィジュアル系の源流の1つとも言えるYBO2、Z.O.Aなどのトランスレコード、また非常階段、ハナタラシ、ザ・ゲロゲリゲゲゲのようなノイズなど、当時のアンダーグラウンド、インディーズ・シーンで活躍するバンドの多くは、パンクロックの影響下にあり、実際パンクバンドとの対バンが多く、広義ではパンクと目される場合もあった。

「有頂天」というバンドは怪しいバンドだった

その中にあって「有頂天」は怪しいバンドだった。
バンドのメンバーがころころ代わる。バンドなのに音楽だけじゃなく、演劇をやったりする。
おまけにボーカルのケラは、他のバンドをプロデュースしたり、インディーズ・レーベルを主催したり、別名義で映画を撮ったり。。。多芸多才というか、なんだか節操のない印象ばかりで、インディーズだから、とちょっと色眼鏡で見てしまう部分もあった。
が、音楽的な部分では、メジャーデビュー第一弾シングル「BYE-BYE」。これで彼らに対する印象が変わった。

[PV] 有頂天 - BYE-BYE - YouTube

「有頂天」の代表作?

音的にはチープに感じるが、それがかえって曲全体に物悲しい雰囲気を与えた気がする。

そんな「有頂天」は説明の難しいバンド

バンド結成は1982年。結成当時は楽曲もステージングにもコミカルな要素が多かった。その後、メンバーチェンジにより音楽性にも大きく変化があるが、人気がなかなか得られず、1984年11月には目黒鹿鳴館にて観客動員0を記録、ステージングもコントから徐々に演劇的な要素が多くなる。
第4期メンバーの時に演劇的要素を廃し、よりポップに変化して行くと同時期にNHKで放送された「TV-TV インディーズの襲来」に出演、1985年にリリースしたチューリップの『心の旅』のカバーがヒット。インディーズ盤ながらオリコンのチャートにランクインするなど一気に人気が上昇し、「新しいサザンオールスターズ」と呼ばれたことも。
その後はナゴムレコードの他のアーチストとともにインディーズシーンを盛り上げていった。1986年にキャニオンレコードからメジャーデビュー、その後インディーズシーンに戻ったが、1990年再び東芝EMIからアルバムをリリースし、1991年に解散した。
メンバーに関しては、担当と名前だけ。ケラ以外のメンバーについてほとんど説明がない。インディーズバンドらしい、他バンドとの掛け持ちやら、サポートやら。メンバーも実のところ本業がはっきりしなかったのかもしれない。

「有頂天」が所属していた「ナゴムレコード」と言うレーベル

1980年代後半において、インディーズアーティストを専門に扱うレーベルとしてはキャプテンレコード、トランスレコードなどと並ぶ最大手レーベルの一つであった。当時のサブカルチャーの一端を担い、1990年代以降に著名となった多くのミュージシャン、クリエイターや俳優を輩出したことで知られる。
レーベル作成当初は、ケラのバンド有頂天と、加藤賢崇・岸野雄一らのバンド東京タワーズのみが所属しており、加藤・岸野らは2つのバンドのみの共同レーベルと考えていた。だが、ケラが独自に多くのバンドをスカウトしてレコード化していき、自然の流れでケラが主宰者となった。
「ナゴムレコード」という名前を決めたのは岸野雄一と川勝正幸であるという[1]。先鋭的な活動をするからレーベル名くらいは「和む」がいいというのが、その理由。
メジャーレコード会社はもちろん、インディーズレーベルでも引っかからないような個性の塊の様なバンドを積極的に取り上げた。在籍するミュージシャンの音楽性はさまざまだったが、いずれも外見・パフォーマンス面も含め異彩を放つ個性派と目された。
過去に所属した主なバンド
★有頂天/ケラ(ソロ名義、Mr.ナゴム(後にケラ)&ジ・インディーズなど)1986年メジャーデビュー、1991年解散。2014年12月再結成。
★空手バカボン
★筋肉少女帯:1988年メジャーデビュー。
★人生 (ZIN-SAY!):テクノ・バンド「電気グルーヴ」の前身、1991年メジャーデビュー。
★たま:1990年メジャーデビュー
★ばちかぶり:俳優田口トモロヲがヴォーカルを務めるバンド、1990年メジャーデビュー。

バンドブームの終焉とともにいつの間にか消えていった「有頂天」と「ナゴムレコード」

「ナゴムレコード」と「有頂天」(というよりもケラ)が当時辿った道は、次のようなものだったらしい。

ナゴム 1/2 - YouTube

ケラと呼ばれた男

ナゴム 2/2 - YouTube

現在、「有頂天」と「ナゴムレコード」はどうなった?

「有頂天」の現在。
2014年、後期メンバーによるセッションライブを敢行し、再結成を発表。2015年6月17日には、ミニアルバム「lost and found」をタワーレコード限定にてリリースし、活動再開した。
「ナゴムレコード」の現在。
2013年7月24日、ケラがTwitter上で創立30周年を機に新生ナゴムレコードを立ち上げると発表した。ケラと鈴木慶一との共同運営体制となり[2]、第1弾作品として2人のユニットであるNo Lie-Senseのファースト・アルバムが11月6日にリリースされた[3]。
24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【田原俊彦】イントロクイズ10問! 高得点を目指せ!

【田原俊彦】イントロクイズ10問! 高得点を目指せ!

歌って踊れるノリノリのトシちゃん!田原俊彦のイントロクイズです。約70枚のシングルを出している中から10曲選びました。名曲たちをアナタはどれだけ覚えていますか?
今のアイドルでは再現不可能!?22歳当時の中森明菜が大人び過ぎているとTwitterが盛り上がっている!!

今のアイドルでは再現不可能!?22歳当時の中森明菜が大人び過ぎているとTwitterが盛り上がっている!!

80年代に松田聖子と双璧をなす人気を博したアイドル・中森明菜。このたびTwitterにて22歳当時の明菜の映像が出回り、その「大人っぷり」が大きな話題となっています。
隣人速報 | 3,884 view
俺たちの永遠のスター!【郷ひろみ】シングル売上TOP10!!

俺たちの永遠のスター!【郷ひろみ】シングル売上TOP10!!

我らが永遠のスーパースター郷ひろみさんは、通算で100枚以上のシングルをリリースしています。多くの名曲がある中、今回は売上TOP10に注目してみたいと思いました。さっそく振り返ってみましょう(^^)/
つきねこ | 716 view
あの悲劇から33年…平成最後の4月8日、岡田有希子の墓前には今でも多くのファンが訪れていた!!

あの悲劇から33年…平成最後の4月8日、岡田有希子の墓前には今でも多くのファンが訪れていた!!

80年代を代表するアイドルにして、悲劇のヒロインでもある岡田有希子。1986年4月8日に彼女が亡くなってから、今年で実に33年が経過しました。彼女の命日には、今でも墓前に多くのファンが訪れています。
隣人速報 | 11,835 view
カブキロックスの氏神一番がなんとプロレスに挑戦!「実年齢」もついに公表!!

カブキロックスの氏神一番がなんとプロレスに挑戦!「実年齢」もついに公表!!

「イカ天」で一世を風靡したバンド・カブキロックスの氏神一番が、都内でメジャーデビュー30周年記念パーティーを開催、そこで実年齢およびプロレスへの参戦を明かしました。
隣人速報 | 1,586 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト