【訃報】6団体を渡り歩いたプロレスラー・永源遙さんが死去。悪役商会やツバ攻撃が人気だった
2016年11月29日 更新

【訃報】6団体を渡り歩いたプロレスラー・永源遙さんが死去。悪役商会やツバ攻撃が人気だった

28日、元プロレスラーの永源遙さん(本名同じ)が死去したことが分かった。70歳だった。永源さんは木村政雄に誘われ、66年に大相撲立浪部屋から東京プロレスに入門。その後、東京-日本-新日本-ジャパン-全日本-ノアと主要6団体を渡り歩いた。

3,403 view

【訃報】プロレスラーの永源遙さんが死去

28日、元プロレスラーの永源遙さん(本名同じ)が死去したことが分かった。70歳だった。
所属団体だったノアの広報担当によると「亡くなられたのは事実。詳細は確認できていない」とのことだが、関係者の話では、同日の午後8時ごろに自宅の風呂場で倒れたという。
永源遥さん(写真は05年1月13日)

永源遥さん(写真は05年1月13日)

永源さんは石川県出身で、木村政雄(ラッシャー木村)に誘われ、66年に大相撲立浪部屋から東京プロレスに入門。その後、東京-日本-新日本-ジャパン-全日本-ノアと主要6団体を渡り歩いた。

全日本時代には渕正信らとのチーム「悪役商会」が話題となり、90年代にはジャイアント馬場らの「ファミリー軍団」と抗争を展開し、人気者になった。

また、「ツバ攻撃」が代名詞で、永源の客席へのツバ吐きに対して観客が新聞紙で防御する光景が名物になった。コミカルなファイトもファンの支持を得た。百田光雄とは永遠のライバルで100戦以上もシングルで対戦。

06年3月の引退後はノアで常務取締役などを務め、退社後もノアの事務所や試合会場に姿を見せていた。
ジャイアント馬場との激しい戦い

ジャイアント馬場との激しい戦い

プロレスラー 『永源遙』

1946年1月11日生まれ。石川県鹿島郡鹿西町(現在の中能登町)出身。
リングネームは永源遙、永源勝、グレート・トーゴー。

1966年5月に東京プロレスに入団してプロレスラーに転身し、永源勝のリングネームでデビュー。
1967年に東京プロレスが崩壊した後は日本プロレスに移籍した。

1973年に新日本プロレスに移籍。1980年には、ストロング小林とのコンビで、国際プロレスからIWA世界タッグ選手権を奪取。
1984年にジャパンプロレス結成の際に同団体へ移籍。ジャパンプロレス消滅後の1987年には全日本プロレスへ移籍した。

1990年に、天龍源一郎らを引き抜いて旗揚げしたSWSのメインスポンサーだったメガネスーパーから、タニマチとの関係や営業能力を買われて億単位の支度金を用意されて参加を要請されたが、現役を続けるために断っている(SWSに移籍した場合はフロント専任になる可能性が高いと感じていた)。
永源遥さん

永源遥さん

2000年、全日本大量離脱→プロレスリング・ノア旗揚げと共に同団体へ移籍。この際、当時の全日本所属選手や取締役、さらには支援者のほとんどがノアに追随した背景には永源の力が大きかったといわれる(当時、アントニオ猪木もインタビューで永源がノア側に就いたことを知り、ノアの成功を予想するようなコメントを出していた)。

2006年3月26日、自身の出身地である旧鹿西町の、スポーツセンターろくせい大会で現役引退試合を実施。
2006年4月28日、引退記念パーティが帝国ホテルにて行われ、各界の著名人ら800人が出席して催され、プロレス関係者以外にも梅宮辰夫、渡哲也、西城秀樹、せんだみつお、栃東、魁皇、千代大海をはじめとした各界の有名人が参加し、西城秀樹はミニライブまで披露した。
百田のチョップを受けてツバを吐く永源遙さん

百田のチョップを受けてツバを吐く永源遙さん

10 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

“ミスタープロレス”天龍の引退までを描いたドキュメンタリー映画が完成!本人も絶賛!

“ミスタープロレス”天龍の引退までを描いたドキュメンタリー映画が完成!本人も絶賛!

昨年引退した元プロレスラーの天龍源一郎(66)の引退までを描いたドキュメンタリー映画「LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-」の完成披露試写会が開催され、天龍が舞台挨拶を行った。映画は天龍本人も絶賛する仕上がりとなっている。
プロレス総選挙2017順位結果発表!&マツド・デラックス的プロレス総選挙!その1日本人ヘビー級編

プロレス総選挙2017順位結果発表!&マツド・デラックス的プロレス総選挙!その1日本人ヘビー級編

WBCの延長で放送時間がゴールデンから一気に深夜番組となってしまった「プロレス総選挙2017」!!こんな結果だったと言うお知らせとマツド・デラックス的にあたしの独断でそれぞれの部門のベスト10を作ってみたわ!これはひとそれぞれ好きな人が違うから皆ににも投稿してもらいたいわよ!
【プロレスラー入場テーマ曲・80~90年代】まさに花道、プロレスラー達の入場テーマ曲を主なヘビー級レスラーの歴史とともに振り返る。

【プロレスラー入場テーマ曲・80~90年代】まさに花道、プロレスラー達の入場テーマ曲を主なヘビー級レスラーの歴史とともに振り返る。

プロレスを愛する人々にとって贔屓のプロレスラーの入場ほど気持ちが高揚する瞬間はありません。アントニオ猪木、ジャイアント馬場から始まる数々の名レスラー達、その入場時には自らとファンのボルテージが一気に高まる入場テーマ曲を用意して試合に臨んでいました。そんな興奮を味わいたくて会場に足を運んだ人も多いのではないでしょうか。80~90年代の名レスラー達とともに振り返ってみましょう。
青春の握り拳 | 444,690 view
谷津嘉章の熱闘10番勝負!鶴龍との対決・本気のブロディ・五輪コンビ・グッドリッジとの激闘を振り返る

谷津嘉章の熱闘10番勝負!鶴龍との対決・本気のブロディ・五輪コンビ・グッドリッジとの激闘を振り返る

谷津嘉章の熱闘を当時の時代背景を交えながらドラマティックに振り返る。ブッチャー&ハンセンの血祭り事件。キレた猪木。ブロディの本気。PRIDEでグッドリッジと激闘。鶴龍との対決や五輪コンビの活躍などもプロレス的感性で語り尽くす。
ブラックサワ | 23,512 view
ブルーザー・ブロディ  Bruiser Brody   「超獣」「暴走キングコング」 誰もこの男は止められなかった

ブルーザー・ブロディ Bruiser Brody 「超獣」「暴走キングコング」 誰もこの男は止められなかった

「超獣」 「暴走キングコング」 「インテリジェント・モンスター」 「プロレス界のチェ・ゲバラ」 「NOと言えるレスラー」 ブルーザー・ブロディは たくさんのニックネームを持つブルーザー・ブロディ その破天荒さ そのインテリジェンス その少年のような無邪気さ 彼はヒール(悪役)だったけれど 全然卑怯なことはしなかった というか 反則しても堂々としすぎているし 反則しなくても勝てる人だし 「ルールに縛って彼の野性を消したらダメ」 とWWF(世界野生生物基金 )的なことを思ってしまいます I Love ブルーザー・ブロディ!
RAOH | 39,995 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト