ドラマを彩った名子役~TBS編~子役時代の活躍と現在を紹介!
2019年4月13日 更新

ドラマを彩った名子役~TBS編~子役時代の活躍と現在を紹介!

記憶に残る名作ドラマには子供は欠かせない存在ですね! 子役の名演技が多くのヒット作品を生み出しました。1980年代から1990年代に子役が活躍したTBSドラマと、気になる子役たちの現在を紹介します。

14,400 view
TBS系”愛の劇場シリーズ”で 1994年6月から放送された「ぽっかぽか」では、田所あすか役の「上脇結友」ちゃんが話題になりました。

ぽっかぽかは、平凡なサラリーマンと”ずぼら主婦”と幼い娘を描いたホームコメディ。

同ドラマは1994年に30話・1995年に40話・1996年に45話が放送される人気シリーズになりました。
 (2098216)

上脇結友プロフィール


名前:上脇結友(かみわき ゆう)
本名:田中結友(たなか ゆう)
生年月日:1989年11月15日(29歳)
出身地:鹿児島県


上脇結友ちゃんは、1994年6月から放送された「ぽっかぽか」でデビュー

七瀬なつみさん・羽場裕一さん夫婦と一人娘のあすかちゃんの日常を描いた「ぽっかぽかは」は、笑いと愛が溢れた素敵なドラマでした。

両親を「ちち」「はは」と呼ぶのが印象的な、ショートカットの可愛らしい女の子でしたね~

あすか役でブレイクした結友ちゃんは、1996年4月、TBS系のドラマ「若葉のころ」でKinKi Kidsと共演。
堂本剛さんの妹役を演じました。
その後、芸能界の仕事をお休みしていましたが、2004年「3年B組金八先生」の生徒役で復帰!

同ドラマで坪井典子役を演じた結友ちゃんが、ぽっかぽかの「あすかちゃん」だと気付きましたか?

女の子は変わりますね~!
上脇結友ちゃんは、2017年6月12日に俳優:田中康寛さんと入籍。

なんと入籍前の6月9日に、第一子となる男の子のママになっています。

あすかちゃんがママに・・・驚きですよね!!

今でも「ちち」と「はは」とは、プライベートで交流が続いているようです。

まとめ

テレビドラマを彩った子役がいたからこそ、多くのヒット作品が誕生しましたね。

やはり劇団出身の子役の演技力は圧巻でした。

引退して一般の生活を送っている子役の現在は分かりませんが、大人になった姿にギャップを感じるより、あの頃のイメージのまま心に刻んでおきたいですね。
51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト