BOØWY、JUDYANDMARY、GLAYなど多数!佐久間正英さんのプロデュースしたアーティストまとめ
2021年4月3日 更新

BOØWY、JUDYANDMARY、GLAYなど多数!佐久間正英さんのプロデュースしたアーティストまとめ

音楽プロデューサーとして活動されてきた佐久間正英さん。残念ながら2014年に61歳という若さで他界されていますが、名曲は色あせません。プロデュースされたアーティストは約144組ですが、一部をご紹介していきます。

259 view

音楽プロデューサーになったきっかけ

佐久間正英さんは1970年代、四人囃子というバンドで活躍されていました。ログレッシヴ・ロック・バンドと言われていましたね。佐久間さんはギターとベースを担当していました。1979年に一度解散しましたが、その後も何度か復活しています。

1978年からはにはニュー・ウェイヴ・テクノポップ・バンド、プラスチックスに加入。ここではキーボードを担当していました。1979年に井桐氏でデビューしたのち、1980年に日本でデビューしています。

その後はソロアーティストとしても4枚のアルバムをリリースしました。

プロデューサーをするようになったのは1979年。P-MODELの1stアルバムのプロデュースをしたのがきっかけでした。それ以前にも他のアーティストの楽曲のアレンジなどはしていたのですが、本格的なプロデュースはこれが初めて。自らもバンドで活動している時から他のアーティストのプロデュースもしていたんですね。

佐久間さんは自分の色を強く押し出すタイプではなく、アーティストの個性を尊重していくタイプです。

佐久間さんは高校時代からアーティストを目指していたのですが、音楽バカにならないよう、音楽より人間を知ろうということで和光大学人文学部人間関係学科に入学、卒業しています。その時の勉強がプロデュース業の役に立っているような感じがしますね。

BOØWYのプロデュースでプロデュース業が本格化!

Amazon.co.jp: THIS BOφWY: 音楽 (2267213)

布袋寅泰さんから推薦を受け。1985年にBOØWYのプロデュースをすることになります。布袋さんはプラスチックスを気に入っていたそうです。

BOØWYはライブを中心に活動していたのですが、本格的なアルバムを制作するにあたり、佐久間さんをプロデューサーとして迎え入れました。

佐久間さんは依頼を受けた時、ドイツにある「ハンザ・スタジオ」でなら受け入れるといったそうです。ドイツといういつもと違う閉ざされた環境で音楽に集中させたいという思いがあったそうです。ですがもう1つの理由として、怖いからプロデュースを引き受けたくなかった。ドイツといえば断るだろうと思った、というのを晩年に笑い話として語っています。

このアルバムの制作過程で、布袋さんは本格的なプロデュース作業、編曲作業を学んだそうです。それだけの影響を与えていたんですね。編曲者は布袋さん一人の名前になっていますが、実際は佐久間さんと共同で行っています。

また、同じベーシストの松井恒松さんには、ベースの弾き方から伝授したのだとか。

佐久間さんにとっても思い出に残っているプロデュースだったんでしょうね。BOØWYは1987年に解散していますが、佐久間さんも復活を望んでいたそうですよ。

解散後は氷室京介さん、松井常松さんのソロ活動のプロデュースも行いました。

そしてBOØWYのプロデュースをしたことがきっかけで、プロデューサーの仕事が一気に増えていきました。

1990年代には数々のバンドをプロデュース!

Amazon.co.jp: Over Drive: JUDY AND MARY: Digital Music (2267221)

1990年代には数々のメジャーバンドのプロデュースを行っています。

JUDY AND MARYは1994年のデビューアルバムから活動休止前の1998年に発売された「POP LIFE」までを佐久間さんがプロデュースしています。(ラストアルバム「WARP]はTAKUYAプロデュース)JUDYANDMARYはアルバムごとにガラッと雰囲気が変わっているのでプロデューサーが変わったのかな?等い感じがしますがずっと佐久間さんなんですよ。

佐久間さんはアーティストがやりたいことを最大限引き出す、というプロデューススタイルなのでバンドが変わっていけばそれに合わせて変わってくれていたんですね。

さらに1995年にはGLAYのプロデュースも開始。こちらもオファーを受けてプロデュースをしました。GLAYは最初はYOSHIKIさんプロデュース、その後土屋昌巳さんがプロデュースしていますが、同じ1994年のうちに佐久間さんに代わっています。その後2013年まで佐久間さんが担当されていたんですよ。2014年に佐久間さんがなくなっているのでその後は亀田誠治さんがプロデュースされています。GLAYにはキーボードとしても参加されています。

そして1997年にデビューしたHysteric Blueもプロデュースしています。佐久間さんは基本的にオファーを受けてプロデュースをしているのですが、Hysteric Blueに関しては自分で申し出たそうです。Hysteric Blueは結成直後にデモテープを書く音楽業界に送っていました。それを聞いた佐久間さんが何かを感じたのでしょうね。プロデュースをすることになり、デビューが決定しました。デビューから、ラストアルバムまで佐久間さんがプロデュースしていますよ。

プロデュースだけでなく、サポートベーシストとしても参加されています。キーボード、ベース、ギターと数々の楽器を演奏できるのもすごいですよね。

他にもくるり、エレファントカシマシ、黒夢などもプロデュースされているんですよ。幅広いですよね。
8 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

YUKIがジュディマリ時代に参加していたユニットNiNaって知ってる?

YUKIがジュディマリ時代に参加していたユニットNiNaって知ってる?

現在はソロとして活躍されているYUKIさん。JUDY AND MARY時代にNiNaというユニットに参加されていたのをご存じでしょうか?このユニットを振り返ってみます。
saiko | 780 view
高得点を目指せ!【BOØWY】イントロクイズ

高得点を目指せ!【BOØWY】イントロクイズ

1988年に惜しまれつつ解散した伝説のロックバンド「BOØWY(ボウイ)」。氷室京介・布袋寅泰・松井常松・高橋まことの4人が残した数々の名曲たちをアナタはどれだけ覚えていますか?
ミスチル・マイラバだけじゃない!小林武史さんがプロデュースしたアーティスト特集

ミスチル・マイラバだけじゃない!小林武史さんがプロデュースしたアーティスト特集

音楽プロデューサー小林武史さんといえばやっぱりMr.ChildrenやMYLITTLELOVERで有名ですが、それだけではありません。小林武史さんのプロデュースしたアーティストまとめてみました。 を
saiko | 735 view
ローソンストア100が布袋寅泰と奇跡のコラボ!布袋をイメージしたパンやスイーツを発売!!

ローソンストア100が布袋寅泰と奇跡のコラボ!布袋をイメージしたパンやスイーツを発売!!

株式会社ローソンストア100は、世界的ロック・ギタリストの布袋寅泰が今年でアーティスト活動40周年を迎えるのを記念し、布袋をイメージしたオリジナルコラボ商品「ロックンロールなパン」「スリルなカレーパン」「ベビベビ♪ベィビーシュー」を発売しました。
隣人速報 | 776 view
JUDY AND MARY TAKUYAのソロプロジェクト、ROBOTSって知ってる?

JUDY AND MARY TAKUYAのソロプロジェクト、ROBOTSって知ってる?

ジュディマリのギタリストとして活躍されていたTAKUYAさん、ジュディマリとして活動中にもう1つ行っていたソロプロジェクトROBOTSをご存じですか?あのベーシストも在籍していました!
saiko | 411 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト