YUKIがジュディマリ時代に参加していたユニットNiNaって知ってる?
2021年3月25日 更新

YUKIがジュディマリ時代に参加していたユニットNiNaって知ってる?

現在はソロとして活躍されているYUKIさん。JUDY AND MARY時代にNiNaというユニットに参加されていたのをご存じでしょうか?このユニットを振り返ってみます。

780 view

NiNaのメンバー

まずはNiNaのメンバーから見ていきましょう。

ボーカルはYUKIさんとケイト・ピアソンさんのダブルボーカルでした。YUKさんIはJUDYANDMARYのボーカル。ケイト・ピアソンさんはB-52'sというアメリカのバンドのボーカルです。1978年に結成されたバンドです。最後にリリースされたのは2008年ですが、解散はしていません。

四人囃子というバンドのメンバーだった佐久間正英さんがギター、プラスチックス時代に同じメンバーだった島武実さんが音楽ディレクターの4人のバンドです。サポートメンバーとしてベースのミック・カーンさん、ドラム、パーカッションのスティーブン・ウルフさん 、ドラムのそうる透さんも参加されています。

最初はアメリカでも活動する予定だったのですが、YUKIさんはソニー所属、ケイトさんはワーナー所属という大人の事情から日本のみでの活動となりました。アメリカでも活動していたらどうなっていたのか気になりますね。

NiNa結成の経緯

Amazon.co.jp: NiNa: 音楽 (2264133)

プラスチックス時代から作曲家、編曲家として活動されていた佐久間正英さんは、布袋寅泰さんをプロデュースしたことがきっかけで音楽プロデューサーとして数々のアーティストをプロデュースしてきました。JUDYANDMARYもそのうちの一組ですね。

プラスチックス時代、アメリカでもかつそうしていてその時にB-52'sのメンバーと親交を深めていました。そしていつかケイトさんと一緒に音楽をやりたいと思っていたそうです。

連絡を取ってみるとOKが出たので島武実さんも誘ってバンドを結成することに。その時ちょうど活動休止に入ったJUDYANDMARYのボーカル、YUKIさんにも声をかけこの4人のメンバーとなったのです。

NiNaというグループ名を付けたのはYUKIさん。ちょうどその時27歳だったことからこのバンド名になりました。

まずは1曲制作したところ、いい曲ができそうだったので本格的にメンバーを集めてアルバムもリリースすることになったのです。

最初から企画ものというか期間限定のユニットのつもりだったのか、特に解散はしていませんが活動したのは1999年の1年間だけです。

デビュー曲は「彼女たちの時代」の主題歌!

Amazon.co.jp: Happy Tomorrow: 音楽 (2264136)

デビュー曲は1999年7月にリリースされた「Happy Tomorrow 」。WOWWOWのアニメ「アークザラッド」の主題歌であり、深津絵里さん主演のドラマ「彼女たちの時代」の主題歌でもありました。

YUKIさんがボーカルとはいえ、デビュー曲がいきなりダブルタイアップというのはすごいですよね。NiNaの名前は覚えていなくてもこの曲は覚えている!という人もいるかもしれません。タイトルの通りハッピーになるような歌ですよね。オリコンチャートは最高位9位でした。

その後、1999年10月にはセカンドシングル「Aurora Tour 」がリリース。こちらは「新ウンナンの気分は上々。」のエンディングテーマでした。NiNaのシングルは2曲だけなんですが2曲ともタイアップが付いているなんてすごいですね。

そして11月に「NiNa」というタイトルのアルバムがリリースされました。アルバムの曲の中でも「Rest In Peace」はアニメ「アークザラッド」のエンディングテーマ、「Route 246」は三菱RVRのCMソングとなっていますよ。

全13曲入りのアルバムですが名曲ぞろいですよ!聞いたことがないという方はぜひチェックしてみてください。

NiNaの楽曲の特徴

佐久間正英さんがイメージしていたNiNaの活動コンセプトは1970年代後半の「ニュー・ウェイヴムーブメント」の雰囲気をまた起こしたいということでした。

確かにNiNaの音楽は懐かしいような新しいような不思議な雰囲気がありました。音楽評論家の平山雄一さんは「YUKIとカイトのボーカル、佐久間正英のサウンド島武実のパワーが合わさったクオリテ期の高いサウンド」と評価しています。「1970年代末のニュー・ウェイヴムーブメントにあったポップな冒険心を感じる」とも。佐久間さんの意図はプロには伝わっていたんですね。

そしてNiNaの楽曲は日本語と英語がいじり混じっているのも特徴的。YUKIさんが歌うパートは日本語、カイトさんが歌うパートは英語になっているのです。YUKIさんの歌詞もJUDYANDMARYの楽曲やソロとはまた一味違う感じですよ。

基本的に自分で歌うところは自分で作詞されていますが「Hairspray」「In The Park」「I Remember You」「Film」はカイト三のみの作詞、「Rest In Peace」「When I Ask You」はYUKIさんのみの作詞になっています。

アルバムのブックレットには英語歌詞分のYUKIさんによる和訳も付いているので英語が読めなくても楽しめました。

JUDYANDMARYともソロともまた一味違ったNiNaの楽曲。振り返ってみると久しぶりに聞きたくなりました。
11 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

BOØWY、JUDYANDMARY、GLAYなど多数!佐久間正英さんのプロデュースしたアーティストまとめ

BOØWY、JUDYANDMARY、GLAYなど多数!佐久間正英さんのプロデュースしたアーティストまとめ

音楽プロデューサーとして活動されてきた佐久間正英さん。残念ながら2014年に61歳という若さで他界されていますが、名曲は色あせません。プロデュースされたアーティストは約144組ですが、一部をご紹介していきます。
saiko | 259 view
JUDYANDMARYどの曲が好き?メンバーの現在も紹介!

JUDYANDMARYどの曲が好き?メンバーの現在も紹介!

2001年に解散したバンドJUDYANDMARY。 「そばかす」などいくつものヒット曲がありますがどの曲が好きでしたか? 今回はJUDYANDMARYのヒット曲と解散後のメンバーについてご紹介します。
やすたけ | 12,169 view
JUDY AND MARY TAKUYAのソロプロジェクト、ROBOTSって知ってる?

JUDY AND MARY TAKUYAのソロプロジェクト、ROBOTSって知ってる?

ジュディマリのギタリストとして活躍されていたTAKUYAさん、ジュディマリとして活動中にもう1つ行っていたソロプロジェクトROBOTSをご存じですか?あのベーシストも在籍していました!
saiko | 411 view
懐かしの名曲がいっぱい!Hysteric Blueのヒット曲を振り返ってみよう!

懐かしの名曲がいっぱい!Hysteric Blueのヒット曲を振り返ってみよう!

90年代後半に活躍していたバンド「Hysteric Blue」。ハイトーンボイスのボーカル、ポップな楽曲で人気でしたよね。彼らのヒット曲を振り返ってみましょう。
saiko | 1,529 view
1995年リリース 【JUDY AND MARY】のアルバム『MIRACLE DIVING』を振り返る

1995年リリース 【JUDY AND MARY】のアルバム『MIRACLE DIVING』を振り返る

この記事では、1995年にリリースされた【JUDY AND MARY】の3枚目のオリジナルアルバム『MIRACLE DIVING』を振り返りたいと思います。
つきねこ | 1,421 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト