映画「死刑台のエレベーター」の音楽は、あのマイルス・デイヴィスが即興でつくったんですよ
2017年4月14日 更新

映画「死刑台のエレベーター」の音楽は、あのマイルス・デイヴィスが即興でつくったんですよ

ヌーヴェルヴァーグの幕開けを飾る傑作映画「死刑台のエレベーター」。監督は当時若干25歳だったルイ・マルの監督デビュー作です。この映画の音楽はなんとジャズの帝王と称されるあのマイルス・デイヴィスが、映像を見ながら即興でつくったと言われています。いくら天才トランぺッターとはいえ、これが信じられないほど素晴らしすぎるんです!

1,386 view

映画「死刑台のエレベーター」

70年代に「映画を観るならフランス映画さ」という歌詞を持った曲が流行ったのを憶えている方もいらっしゃることでしょう。そうなんです。当時は特に映画といえばフランス映画、フランス映画といえばオシャレでデートには最適ということで重宝したものです。
俳優さんも街並みも美しく、ファッションはお手本でした。

ただ、ハリウッド映画と違い、日常の生活を淡々と描くものが多かったためでしょう「フランス映画は退屈」という意見は多く、映画館で寝ている人も見受けられました。
それでも当時の若者は背伸びをしてデートにはフランス映画を観たものです。

もちろん、フランス映画は退屈なものばかりではありません!素晴らしい映画は星の数ほどあります。しかし、「そう、それは分かっているけど眠くなる」という方に最適な映画のひとつをご紹介しましょう。

ヌーヴェルヴァーグの幕開けを飾る傑作「死刑台のエレベーター」です。
死刑台のエレベーター

死刑台のエレベーター

映画「死刑台のエレベーター」フランス版ポスター
死刑台のエレベーターは、1957年(フランス/ヨーロッパ・ビスタ(1.66:1)サイズ・モノクロ91分)に制作され、日本公開は1958年9月26日、その後、何度かテレビで放映され、リバイバル上映もされた後、2010年10月9日にはニュープリントで再上映されています。

この映画ポスターからしてオシャレ具合が伝わろうかと思いますが、まだこの映画をご覧になっていないのであれば、その期待を裏切ることはありません。

この映画がなぜ眠くならないかと言いますと、サスペンス仕立ての恋愛(不倫ですね)映画だからなんですね。
そして、何より素晴らしいのが音楽です。映画はたしかに名作ですが、音楽だけ取り出しても名作の誉れ高い作品なんです。

それでは順に紹介していきましょう。

キャスト

先ず、監督はフランスの名匠となったルイ・マル監督の実質的デビュー作です。
ルイ・マル

ルイ・マル

誕生:1932年10月30日
死没:1995年11月23日(満63歳没)
出生地:フランス・ノール県トゥムリー
ルイ・マル監督は当時若干25歳といいますから驚きです。そして、ヒロインを務めたのが当時29歳だったジャンヌ・モロー。あまりの美しさにため息が出る程です。
ジャンヌ・モロー

ジャンヌ・モロー

誕生:1928年1月23日
出生地:パリ
国籍:フランス
ジャンヌ・モローはこの映画で一躍注目を集め、大女優への道を歩むことになります。因みに、ルイ・マル監督とジャンヌ・モローは、当時、恋愛関係にあったそうです。映画監督ってやはりモテるんですね。

相手役は、モーリス・ロネが務めています。彼もまた素晴らしい役者さんで、残念ながら1983年に亡くなられていますが、生涯で100本以上の作品に出演しているほどです。
モーリス・ロネ

モーリス・ロネ

本名:Maurice Julien Marie Robinet
誕生:1927年4月13日
死没:1983年3月14日(満55歳没)
出生地:ニース
他にモーリス・ロネの出演作品といえば「太陽がいっぱい」や「鬼火」が印象深いです。

そして、そして、そして、この映画の真の主役と言っても良いのではないかというのが、音楽を担当したマイルス・デイヴィスです。
マイルス・デイヴィス

マイルス・デイヴィス

出生名:Miles Dewey Davis III
生誕:1926年5月26日イリノイ州オールトン
死没:1991年9月28日(満65歳没)
活動期間:1944~1991
そうなんです。映画「死刑台のエレベーター」の音楽は、ジャズ界の帝王とさえ言われたマイルス・デイヴィスが担当しているのです。

しかも、録音は信じられないことに、いくつかのメロディの断片を用意していたとはいえ、真夜中のパリのスタジオでラッシュ・プリントを見ながらアドリブで録音されたという伝説的な即興演奏を聴くことができます。

それにしても、いくらマイルス・デイヴィスが天才とはいえ、とても即興にちかいカタチでの録音とは思えない素晴らしい作品となっています。
死刑台のエレベーター

死刑台のエレベーター

1. GENERIQUE
2. L’ASSASSINAT DE CARALA
3. SUR L’AUTOROUTE
4. JULIEN DANS L’ASCENSEUR
5. FLORENCE SUR LES CHAMPS-ELYSEES
6. DINER AU MOTEL
7. EVASION DE JULIEN
8. VISITE DU VIGILE
9. AU BAR DU PETIT BAC
10. CHEZ LE PHOTOGRAPHE DU MOTEL
11. ON GREEN DOLPHIN STREET
12. FRAN-DANCE
13. STELLA BY STARLIGHT
ジャズのカッコよさは、夜、大人、退廃、クール、ハードボイルドといったキー・ワードに象徴されるが、マイルス・デイビスこそ、その要素を全て併せ持ったミュージシャンだといえよう。その中でも、このアルバムはマイルス・ダンディズムの極致を地でいったきわめてクールでカッコイイ演奏である。
「メイン・タイトル」から始まり、「エレベーターの中のジュリアン」、「シャンゼリゼを歩むフロランス 」そして「モーテルの写真屋 」など、ストーリーに沿った曲がシーンを盛り上げていきます。

録音メンバーは、マイルス・デイヴィス(トランペット)の他、バルネウイラン(テナーサックス)、元オリジナルMJQのメンバーのケニー・クラーク(ドラム)、ルネ・ウルトルジェ(ピアノ)、ピエール・ミシュロ(ベース)です。

ストーリー

映画『死刑台のエレベーター ニュープリント版』予告

【物語】
ジュリアン・タベルニエ(モーリス・ロネ)は、自分が勤める会社の社長夫人であるフロランス・カララ(ジャンヌ・モロー)と不倫をしていました。
そして、二人で社長殺害を計画。ジュリアンは、フロランスの夫を自殺に見せかけて殺してしまいます。ところが、完全犯罪の筈でしたが思わぬミスを犯してしまい、一旦現場に戻ることになります。すると、運悪く、ジュリアンは現場のビルのエレベーターの中に閉じこめられてしまったのです。
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • Papy 2017/12/23 00:45

    即興で作った話は、全くのデマです。映画のプロモーション用に作られたフイルムを見て、勝手に即興で作ったと勘違いしているだけの話です。そのシーンとは、スクリーンに映し出された「死刑台のエレベーター」を観ながら、マイルスがペットを吹いているシーンです。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

フランス映画『美しすぎて』美しい妻と熟女の間で心が揺れる。不倫情交を重ねた中年男が体験した事

フランス映画『美しすぎて』美しい妻と熟女の間で心が揺れる。不倫情交を重ねた中年男が体験した事

『美しすぎて』は、1989年にベルトラン・ブリエ監督により制作されたフランス映画。第42回カンヌ国際映画祭審査員グランプリと第15回セザール賞最優秀作品賞を受賞している。 ビジネスの成功と富、美しい妻を手に入れた中年男が、派遣事務員として働く熟女と不倫関係になり、心が揺れる姿を海沿いに町を舞台に淡々と映し出している。二人の女性は、タイプと年齢は違うがそれぞれ魅力的だ。シューベルトのピアノ曲が単調な日常の風景を優美に彩る。ミドルエッジ世代なら、登場人物の心情に寄り添える大人のストーリーだ。
『郵便配達は2度ベルを鳴らす』キッチンで求め合うシーンが衝撃的だった!!

『郵便配達は2度ベルを鳴らす』キッチンで求め合うシーンが衝撃的だった!!

野獣の匂いプンプンのジャックニコルソンと、疲れた姿の中にも美しさを見せるジェシカラングとの激しい絡み。そして逃避行、繰り返される殺人計画、あまりにも切なすぎる結末。。。エロスとサスペンスの傑作をご紹介します。
ナベゲン | 19,940 view
夫以外の男とのセックスは、どうしてこんなに楽しいのだろうか。石田ゆり子「不機嫌な果実」。

夫以外の男とのセックスは、どうしてこんなに楽しいのだろうか。石田ゆり子「不機嫌な果実」。

清純を絵に描いたような女優 石田ゆり子が若かりし頃に挑んだ不倫ドラマ「不機嫌な果実」。男を手玉に取っているようにみえて、実は不器用でピュアな女性を毎回濃厚なベッドシーンを絡め見事に演じています。石田ゆり子ファン必見!これはエロいですよ。
obladioblada | 11,081 view
70年代のブライアン・デ・パルマ監督作品はカルトの宝庫。

70年代のブライアン・デ・パルマ監督作品はカルトの宝庫。

今や巨匠となったブライアン・デ・パルマ監督ですが、70年代の作品はどれも下世話でミステリアス。故にカルト。無条件に面白いのですが謎解きがあったり、どんでん返しがあったりで詳しく内容を言えないところが歯がゆいなぁ。
obladioblada | 2,752 view
離婚後、再婚しないで子育てをしたシングルマザー芸能人一覧

離婚後、再婚しないで子育てをしたシングルマザー芸能人一覧

離婚後シングルマザーとして、活躍している芸能人はたくさんいます。その中で再婚をしないで、こどもが成人するまで子育てをした、現在40歳から60歳の独身女性芸能人をさがしてみました。実はシングルマザーだった意外な芸能人一覧です。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト