ミポリンの黒歴史?!性描写が少なかったから?事実上打ち切りだった「夏・体験物語」
2016年7月13日 更新

ミポリンの黒歴史?!性描写が少なかったから?事実上打ち切りだった「夏・体験物語」

中山美穂主演のドラマ「夏・体験物語」。中山美穂の出世作「毎度お騒がせします」のような性描写や過激シーンを期待していたファンはガッカリだったようですが、当時小学生の私はかなりドキドキしながらも、毎週楽しみに観ていました。吉幾三や塩沢トキ、極悪同盟のドタバタも面白かった、「夏・体験物語」を懐かしく振り返ります。

148,474 view

夏・体験物語とは?

『夏・体験物語』(なつ・たいけんものがたり) は、1985年及び1986年に、TBS系で放送されたテレビドラマである。
Amazon.co.jp | 夏・体験物語 DVD-BOX DVD・ブルーレイ - 中山美穂, 新井康弘, 吉幾三, 石田えり, REIKO, MIHO, 網浜直子, 清水宏次朗, ダンプ松本, ブル中野 (1707443)

“性”・“思春期”をテーマとした『毎度おさわがせします』と同路線を狙っての製作であったが、トップアイドルに名を連ねた中山美穂が主人公ということもあり、過激な性描写は控え、ソフトタッチになっている。
夏・体験物語(1985)TBS|ただの備忘録 (1707440)

出典 ameblo.jp
第2話以降、視聴率は下降の一途を辿ったため当初の予定を大幅に切り上げ、第6話で終了。事実上打ち切りであった。しかし、翌1986年に出演者の殆どを新人アイドルに入れ替え、パート2(第2シリーズ)が製作された。
パート2の主人公は藤井一子。役柄が変わっても、パート1から継続して出演したのは吉幾三、塩沢トキ、極悪同盟、網浜直子、田中こずえでした。
夏・体験物語 再放送 - 少女隊 FOREVER (1707462)

全寮制の女子高生4人組が、夏休みに出かけた旅先で繰り広げる、恋のさや当てと初体験願望を描いた作品。
夏・体験物語 再放送 - 少女隊 FOREVER (1707455)

キャスト

寮生活をしている4人組

杉本 由起(すぎもと ゆき)役 中山美穂

夏・体験物語(1985)TBS|ただの備忘録 (1707481)

出典 ameblo.jp

村木 すみれ(むらき すみれ)役 網浜直子

夏・体験物語(1985)TBS|ただの備忘録 (1707483)

出典 ameblo.jp

長浜 恵子(ながはま けいこ)役 ミホ(少女隊)

夏・体験物語(1985)TBS|ただの備忘録 (1707484)

出典 ameblo.jp

島 美津子(しま みつこ)役 レイコ(少女隊)

夏・体験物語(1985)TBS|ただの備忘録 (1707485)

出典 ameblo.jp
67 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

夏・体験物語!!ちょいエロドラマのあの人は今・・・

夏・体験物語!!ちょいエロドラマのあの人は今・・・

“性”・“思春期”をテーマとした『毎度おさわがせします』と同路線を狙っての製作であったが、トップアイドルに名を連ねた中山美穂が主人公ということもあり、やや過激な性描写は控え、ソフトタッチになっている。
ギャング | 55,369 view
幻の名作?日テレが放った!ドラマ『セーラー服反逆同盟』とは?

幻の名作?日テレが放った!ドラマ『セーラー服反逆同盟』とは?

1980年代のテレビドラマといえば『スケバン刑事』をはじめ、女子学生が活躍するものが数多くありました。 スケバン刑事は3期までありましたし、セーラー服反逆同盟や花のあすか組に少女コマンドーIZUMIのドラマも人気がありました。 そんなドラマの中から、フジテレビのスケバン刑事に対抗して放送された日テレのセーラー服反逆同盟にスポットを当ててみたいと思います。
annosuke | 1,888 view
芸能界へ復帰か!?【網浜直子】衝撃のスレンダーヌード!

芸能界へ復帰か!?【網浜直子】衝撃のスレンダーヌード!

ミス・セブンティーンコンテストで、「松本典子」さんとグランプリをとりデビューした「網浜直子」さん。 そうそうたる強豪を押しのけグランプリを取ったその可愛さは本物です!忘れてはいけないのは1994年に発表された最初で最後のヌード写真集!そのスレンダーヌードを画像と共に振り返ってみましょう!
『毎度おさわがせします』に便乗したがイマイチだったドラマ【夏・体験物語】をおぼえていますか?

『毎度おさわがせします』に便乗したがイマイチだったドラマ【夏・体験物語】をおぼえていますか?

「毎度おさわがせします」人気にあやかろうと、H系で走ったドラマはわずか6話で終わってしまった。しかしながら、パート2が始まるという面白い展開。
芥川賞作家の辻仁成の結婚~離婚で現在、パリ在住で注目の理由は?独自の子育て論

芥川賞作家の辻仁成の結婚~離婚で現在、パリ在住で注目の理由は?独自の子育て論

辻仁成さんと言えば、1997年「海峡の光」で芥川賞受賞して作家としての才能に注目されましたが、その後は有名歌手との結婚や離婚、容姿が女性化したなどのゴシップネタでも話題になりました。 現在、パリ在住の辻仁成さんがにわかに今、注目されているその理由は?独自の子育て論と、センスあふれる辻仁成に注目してご紹介していきます。
あおい@ | 278 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト