アルゼンチン元エース、ディエゴ・マラドーナは悪童だったのか?神の子だったのか
2016年11月25日 更新

アルゼンチン元エース、ディエゴ・マラドーナは悪童だったのか?神の子だったのか

ディエゴ・マラドーナは、アルゼンチン・リーグ史上最年少(13歳)でプロデビューし、ボカ・ジュニアーズなどを経て欧州に渡った。FCバルセロナではさまざまな問題に陥り活躍しきれなかったが、SSCナポリではセリエA優勝2回、UEFAカップ優勝1回の動力源となり、「ナポリの王様」としてファンから愛された。アルゼンチン代表エース10番として1986年の本大会で優勝、代表でも大活躍したが、1997年に現役引退から年月が経った現在でも彼の信奉者多い。特にアルゼンチンではマラドーナを「神の子」と崇拝され、ナポリでは「フットボールの王様」として讃えられている。 1977年に歴代最年少(16歳)でアルゼンチンA代表にデビューし、1979年にはU-20アルゼンチン代表としてFIFAワールドユース選手権で優勝して大会最優秀選手に選ばれた。

7,019 view

その後の経緯まとめ

FIFAワールドカップには1982年大会から4大会連続で出場。そして1986 FIFAワールドカップではチームを牽引して優勝に導いた。準々決勝のイングランド戦で見せた「神の手」ゴールと「5人抜き」ドリブルは彼のスタイルを象徴するプレーとして後世に語り継がれている。1994 FIFAワールドカップ アメリカ大会中のドーピング検査で陽性と判定され大会から追放処分を受けた。
選手時代からたびたび違法薬物の使用が問題視され、現役引退後は入退院を繰り返した。2008年にアルゼンチン代表監督に就任し、2010 FIFAワールドカップ南米予選を辛くも突破したが、本大会では準々決勝で敗れ、2010年7月に解任された。

サッカーの天才少年

マラドーナ誕生と少年時代

1960年10月30日、ブエノスアイレス南部の街の貧しい家庭の子として生まれた。幼少時から天才サッカー少年として称賛を浴び、9歳の時にアルヘンティノス・ジュニアーズの少年チームに入団し、10歳の時にはプロリーグ戦のハーフタイムショーでリフティングを披露して会場を沸かせるほどの技術を持っていた。
13歳の時に学校を退学してサッカーに専念、14歳にしてにアルヘンティノス・ジュニアーズのトップチーム昇格(1974年)を果たした。
1976年10月20日、アルゼンチン・リーグ史上最年少の15歳11カ月でタジェレス・デ・コルドバ戦に初出場。同年11月14日のCAサン・ロレンソ戦でプロ初ゴールを決めた。プリメーラ・ディビシオン(国内1部リーグ)のナショナルリーグで1979年、1980年に得点王を獲得。1979~1981年にアルゼンチン年間最優秀選手賞、1979年~1980年に南米年間最優秀選手賞を受賞した。

個別のクラブ時代

ボカ・ジュニアーズ時代のマラドーナ

ボカ・ジュニアーズ時代のマラドーナ

ボカ・ジュニアーズ(アルゼンチントップチーム)でのマラドーナ(1981年)

1981年2月13日、幼児時からの熱狂的なファンであったボカ・ジュニアーズへのレンタル移籍交渉がまとまった。4月10日のリバープレート戦(スーペル・クラシコ)ではボカの全3得点を挙げる活躍でを下し、移籍してすぐにファンのアイドルになった。この年にはリーグ優勝を果たしたが、マラドーナ獲得時の莫大な移籍金などが負担となってボカの財政状況は悪化したうえ、またマラドーナ自身が弱冠20歳にしてリーグ戦200試合以上の出場も原因で疲労がピークに達していた。1982年5月末、約700万ドルの移籍金でスペインのFCバルセロナに移籍することで合意に達した。

FCバロセロナ(スペイントップチーム)では、常に問題を抱えていた

FCバロセロナ時代

FCバロセロナ時代

1982年6月4日、FCバルセロナとの移籍契約に調印。カンプ・ノウで行われたお披露目にはクラブ新記録の5万人が詰めかけた。1982-83シーズン序盤のバルセロナ・ダービーでは試合唯一となる得点を決め、その2日後のUEFAカップウィナーズカップ決勝・レッドスター・ベオグラード戦では2得点を決めて華々しいスタートを切った。ただ、度重なる夜遊びやコカイン使用疑惑でFCバロセロナのヌニェス会長との関係が悪化し始めた。リーグ4位にするのが精一杯だったが、スペイン国王杯決勝でレアル・マドリードに2対1で優勝を手にした。
翌1983-84シーズン、セサル・ルイス・メノッティが監督に就任し、9月のハビエル・クレメンテ率いるアスレティック・ビルバオ戦でアンドニ・ゴイコエチェアからタックルを受けて左膝腱を損傷し、3ヵ月欠場の深手を負い、わずか勝ち点1差でビルバオに優勝をさらわれてしまう。また、スペイン国王杯決勝のビルバオ戦でも度重なる激しいマークに遭い、0対1で得点のチャンスを逃した。 試合直後に度重なるマークに激怒し、ジャージ姿の相手選手の顔面を膝蹴りして気絶させた。この乱闘騒ぎが決定打となり、その後スペインサッカー連盟から3ヵ月間出場停止を言い渡される。そして改悛しないマラドーナをFCバロセロナは放出の決定を下した。

イタリアセリエAのSSCナポリに移籍

ナポリでは王様

ナポリでは王様

1984年6月29日、サッカー史上最高額の推定移籍金1300万ドルがFCバルセロナに支払われ、イタリア・セリエAのSSCナポリへの移籍が実現した。7月5日にスタディオ・サン・パオロで行われたお披露目会見には、7万人のサポーターが駆け付けたこの日の入場料収益は7000万リラに上った。マラドーナ自身はこの時、ナポリが前年まで残留争いを繰り広げるような弱小チームだとはまったく知らなかったという。サポーターから「ナポリの王」と呼ばれて愛され、シーズンチケットが瞬く間に売れたことから、莫大な移籍金および給料を払ってもなおクラブの財政は潤った。マラドーナとジョルダーノ、カレカの攻撃トリオは頭文字からマジカ(Ma・Gi・Ca=魔法)トリオと呼ばれ、クラブの黄金時代を築き上げた。マラドーナは、今でもナポリのサポーターからは“神“のように崇められている。
「将軍から王様の手に」、英雄の新旧交代

「将軍から王様の手に」、英雄の新旧交代

1984-85シーズンはリーグ8位、14得点を決めて得点ランキング3位に入り、1985-86シーズンはチームをリーグ3位に押し上げた。1986-87シーズンはクラブ史上初のセリエA優勝を飾り、コパ・イタリアとの2冠を達成。これまで北部トリノ、ユベントスの2チームしか達成していない国内2冠を南部のナポリが達成できたことを非常評価が高く、自身の自伝でも誇りにしていると語っている。代表でのワールドカップMVPの活躍と合わせて世界最優秀選手賞に選ばれた。1987-88シーズンには15得点を決めてアルゼンチン人として初のセリエA得点王に輝き、1988-89シーズンにはUEFAカップを制覇した。また、1990 FIFAワールドカップを控えた1989-90シーズンは2度目のセリエA優勝を飾った。

マラドーナ、アルゼンチン;ボカに帰る

ボカジュニアーズに復帰

ボカジュニアーズに復帰

1995年10月、14年ぶりにボカ・ジュニアーズへ復帰。髪にボカのシンボルカラーである金色のメッシュを入れてプレーした。1996年にはリーグ戦で5本連続してPKを失敗し、引退騒動を起こした。スイスでの薬物依存症治療を経てボカと再契約し、1997年7月には公式戦に復帰した。同年10月25日のスーペルクラシコへの出場を最後に、自身の37歳の誕生日となる10月30日に現役引退を発表した。

輝かしい代表経歴

81 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

意外に背が低い海外セレブ、低身長の男性有名人

意外に背が低い海外セレブ、低身長の男性有名人

日本人男性の平均身長は172cm。国別平均身長で、長身一位がオランダの180cm、アメリカは、175cmです。 です。気になる、妻の身長や自分より背が高い女性と付き合っている人について。海外セレブ男性のなかで、低身長の有名人を画像や動画を含めて検証してみました。
サッカー『サウジアラビア代表』5人抜きをした砂漠のマラドーナや砂漠のペレなど実は名選手が多いW杯常連国!

サッカー『サウジアラビア代表』5人抜きをした砂漠のマラドーナや砂漠のペレなど実は名選手が多いW杯常連国!

アジアのサッカー強豪国・サウジアラビア。1994年のワールドカップ。アメリカ大会では5人抜きのゴールをした「砂漠のマラドーナ」ことサイード・アル=オワイランなど突出した選手がいました。サウジアラビアのワールドカップ挑戦の歴史や勝敗を記事にします。
ひで語録 | 982 view
著者ディエゴ・マラドーナ。自伝で語った「神の手」「五人抜き」ゴールの真実。ハンドを疑う同僚には『口をつぐめ』!

著者ディエゴ・マラドーナ。自伝で語った「神の手」「五人抜き」ゴールの真実。ハンドを疑う同僚には『口をつぐめ』!

株式会社東洋館出版社から、6月15日にサッカー界のスーパースター、ディエゴ・マラドーナが、1986年のメキシコW杯について語った『マラドーナ独白 ―1986年のメキシコW杯―』が刊行されます。自ら語った「神の手」「五人抜き」ゴールの真実とは。
【80年代】女子陸上界に「何故か」いまだに残る80年代の世界記録の数々!

【80年代】女子陸上界に「何故か」いまだに残る80年代の世界記録の数々!

日進月歩で進化し続けている陸上競技。ウサイン・ボルトが驚異の9秒58の世界記録を出した時に、盛り上がった方も多いのではないでしょうか。一方、女子の陸上において、80年代に出た世界記録が今でも世界記録のまま残っているケースが多いのをご存知ですか?
となりきんじょ | 10,740 view
1997年2月4日、PJMフューチャーズ解散によりサガン鳥栖が誕生。マラドーナ兄弟のプレーも実現手前だった!

1997年2月4日、PJMフューチャーズ解散によりサガン鳥栖が誕生。マラドーナ兄弟のプレーも実現手前だった!

2002年のアジア開催W杯を見据えて、優秀な選手を輩出しようという桑原勝義氏を中心としたプロジェクトから生まれた「PJMフューチャーズ」。佐賀県に移り、スポンサー離れにより解散し。サガン鳥栖が誕生した。マラドーナ兄弟の招聘も実現可能だった。
ひで語録 | 3,395 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト