来日公演が決定!スティングの名曲を振り返る
2017年1月26日 更新

来日公演が決定!スティングの名曲を振り返る

ロック・バンド「ザ・ポリス」の一員として高い人気を獲得、その後ソロ活動に移行してからもヒットを連発してきたスティング。ソロのロック・コンサートとしては2005年以来、12年ぶりとなる来日公演が決定しました!この機会に、スティングの名曲の数々を振り返ってみましょう。

3,784 view

2017年スティング待望の来日公演が決定!

STINGからのメッセージ

久しぶりのバンド形態でのライヴということで、期待が高まります!ザ・ポリス時代のナンバーから、ソロになってからのヒット曲まで、久しぶりに演奏する曲もあるようなので、楽しみですね!

ザ・ポリス時代の名曲

 (1820759)

メンバーは、リード・ヴォーカル兼ベースのスティング、ソフト・マシーンやアニマルズにも参加していたことのあるアンディ・サマーズ(ギター)、元カーヴド・エアのスチュワード・コープランド(ドラムス)、の三人。パンクがブームとなっていた1978年にデビューしたので、パンク・シーンを背景に登場したものの、早くからレゲエの要素を取り入れるなど、高い音楽性と卓越したテクニックで、1986年に解散するまでヒットを量産。2007年には期間限定の再結成ツアーを行い、世界各地で大盛況となりました。

Roxanne

The Police - Roxanne

ザ・ポリスのメジャー(A&M)第一弾シングルとなったこの曲は、レゲエとロックを融合させた名曲として知られてますが、スティング自身は最初ボサノヴァ、もしくはタンゴと考えていたのだとか。娼婦に恋する男の歌で、全英12位のヒットを記録。

アウトランドス・ダムール【CD】【SHM-CD】 | ポリス | UNIVERSAL MUSIC STORE

ロック史上永遠にその名を残す伝説的ロック・トリオ、ポリスのデビュー・アルバム。名曲「ロクサーヌ」収録。発表:1978年(英A&M)マスター:2003年(英A&M) <エンハンスト・ビデオ>● ロクサーヌ 【Personnel】アンディ・サマーズ (g) / スチュアート・コープランド (ds) / スティング (b,vo)【Producer】ポリス

Message in a Bottle

The Police - Message In A Bottle

ザ・ポリス初の全英1位となった、記念すべきヒット曲。無人島で一人孤独な遭難者が主人公で、SOSのメッセージを入れた瓶を海に流すも、誰も助けに来てくれない・・・。さらに、他の人が流したSOSボトルを大量に見つけ、「孤独なのは自分だけじゃない」ことが分かるという歌。

白いレガッタ【CD】【SHM-CD】 | ポリス | UNIVERSAL MUSIC STORE

レゲエやアフリカン・ミュージックなどのエッセンスを取り入れ独自の音楽世界を創造したロック・トリオ、ポリスのセカンド・アルバム。「孤独のメッセージ」を収録。発表:1979年(英A&M)マスター:2003年(英A&M) <エンハンスト・ビデオ>● ウォーキング・オン・ザ・ムーン 【Personnel】アンディ・サマーズ (g) / スチュアート・コープランド (ds) / スティング (b,vo)【Producer】ポリス、ナイジェル・グレイ

De Do Do Do, De Da Da Da

The Police - De Do Do Do, De Da Da Da

不思議なタイトルの歌ですが(笑)、全英5位、全米10位のヒットとなりました。「Do Wah Diddy Diddy」「Tutti Frutti」「Da Doo Ron Ron」といった意味の無い歌詞のヒット曲に興味を持っていたスティングは、同じような意味の無い言葉(De Do Do Do, De Da Da Da)には偽りが無いが、政治家など言葉を巧みに操る人たちには気を付けよう、と言ってるようにも受け取れます。この曲は、当時日本語ヴァージョンもリリースされたので、日本でも人気の高い曲ですね。

ゼニヤッタ・モンダッタ【CD】【SHM-CD】 | ポリス | UNIVERSAL MUSIC STORE

1980年に発表された3rdアルバム。名曲「高校教師」や「ドゥドゥドゥ・デ・ダダダ」を収録。全英アルバム・チャート1位、全米5位。発表:1980年(英A&M)マスター:2003年(英A&M) <エンハンスト・ビデオ>● 高校教師 【Personnel】アンディ・サマーズ (g) / スチュアート・コープランド (ds) / スティング (b,vo)【Producer】ポリス、ナイジェル・グレイ

Every Little Thing She Does Is Magic

The Police - Every Little Thing She Does Is Magic

ザ・ポリス初の全米3位、さらに全英では1位を獲得した大ヒット曲!デビュー前に既に書いてあった楽曲でしたが、「ポリスにしては、ちょっとソフトだ」という理由で、それまでレコーディングが見送られていたのだとか。しかしながら、ヒットを確信していたスティングの意向で、4枚目のアルバム「ゴースト・イン・ザ・マシーン」でようやく日の目を見たのでした!彼女に電話したくても出来ない気弱な男の歌ですが、1日に1000回電話しようとするなど、ちょっとストーカーっぽいところが明るい曲調とミスマッチで面白いですね。

ゴースト・イン・ザ・マシーン【CD】【SHM-CD】 | ポリス | UNIVERSAL MUSIC STORE

1981年発表の4thアルバム。「マジック」が大ヒットを記録し、アルバムも全英で1位、全米で2位に輝いた。アルバム・タイトルはハンガリーの作家アーサー・ケストラーによるノンフィクション小説から採ったもの。発表:1981年(英A&M)マスター:2003年(英A&M)<エンハンスト・ビデオ>● マジック 【Personnel】アンディ・サマーズ (g) / スチュアート・コープランド (ds) / スティング (b,vo)【Producer】ヒュー・パジャム、ポリス

Every Breath You Take

The Police - Every Breath You Take

全英1位、全米1位、というザ・ポリス最大のヒットを記録し、グラミー賞も獲得した超名曲。一見(一聴)すると、美しいラヴ・ソングと誤解されがちですが、実は前述の「マジック」以上に強烈なストーカー・ソングだったりします(苦笑)。スティングが最初の妻と離婚した後で書かれたというこの曲は、嫉妬から相手を監視する様子が書かれているそうで、スティング自身も「悪意がある監視」のことを歌っているが、ラヴソングのようにも聞こえる面白い歌詞だと認めています。名曲ではありますが、間違っても結婚披露宴などでは使わない方が良いでしょう。
53 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

傑作ぞろい!80年代にゴドレイ&クレームが監督したPVの数々!

傑作ぞろい!80年代にゴドレイ&クレームが監督したPVの数々!

80年代に、自らの楽曲はもちろんのこと、大物ミュージシャンや、当時MTVをきっかけにブレイクしたニュー・ウェーブ系バンドなどのPVを数多く手掛け、印象に残る面白い映像で楽しませてくれたゴドレイ&クレーム。今回は、そんな二人が監督した代表的なPVをご紹介します。
Gaffa | 895 view
イギリス版ウィーアーザワールド『Do They Know It's Christmas?』

イギリス版ウィーアーザワールド『Do They Know It's Christmas?』

世界的に有名なチャリティソング『We Are The World』。その起源となった楽曲が、1984年12月、イギリスでリリースされたのをご存知でしょうか?今回はそんな英国の有名ミュージシャンが集い、歌ったチャリティソング『Do They Know It's Christmas?』について振り返っていきたいと思います。
こじへい | 506 view
偉大なるギタリスト、ジェフ・ベック!デビュー50周年記念ライヴ映像作品が日本先行発売!

偉大なるギタリスト、ジェフ・ベック!デビュー50周年記念ライヴ映像作品が日本先行発売!

エリック・クラプトン、ジミー・ペイジと並ぶ世界3大ロック・ギタリストの一人とされるジェフ・ベックが、デビュー50周年の節目に行った2016年8月10日のスペシャル・ライヴを収録した映像作品が発売される。
ロックにおいて必要最小限のメンバー構成とされている3ピース。たった3人で素晴らしい音楽を奏でるバンドをご紹介します

ロックにおいて必要最小限のメンバー構成とされている3ピース。たった3人で素晴らしい音楽を奏でるバンドをご紹介します

3人のメンバーが、ギター、ベース、ドラムスをそれぞれ演奏し、そのメンバー中からボーカルを兼ねている場合が多い3ピース。ロックバンドとしては最小編成といえます。たった3人なのですが、今も昔もこの3ピースという形態には素晴らしいバンドが多いのです。
obladioblada | 3,453 view
モッズのバイブルといえる映画「さらば青春の光」。内容はタイトルに反し、青春は光ばかりではないぞという1本!

モッズのバイブルといえる映画「さらば青春の光」。内容はタイトルに反し、青春は光ばかりではないぞという1本!

1964年のロンドン、モッズの青年ジミー・クーパーを主人公とした1979年の映画「さらば青春の光」。公開当時、モッズのリバイバルブームを巻き起こし、今ではモッズのバイブルとも言われる映画です。しかし、その内容はタイトルに反して暗い。光というよりもむしろ影。それもそのはず、原題は「Quadrophenia」、邦題とは全く違うものなのでした。
obladioblada | 4,030 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト