思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」第1回:涙と苦労の男「せんだみつお物語」!
2017年11月27日 更新

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」第1回:涙と苦労の男「せんだみつお物語」!

当時の芸能界やテレビ・ラジオなどメディアの話題を独り占めし、今も我々ミドルエッジ世代の記憶に残る、昭和の様々な有名人たち。そんな昭和有名人がマンガになっていた作品を紹介する新企画。第1回は、まさに昭和のお笑いの酸いも甘いも知り尽くした男「せんだみつお物語」です。

4,005 view
当時の芸能界やテレビ・ラジオなどメディアの話題を独り占めし、今も我々ミドルエッジ世代の記憶に残る、昭和の様々な有名人たち。
ただ、現在ではすっかりメディアから遠ざかってしまった人や、残念ながら既に引退・他界してしまった人など、今や我々の記憶の中にその姿を留めるだけの人も多かったりする。
既にミドルエッジのサイトでも何回か紹介して来た、映画のコミカライズ作品の数々。
実は70年代には、これら昭和の有名人の伝記マンガが、映画のコミカライズ作品と同時掲載されることが、ごく一般的となっていた。
残念ながら雑誌掲載後は単行本にも収録されず、本人の活躍終了と共に人々の記憶からも消え去ってしまった、これら無数の伝記マンガたち。
そんな昭和の人気タレント・スポーツ選手や、漫画家・政治家たちの伝記マンガを紹介しようという、この連載企画。
記念すべき第1回は、ミドルエッジ世代にとっては、今も強烈な記憶を残すあの男!
そう、あの70年代を駆け抜けた人気コメディアン、「せんだみつお」物語を紹介することにしよう。
ラジオ出演中のせんだみつお。

ラジオ出演中のせんだみつお。

その活動時期は、ちょうどブルース・リーが日本中に大ブームを巻き起こした時期と重なる。
当時は、テレビで彼の姿を見ない日は無い程の大人気だった。

深夜ラジオやテレビで大人気!せんだみつおとは何者だったのか?

ミドルエッジ世代なら、恐らく一度は見たことのある人気コメディアン、せんだみつお。
とにかく当時の勢いは物凄く、正に70年代の空気の中で時代を駆け抜けたコメディアンだったと言える。
現代で例えると、外見的にはムロツヨシ、芸風は出川哲郎&山崎方正といった感じだろうか?
彼の持ち味と言えば、とにかくハイテンションの喋りと適度な下ネタ!同時期にやはり深夜放送で活躍していた、笑福亭鶴光ほどエロく無いその芸風は、当時の小学生にも非常に馴染み易い物だったのだ。
残念ながら後述する理由により、人気コメディアンとしての活動期間は思ったよりも短く、その後は俳優や司会などが中心となり、次第にお茶の間のテレビからは消えて行った、せんだみつお。
テレビCMやバラエティ番組で大活躍だった、せんだみつおだが、やはり当時の小中学生には、TBSテレビ夕方の人気番組「ぎんざNOW」の名司会としての印象が強いのではないだろうか?
説明だけで無く、やはり世代的にご存知無い方には、実際の映像を見て頂いた方が良いだろう。
それでは、まずテレビCMと代表的なテレビ番組の映像から。

「ぎんざナウ」映像

「ぎんざNOW」出演中のせんだみつお。

「ぎんざNOW」出演中のせんだみつお。

一緒にいるのは、この番組の人気コーナー「素人コメディアン道場」より誕生した、人気グループ「ハンダース」と榊原郁恵。
出典 「ぎんざNOW」放送より
ちなみに「ぎんざNOW」の司会は、1972年からスタート。翌年1973年の10月からは、あの人気番組「うわさのチャンネル」がスタートすることになる。

ちびろくラーメンTVCM(開始後1分15秒あたりから)

これ以外にも、アイドルが出演する歌番組や30分物の番組に多数出演しており、特にTBS系で放送されていた30分番組、「せんみつ・湯原ドット30」や「たまりまセブン大放送!」などは、記憶に残っている方も多いのでは?

実は、これらのテレビ出演で本格的にブレイクする以前、最初にせんだみつおの人気に火を点けたのは、ラジオの深夜放送での軽快なトークだった。絵が出ない分、その喋りのスピードとパワーが、当時のリスナーの心を直接鷲掴みにしたのは言うまでも無い。
中でも代表作と言える、ニッポン放送 土曜日夜のワイド番組「燃えよ!せんみつ・足かけ二日大進撃」は、1974年4月20日に放送を開始し、6年間の長きに渡って放送されたが、その後は「所ジョージの足かけ二日大進撃」にバトンタッチすることになる。
ではこちらのラジオ放送も、是非当時の貴重な音源でお聞き頂ければと思う。

文化放送「せんだみつおのセイヤング」音源

ニッポン放送「燃えよ!せんみつ 足かけ2日大進撃 」音源

映画「トラック野郎」予告編より。

映画「トラック野郎」予告編より。

せんだみつおは、シリーズ後半の3作品に、第3のトラック野郎「桶川玉三郎」として登場。
この「トラック野郎」シリーズには、「ぎんざNOW」の「素人コメディアン道場」出身である関根勤も、ラビット関根の名前で出演していた。
これ以外にも、せんだみつおは映画やドラマ、そしてなんと歌にも進出!当時の東映人気シリーズ「トラック野郎」にも、第三の男「桶川玉三郎」役として、シリーズ後半の3作品に準レギュラー出演することに。
特に1977年の活躍振りは素晴らしく、この年には意外な名曲「高原の二人」のリリースや、あの人気漫画の実写映画化にして初の主演映画、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」も公開!正に70年代中期~後期にかけて、マルチタレントとして大活躍していたのだった。
「こちら葛飾区亀有公演前派出所」ポスター

「こちら葛飾区亀有公演前派出所」ポスター

近年も実写化・アニメ化されているが、キャラクターの再現度的には、断然こっちが上!
幻の迷作?として有名なこの映画、とにかく一日も早いソフト化が望まれる。
しかし、残念ながらこの映画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」は、1981年に1度だけかなりの高額でビデオがリリースされたのみで、現在に至るまで再発売・DVD化はおろか、東映チャンネルにおいても放送されておらず、文字通り「封印映像」の代表格となっている。
ただ近年、長らくソフト化されていなかった作品群が、一気に東映チャンネルでも放送されるようになっており、なんとあの「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」も遂に10月にDVD化!
こうして封印映像解禁の動きが活発になりつつある中、本作にも再びソフト化の動きが出ることを願ってやまない。
以上、駆け足で紹介して来たが、せんだみつおについて更に詳しく知りたい方は、以下のリンクからご覧頂ければ幸いです。
50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

元祖グラビアアイドル!アグネス・ラムの「未公開ビキニ」が45年ぶりに発掘!デジタル写真集になって発売決定!!

元祖グラビアアイドル!アグネス・ラムの「未公開ビキニ」が45年ぶりに発掘!デジタル写真集になって発売決定!!

元祖グラビアアイドルとして数々の雑誌を彩ったアグネス・ラムの未公表写真が45年ぶりに発掘!それらを1冊にまとめたデジタル写真集「アグネス・ラム 砂浜の恋人」が、小学館より現在好評発売中です。
隣人速報 | 5,984 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 269 view
Mr.オクレのCMが話題に!80年代後半に販売された「お湯を捨てないカップ焼きそば」って覚えてる?

Mr.オクレのCMが話題に!80年代後半に販売された「お湯を捨てないカップ焼きそば」って覚えてる?

80年代後半に「お湯すてマッタ」という名前の、お湯を捨てないカップ焼きそばがあったのを覚えていますでしょうか?
昭和世代にしか分からない!?昭和と平成、懐かしのCMからクイズ10問を出題します!!

昭和世代にしか分からない!?昭和と平成、懐かしのCMからクイズ10問を出題します!!

みんなテレビで観ていた名作CMから少し難しい(?)クイズを10題!懐かしい思いに耽りながらお答えください~^^/
ミドルエッジ女子必見!あの「クリィミーマミ」の公式スピンオフ漫画が連載中!単行本がついに発売!!

ミドルエッジ女子必見!あの「クリィミーマミ」の公式スピンオフ漫画が連載中!単行本がついに発売!!

ミドルエッジ女子御用達のアニメ「魔法の天使 クリィミーマミ」のスピンオフ漫画「魔法の天使 クリィミーマミ 不機嫌なお姫様」の単行本第1巻がついに発売!
隣人速報 | 1,676 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト