『THE BARRETTザ・バレット』元MY LITTLE LOVERの藤井謙二が加入していたロックバンド!!
2016年10月15日 更新

『THE BARRETTザ・バレット』元MY LITTLE LOVERの藤井謙二が加入していたロックバンド!!

THE BARRETTは、1990年にテイチクからデビューしたロックバンドでした。ギターの藤井謙二は、元MY LITTLE LOVERとして知られており、数多くのアーティストのレコードに参加し、『The Birthday』のギタリストとして現在も活躍しています。

2,547 view

THE BARRETTザ・バレット

THE BARRETTザ・バレット

THE BARRETTザ・バレット

ロックバンド。
インディーズで活動後、1990年にメジャーデビューし、1993年に解散。新宿ロフトを活動拠点としていた。

メンバー
ボーカルの外丸健児 (リーダー)、ギターの藤井謙二(富士井剣次、富士井謙二)、ベースの青柳裕司、ドラムの梶山徹、梶山徹と入れ替わりでドラムに加入した石川康二郎。
ボーカルの外丸健児のしゃがれた声、ブルースハープにフージーの乾いたギターの音は最高にあっていて、若いのに随分と渋いバンドだった。
外丸の書く詩も独特で、ある意味年寄りっぽいというか人生を卓越した感があり、コーラスも当時としては珍しかったと思うんだけど日本語ww「ざ、ざぶ~ん。ざざ、ざぶ~ん」とか「なんとかしてくれー」とか。。掛け合いのような感じが新鮮だった。
すごくブルージーなロックンロールという感じでヴォーカルの声も含めちょっと受け入れにくいサウンドだったのか一部のコアな人達を除き、人気のないバンドでした。
特に東京ではまだ集客数もあったみたいですけど、大阪はガラガラ過ぎるライブ。
いつも対バンはインディーズのバンド、酷い時は社会人バンドみたいな時まで

バンド活動経歴

1989年にインディーズで『MOON DOG BLUE...

1989年にインディーズで『MOON DOG BLUES 』を発売。

1990年BAIDIS(テイチク)よりメジャーデビュー。
メジャーからのデビュー作「PAPER BACKS TOWER」。SLIDERSのようにデビュー作では「R&Rバンドだぜ!」って感じではなく、ちょっと引いた感じの曲やら非常に詩的な部分があっtりします。「おんぼろ自転車に乗って」「そばにいてよ」「星の綺麗な夜に逢おう」が良い。「おんぼろ自転車」はSLIDERSというかSTONESテイストR&Rの王道かつ名曲です。「そばにいてよ」は最初はちょっとクールでエンディングではストリングスが出てくる壮大なバラードです。この曲は一度ライブで見てみたかった。「俺は案山子」「遠い町から」「STRRET WALKER」はSLIDERSがソリッドかつテクニカルになった感じ。「WHISKY BLUES」「噂」「シャララ」はちょっと引いたクールな曲。メジャーデビューとしては十分な出来なんだけど、ドラムのスネアの音処理が耳につくのと、ちょっと肩に力が入れすぎの感じがあります。
2作目の「はにかみ航海記」で一気にBARRETの世界が確立されました。SLIDERSよりも詩的で音楽性の幅が広いのがBARRETT。SLIDERSにはワンフレーズでの格好良さがあるけど、BARRETTには綿密な構築の格好良さがあります。ポジション的にはSLIDERSとエレカシの中間かな?とにかくこいつは捨て曲なしの名盤です。はるか昔に廃盤やけどぜひ探してGETしてください。月曜から日曜まで歌詞が面白い「せっかち一週間」ほんわかした「日向で寝てる」STONES的名曲「どろどろ」「裸の日々」「じっとしてろ」バラードの「雨曝しの夜に」あたりがベストですが、やっぱり「天国の月」です。宗教的な臭いさえしてくるバラードです。1stで気になったスネアの音処理も本作ではナチュラルになり、富士井謙二のギターもさらにシャープになってます。とにかくトータル的には本作が最高傑作です!
最終作の「砂漠のびっくり草紙」。ドラムがチェンジし、さらにホーンを取り入れたりしてファンキーさも出てます。でもちょっと全体に凝り過ぎの感もあり・・・確かに曲もアレンジもよく練ってあるんやけどね。STONES的名曲が本作にはないのが痛い!「ろくなことがないⅡ」「木偶の塔」「煙の海賊」あたりがベストやけど、やっぱ「BYE BYE LONG SUMMERTIME」が最高!BARRETTにしてはちょっとPOPすぎるが曲自体が不朽の名作なんやで許す!!歌詞もわびしくもつつましく幸せを目指す感じで泣かせます。本作ははっきりいってこの曲と他の曲の差が大き過ぎ!それとライブで再現できるのか?と心配になるくらいアレンジに凝り過ぎです。前作までのバンドとしての存在がやや希薄に感じます。
メジャー後、3枚のアルバムを出して、1993年にバンドは解散しました。

バンド関連広告

「宝島」1989年5月号より THE BARRETTの広告。

「宝島」1989年5月号より THE BARRETTの広告。

THE BARRETTのフライヤー。

THE BARRETTのフライヤー。

解散後に一番有名になった藤井謙二

THE BARRETTを知る人の多くは、藤井謙二が在籍したバンドとして紹介する事が多いです。
THE BARRETTがデビューし、バンド活動をしている中で藤井は、My Little Loverを結成していくことになる小林武史との出会いがありました。
1990年、JUN SKY WALKER(S)のオフ時に行なわれた寺岡呼人&His Friendsのツアーに参加した時に、同じくツアーへ参加していた桜井和寿に出会ったことから、後に小林武史と出会います。
1995年に藤井は、MY LITTLE LOVERにメンバーとして加入し、小林武史と共に『Hello, Again 〜昔からある場所〜』の作曲を手掛けました。この曲は、180万枚を超える大ヒットとなり、バンドの知名度は勿論、藤井謙二の名前も知られるようになりました。

さらには、藤井謙二は、桑田佳祐&Mr.Childrenの「奇跡の地球」のレコーディングに参加した事があったり、元THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのボーカルのチバユウスケが所属するバンド『The Birthday』に加入するなど活躍ぶりが凄いです!!
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1996年結成のミクスチャーロックバンド「麻波25」!ポカリのCM「SONS OF THE SUN」がヒットしましたね!

1996年結成のミクスチャーロックバンド「麻波25」!ポカリのCM「SONS OF THE SUN」がヒットしましたね!

麻波25。90年代中盤以降、ミクスチャーバンドが音楽シーンに台頭してきました。その中でもノリの良い明るい楽曲が人気を集めましたね!
ひで語録 | 5,262 view
伝説のパンクバンド「アナーキー」!逸見泰成の死を乗り越え、18年ぶりにアルバムを発表!!

伝説のパンクバンド「アナーキー」!逸見泰成の死を乗り越え、18年ぶりにアルバムを発表!!

和製パンクバンドの始祖として名高い亜無亜危異(アナーキー)が、18年ぶりの新作アルバム「パンクロックの奴隷」をリリースすることが明らかとなりました。発売予定日は9月5日。
隣人速報 | 5,356 view
“日本語ロック”の先駆者「ジャックス」の元メンバー・木田高介の入手困難な名盤がついにCD化!!

“日本語ロック”の先駆者「ジャックス」の元メンバー・木田高介の入手困難な名盤がついにCD化!!

元ジャックスのメンバーで、作曲家・編曲家・プロデューサーとしても日本のフォーク/ロック創生期に重要な役割を果たした木田高介唯一のソロ名義アルバム『DOG'S MAP & CAT'S MAP』が、ソニーミュージックの通販サイト「オーダーメイドファクトリー」からCD再発されることが決定しました。
隣人速報 | 355 view
シーナ&ロケッツがついにデビュー40周年!ビクターとソニーから2枚組ベストがそれぞれ発売されます!!

シーナ&ロケッツがついにデビュー40周年!ビクターとソニーから2枚組ベストがそれぞれ発売されます!!

1978年のデビュー以来、日本のロックシーンを牽引してきた「シーナ&ロケッツ」。今年でデビュー40周年を迎えます。それを記念し、ソニーとビクターから2枚組ベスト盤「ゴールデン☆ベスト」がそれぞれ発売されます。発売予定日はソニー盤が2018年2月28日、ビクター盤が2018年3月28日となっています。
隣人速報 | 715 view
BOØWYが解散宣言をした「渋谷公会堂公演」が【完全版】になって蘇る!その内容とは?

BOØWYが解散宣言をした「渋谷公会堂公演」が【完全版】になって蘇る!その内容とは?

伝説のロックバンド「BOØWY」のデビューから今年で35周年。それを記念し、解散宣言を行った87年12月24日の東京・渋谷公会堂公演の「完全版」が発売されます。果たしてどんな内容なのか?全BOØWY世代必見!
隣人速報 | 3,781 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト