【ラブ・ポジション ハレー伝説】手塚治虫作品なのに低評価?その理由や内容をご紹介!
2021年6月9日 更新

【ラブ・ポジション ハレー伝説】手塚治虫作品なのに低評価?その理由や内容をご紹介!

1985年に発売されたOVA『ラブ・ポジション ハレー伝説』。火の鳥や鉄腕アトム・ブラックジャックなど、数々の名作を生み出した手塚治虫さんによる作品ですが、アニメファンの評価は低いものとなっています。今回の記事では、そんな『ラブ・ポジション ハレー伝説』をフォーカスして、本編動画・ストーリー性や評価されない理由をご紹介します。

290 view

『ラブ・ポジション ハレー伝説』とは?

『ラブ・ポジション ハレー伝説』

『ラブ・ポジション ハレー伝説』

原作:手塚治虫
監督:井内秀治
脚本:辻真先
制作:パック・イン・ビデオ
   手塚プロダクション
発売:1985年
話数:全1話
   (本編約95分)
『ラブ・ポジション ハレー伝説』(ラブ・ポジション ハレーでんせつ)は、手塚治虫原作によるOVA。手塚プロダクションとしての漫画を原作としないオリジナル・アニメ作品は、本作が初作品となる。
手塚治虫さんが原作を手掛けながらも、キャラクターデザインは、『いんどり小屋』というアニメーション制作会社が担当。脚本は、推理作家としても有名な辻真先さんです。
制作には手塚プロダクションが関わっているものの、一般的にいう手塚治虫さんの作品とは少し毛色が違います。あくまで制作協力しただけというところも押さえておきたいポイントですね。

『ラブ・ポジション ハレー伝説』の本編動画・ストーリー

アメリカのネバタ州では、刑務所から脱獄した囚人ザンバによる無差別殺人が多発していました。たまたまザンバを目撃した少年は、宇宙人によって身体を乗っ取られた怪物だと話します―――。
日本で研究員をしている主人公・毬田須春。彼はハレー彗星から落下した隕石を調査するため、ベトナムに向かうことになります。
須春の父親ロバートはアメリカ人で、ベトナム戦争のときには兵士として出向していた元軍人。ロバートはベトナムに旅立とうとする須春に、戦時中の経験を話し、かつて生命の大切さを教えてくれた少女ラミーナのことを語ります。そして、現地でラミーナと出会うようなことがあれば渡してほしいと、思い出のハーモニカ託すのでした。
ベトナムに到着した須春は、山奥の廃墟にて、隕石衝突のときの熱で生み出されるガラス素材・テクタイトを見つけ、ロバートから聞いていた少女ラミーナと出会います。須春は何十年も経過しているはずなのに、少女の姿のままであるラミータに疑問を抱きつつも、ロバートと再会させようと彼女を日本に連れて帰ってきました。
数日後、ベトナムの隕石の研究が進むと、テクタイトが地球の生命の根源に関わる物質であることが分かってきます。そして、ラミーナの驚くべき正体も明らかに。
そんな彼女を抹殺しようと、アメリカから日本にやってきたザンバ。ハレー彗星の大いなる意思は須春やラミーナを…

『ラブ・ポジション ハレー伝説』が評価されない理由とは?

手塚治虫先生晩年の作品でしたが、当時まだアメリカの撤退から10数年しか経っていなかったベトナム戦争、主人公の親父だった元米軍中尉も通して、我欲に囚われていた人間の愚かしさ及びそれを克服する強さとかを描きたかったのでしょう。

しかし、辻真先氏担当としては「アレっ?」と言うか、脚本が普通に悪かったのが本作の失敗点でした。
ホント退屈な作品だった、ストーリー展開は読めるし、ワクワクするような見せ場もないし、何でこの作品作った?しかもアニメオリジナルって(笑)
https://www.irasutoya.com/2013/09/blog-post_8715.html (2282136)

殺人鬼ザンバの暴走から物語は幕を開け、破天荒な主人公・須春の登場、父親ロバートの回想シーンと続きます。ここまでの展開で本編時間のほほ半分が経過してしまい、決してテンポの良いストーリー展開とはいえません。
最初に暴れたザンバは最後のほうまで放ったらかしですし、須春の破天荒なキャラクターも本編にあまり関連していません。余分な場面をカットしてしまえば、60分ほどの時間枠に収まったと思います。
脚本が悪かったという意見もありますが、もともとの原作も気になるところ。天才・手塚治虫さんの作品としては、あまりにも物足りないといった印象を抱いてしまいますね…
SFファンタジーで、夢があるけど、大事なメッセージを伝える手塚作風とはいえなくなってしまった事には失望を禁じ得ません。
https://www.irasutoya.com/2017/05/blog-post_564.html (2282139)

作品タイトルにも『ハレー伝説』とあるように、本来は、物語の重要なテーマだったはずのハレー彗星。
しかし、そんな設定がなくても物語は成立してしまっており、せっかくのテーマが台無しになっているように思えます。
ハレー彗星とは、約75年周期で地球に接近する短周期彗星。人間の一生分にも及ぶ期間ですよね。だからこそ、そこにカタルシスが欲しかったですが、アニメ本編での扱われ方は意外とさっぱりしています。
ハレー彗星よりも宇宙から飛来した隕石の欠片に焦点があたっていて、どちらかというとベトナム戦争のほうがインパクトが強いです。妙にハレー彗星というテーマを持ち出してしまったことが失敗だったのかもしれませんね。
22 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

OVA版【炎トリッパー】高橋留美子さんの作品にして『犬夜叉』の原点?その魅力とは?

OVA版【炎トリッパー】高橋留美子さんの作品にして『犬夜叉』の原点?その魅力とは?

現代から戦国時代にタイムスリップした女子高生を描いた『炎トリッパー』。その設定だけを見るなら、高橋留美子さんの代表作品『犬夜叉』と似ていますよね。こちらは『うる星やつら』を書き上げた後に、読み切り漫画として描かれたもので、その後にOVA化も実現しました。今回は、そのOVA版『炎トリッパー』の魅力を振り返っていきたいと思います。
tsukumo2403 | 478 view
OVA【吸血鬼ハンターD】全米でヒットし映画化も実現!ストーリーや魅力・関連商品!

OVA【吸血鬼ハンターD】全米でヒットし映画化も実現!ストーリーや魅力・関連商品!

菊池秀行さんによる小説を原作として制作されたOVA作品『吸血鬼ハンターD』。ゴシックホラーとSFファンタジーを結合した独自の世界観は、後世のコンテンツにも影響を与えました。今回の記事では、OVA作品を中心にストーリーや魅力を振り返り、関連商品についても紹介していきたいと思います。
tsukumo2403 | 1,002 view
OVA版【究極超人あ~る】の登場人物や面白いポイントなどを徹底調査!

OVA版【究極超人あ~る】の登場人物や面白いポイントなどを徹底調査!

週刊少年サンデーで連載され、OVA化されたコンテンツ。現在では原作コミックよりOVA作品のほうが知名度が高いかもしれません。今回はそんなアニメ化された『究極超人あ~る』の魅力を、登場人物からストーリーまで徹底的に掘り下げ、さらには動画本編も紹介していきますので、ぜひ記事をご覧になってくださいね。
tsukumo2403 | 1,127 view
アニメ『どろろ』の最終回ってどうだった?

アニメ『どろろ』の最終回ってどうだった?

子供のときに観てたけど、最終回ってどんなだったっけ?そんな作品ってけっこうありますよね。そんな方のために、最終回のあらすじをお届けします。これであなたも思い出せるはず?『どろろ』はこんな感じでした。おまえらみんなホゲタラだ!
こういち | 64 view
【暗黒神伝承 武神】伝承?SF?ウルトラマン?神々の戦いを描いたヒーローアクション!

【暗黒神伝承 武神】伝承?SF?ウルトラマン?神々の戦いを描いたヒーローアクション!

完全なOVA(オリジナルビデオアニメ)として企画され、制作・発売された『暗黒神伝承 武神』。決してメジャーな作品とはいえないため、現在では、一部のコアなファンのみが知るコンテンツといえるでしょう。今回の記事では、そんな『暗黒神伝承 武神』に焦点を当てて、その本編動画やストーリー・魅力などをご紹介していきます。
tsukumo2403 | 161 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト