伝説の封印映画『ノストラダムスの大予言』のコミカライズ版は、ちゃんと人喰い描写が登場する問題作だった!
2018年8月24日 更新

伝説の封印映画『ノストラダムスの大予言』のコミカライズ版は、ちゃんと人喰い描写が登場する問題作だった!

1973年11月に出版されて大ベストセラーとなった、五島勉の著書『ノストラダムスの大予言』を原作にパニック映画として公開された『ノストラダムスの大予言』劇場公開時には問題になったシーンがコミカライズ版で蘇った!

3,201 view
1974年8月3日の劇場公開後、本編中のあるシーンがコンプライアンス的に問題視されたが、そのシーンを削除したバージョンと差し替えて更に上映が続行されたという伝説の封印映画。それがこの『ノストラダムスの大予言』だ!
『ノストラダムスの大予言』チラシ

『ノストラダムスの大予言』チラシ

そのあまりにショッキングな内容から、未だに日本国内では一切ソフト化されておらず、海外版のソフトや過去にテレビ放送された際の映像が、マニアの間でも高値で取引されている本作。ミドルエッジ世代の方なら、当時劇場に観に行ったという方も多いはずだ。
『ノストラダムスの大予言』劇場パンフ

『ノストラダムスの大予言』劇場パンフ

現在では見ることが困難な本作だが、実は公開当時コミカライズ作品が雑誌に掲載されていたのをご存知だろうか?
そこで今回は、今となっては映画の内容を伝える貴重な資料であるこのコミカライズ版を紹介することにしよう。

伝説のカルト映画『ノストラダムスの大予言』とは?

1973年11月に出版されて大ベストセラーとなった、五島勉の著書『ノストラダムスの大予言』を原作に、1973年の12月に東宝が公開して記録的大ヒットとなった『日本沈没』に続く、パニック映画第二弾として公開された本作は、その年の邦画興行収入第二位を記録!
『ノストラダムスの大予言』新聞広告

『ノストラダムスの大予言』新聞広告

ちなみに同時上映は、あの『ルパン三世』の初実写化作品『ルパン三世念力珍作戦』という、奇跡の組み合わせだった!
『ノストラダムスの大予言』劇場ロビーカード

『ノストラダムスの大予言』劇場ロビーカード

出典 buyee.jp
実に穏やかな一家団欒の写真が使用された、本作の劇場版ロビーカード。実はこれ以外のロビーカードは、後で紹介する一枚を除いて全て災害や天変地異の場面ばかり!これだけを見ても、やはり本作の見所が『日本沈没』でも描かれた大災害や天変地異の特撮シーンにあったということが良く判る。
その衝撃的な内容や、未だにソフト化されない経緯も含めて、正に封印映像界のキング・オブ・キングとして有名な本作だが、実は日本でも過去に一度だけテレビ放送されており、海外でも様々なバージョンがソフト化されている。
幸い手元にはノーカット版のソフトがあるので、コミカライズ版だけでなく本編紹介の記事も、キャプチャー画像と一緒にその内にお届けしたいと思っている。

『ノストラダムスの大予言』コミカライズ版概略

掲載誌表紙

掲載誌表紙

この『ノストラダムスの大予言』コミカライズ版が掲載されたのは、以前紹介した伝記マンガ『アントニオ猪木物語』と同じ、「別冊少年チャンピオン」1974年9月号。作者は70年代に「少年ジャンプ」で活躍されていた、高山よしさと先生。高山先生はこの他にも、多くの映画コミカライズ作品を当時の「別冊少年チャンピオン」誌上に発表されている。
映画のスケールに合わせて実に49ページの大長編マンガとして描かれた、この『ノストラダムスの大予言』コミカライズ版。果たしてその内容は、どんなものだったのか?

『ノストラダムスの大予言』コミカライズ版内容紹介

本作の扉絵

本作の扉絵

意外にも、江戸時代の描写から始まる本作。江戸の頃からノストラダムスの預言書『諸世紀』の内容を世に伝えていた学者、西山玄哲。彼の教えはその子孫により、第二次大戦中の弾圧を経て戦後の日本にまで伝承されていた。
環境破壊により夢の島に謎の生物発生!

環境破壊により夢の島に謎の生物発生!

時代は変わって現代の日本。西山玄哲の子孫で、環境と公害問題の研究をしている西山博士の元を、娘のまり子と彼女の恋人でアフリカ取材から帰国した明が訪ねて来る。久々に日本に帰ってきた明との再会を喜ぶ彼らの元に、夢の島の埋め立て地に未確認生物が現れたとの報告が!
これが巨大ナメクジだ!

これが巨大ナメクジだ!

40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 初老の紳士 2018/8/25 17:38

    これ西丸震哉とか言う人の思想が色濃く反映されてたね。
    西丸氏は90年代もテレビで寿命は41歳になると騒いでたな。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

あの流行語オバタリアンの元ネタ、『バタリアン』がコミカライズされていた!オバンバも登場!

あの流行語オバタリアンの元ネタ、『バタリアン』がコミカライズされていた!オバンバも登場!

てっきり普通のゾンビ映画と思って見に行ったら、予想を見事に裏切ってくれたのが、この衝撃のゾンビ映画「バタリアン」。何しろ単なる腐った死体ではなく、ちゃんと各ゾンビが個性的なキャラとして登場する新世代ゾンビ映画『バタリアン』のコミカライズ版を紹介します!
滝口アキラ | 5,427 view
『ジャイアントスパイダー大襲来』コミカライズ版は、トホホな映画本編の100倍の迫力!

『ジャイアントスパイダー大襲来』コミカライズ版は、トホホな映画本編の100倍の迫力!

そのゲテモノ感溢れるタイトルが逆にミドルエッジ世代には心地よく響く、B級SF巨大モンスターパニック映画、それがこの『ジャイアントスパイダー大襲来』だ!見たくても見に行けなかった子供の頃の欲求を満たしてくれた、本作のコミカライズ版をご紹介!
滝口アキラ | 1,187 view
覚えてますか?幻のSPAC(スパック)ロマン映画『オルカ』!そのコミカライズ版の内容とは?

覚えてますか?幻のSPAC(スパック)ロマン映画『オルカ』!そのコミカライズ版の内容とは?

映画「テンタクルズ」で悪魔の大ダコを倒してくれた正義のヒーロー、それがオルカ=シャチ!今回紹介する1977年日本公開の映画『オルカ』は、そのオルカ対人間の対決を描いた、正に海洋生物版の西部劇!そのコミカライズ版をご紹介します!
滝口アキラ | 963 view
巨大人喰いダコVSシャチ!映画『テンタクルズ』のコミカライズ版はシャチと人間の友情物語!

巨大人喰いダコVSシャチ!映画『テンタクルズ』のコミカライズ版はシャチと人間の友情物語!

「ジョーズ」の大ヒットから始まった動物パニック映画ブーム。70年代後半のこの時期にドッと日本の映画興行界に溢れだした巨大化し暴れる動物たち。そんな動物パニック映画の中でも『ジョーズ』並に期待された大作?映画『テンタクルズ』のコミカライズ版を紹介!
滝口アキラ | 1,019 view
「タワーリング・インフェルノ」コミカライズ版は、大火災VS熱い男たちのドラマが炸裂する傑作!

「タワーリング・インフェルノ」コミカライズ版は、大火災VS熱い男たちのドラマが炸裂する傑作!

超大作パニック映画の代名詞として使われるのが、今回紹介する1975年日本公開の映画「タワーリング・インフェルノ」のコミカライズ版を紹介!の2大スター夢の競演に加えて、138階立て超高層ビルの大火災は、日本映画には到底真似できないスケールのデカさ!
滝口アキラ | 3,005 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト