「バカ男」、「クソ女」が印象的なドラマ「毎度ゴメンなさぁい」当時付き合っていた保阪尚輝と松雪泰子が共演した作品だった
2017年3月8日 更新

「バカ男」、「クソ女」が印象的なドラマ「毎度ゴメンなさぁい」当時付き合っていた保阪尚輝と松雪泰子が共演した作品だった

ドラマ「毎度ゴメンなさぁい」は、1994年7月5日からTBS系列で放送されていた保阪尚輝と松雪泰子が主演を務めたテレビドラマです。内容は、お隣同士が繰り広げるドタバタ人情コメディーでした。また、このドラマの続編として「毎度おジャマしまぁす」が放送されました。

13,066 view

「毎度ゴメンなさぁい」

「毎度ゴメンなさぁい」

「毎度ゴメンなさぁい」

1994年7月5日から同年9月20日まで、TBS系列で放送されていたテレビドラマである。人情ホームコメディ。放送時間は、毎週火曜21:00 - 21:54(JST)。全12話。

当時恋人同士だった松雪泰子と保阪尚輝が共演!!

当初、沢野桜役には常盤貴子を起用することになっており、一方松雪は同時期に金曜21時枠で放送されるドラマ(後に「カミング・ホーム」と命名)で主人公・城田真由美役を演じる予定で、制作決定時にはそのように発表されていた。
ところが常盤は火曜21時枠の次番組「私の運命」にも出演が決まっていたため、出演者のバランス調整の観点から制作開始直前になって常盤と松雪の配役が交換されることになり、結局桜役は松雪が演じることになった。
この結果、奇しくも当時交際が噂されていた保坂尚輝と松雪が同じドラマで共演することになってしまい、芸能関係者を大きく騒がせる結果になった。
『毎度ゴメンなさぁい』は、当時、リアルに交際宣言をしていた松雪泰子と保阪尚輝の共演という、今なら考えられないキャスティング。これがトレンディー系のラブコメや悲恋ものだったら視聴者もシラけてしまったかもしれないが、ギャグ満載のホームドラマだったので、単純に笑って楽しめた。
1992年の映画『パテオ』の共演で2人は交際をスタート...

1992年の映画『パテオ』の共演で2人は交際をスタートしています。

【交際の裏話】

交際がスタートした時、保阪さんは結婚していたんですね!

元タレントで銀座のホステスの女性と結婚していましたが、保阪さんの暴力や、松雪さんとの不倫により離婚したんだとか。略奪愛だったのか。

「毎度ゴメンなさぁい」のあらすじ

緑区郊外。ある新築の一軒家に沢野4姉妹の次女・三女・四女の3人が引っ越してきた。新生活への期待もつかの間、新築の家にあちこち不具合が生じた。次女の沢野桜は、怒りの矛先を施工主の高田工務店に向ける。しかも偶然にも、その高田工務店は沢野家の隣だった。かくして、沢野家と高田家との果て無きご近所バトルが始まった。
松雪泰子と保阪尚輝が、「バカ男」、「クソ女」と言いあう...

松雪泰子と保阪尚輝が、「バカ男」、「クソ女」と言いあう姿がよくありました。

【解説】

勝気でハイテンションの桜、単細胞でスケベだが男気あふれる一也のバトルが軸で、毎回本編に入る前に金髪女性がラウンドガールよろしく「ROUND.1」とその放送回を告知していた。バトルはこの2人の間だけでなく、それぞれの家庭内でのバトルもあった。特にこの作品がドラマデビュー作となった反町隆史が演じた裕二は、兄以上に血が上りやすく手も早いワイルドぶりで、村上淳が演じた洋輔とは常にやり合っていたし、時には兄にも手を上げた。

沢野家の姉妹

沢野桜を演じた松雪泰子

沢野桜を演じた松雪泰子

沢野家の次女。大竹建設の受付嬢。
出典 i0.wp.com
伊丹鈴蘭を演じた森川由加里

伊丹鈴蘭を演じた森川由加里

沢野家の長女。頻繁に旦那と喧嘩しては実家に戻ってくる。桜と姉妹喧嘩が絶えない。
沢野百合を演じた笹峰愛(左)と沢野あやめを演じた雛形あ...

沢野百合を演じた笹峰愛(左)と沢野あやめを演じた雛形あきこ(右)

・百合は、沢野家の三女。高校生。裕二のワイルドでカッコ良いところに惹かれる。

・あやめは、沢野家の四女。中学生。一也に胸の大きさをからかわれる。

【沢野家について】

母は既に他界、父は一軒屋を購入してすぐに海外に単身赴任。長女の鈴蘭(森川由加里)は嫁に出ているので、桜が高校生の三女・百合(笹峰愛)と中学生の四女・あやめ(雛形あきこ)の面倒をみていた。

高田家の兄弟

39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【松任谷由実】の「Hello, my friend」は夏の終わりを感じさせる名曲でした

【松任谷由実】の「Hello, my friend」は夏の終わりを感じさせる名曲でした

夏の終わりを感じさせる名曲「Hello, my friend」は、1994年の夏にリリースされた松任谷由実さんの楽曲です。今回は、夏の終わりにピッタリな、ちょっと切ないこの曲を振り返ってみたいと思います。
つきねこ | 491 view
ドラマ『僕が彼女に、借金をした理由。』旬の真田広之と若き小泉今日子が共演した作品だった!!

ドラマ『僕が彼女に、借金をした理由。』旬の真田広之と若き小泉今日子が共演した作品だった!!

ドラマ『僕が彼女に、借金をした理由。』は、当時人気だった真田広之と小泉今日子が共演した恋愛コメディー作品でした。1994年10月14日から放送され、波乱万丈な主人公を中心に面白く描かれていました。
星ゾラ | 3,031 view
【古畑任三郎】ものまねする人続出!豪華なゲスト(犯人役)も楽しかったですね。

【古畑任三郎】ものまねする人続出!豪華なゲスト(犯人役)も楽しかったですね。

田村正和と西村雅彦の絶妙な間合いで大人気だった「古畑任三郎」シリーズ。あの頃、やたら眉間にしわ寄せて指立てて「ん~」なんて言ってませんでしたか?刑事コロンボをモチーフにした「古畑任三郎」シリーズを振り返ります。
青春の握り拳 | 8,160 view
”脱獄モノ”映画の傑作「ショーシャンクの空に」!興行的な成功よりも批評家達からの評価が高い作品となりました。

”脱獄モノ”映画の傑作「ショーシャンクの空に」!興行的な成功よりも批評家達からの評価が高い作品となりました。

脱獄映画の傑作「ショーシャンクの空に」、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。ティム・ロビンス演じる「アンディ」とモーガン・フリーマン演じる「レッド」を中心としたヒューマンドラマでもあった「ショーシャンクの空に」は公開当時、「フォレスト・ガンプ」や「パルプ・フィクション」「スピード」の影に埋もれ知名度は低かったのですが、批評家達から高い評価を受けた後にビデオ販売やレンタルによって人気を獲得、ファンを広げていきました。
青春の握り拳 | 45,135 view
1994年初々しい!和久井映見主演の感動ドラマ「夏子の酒」

1994年初々しい!和久井映見主演の感動ドラマ「夏子の酒」

女性の杜氏ブームを作りだしたとも言えるドラマ。和久井映見演じるの前向きな主人公は好感度高かったです♪ 日本酒のブームの引き金にもなりました!
おおちゃんik | 4,932 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト