スタイルを頑なに守るメタル界の帝王『Slayer』(スレイヤー)
2017年2月27日 更新

スタイルを頑なに守るメタル界の帝王『Slayer』(スレイヤー)

1983年にデビューしてからスラッシュ・メタルのスタイルを守り続ける帝王とも呼ばれるバンドスレイヤー。メンバーチェンジを経て、今でも現役で活動を続けています。

6,068 view

スラッシュ・メタルの魂を貫く硬派なバンド

スレイヤー(SLAYER)

スレイヤー(SLAYER)

1981年にアメリカで結成されたスラッシュメタルバンド。1983年のデビュー以降、攻撃性のあるヘヴィ・サウンドでスラッシュ・メタルというジャンルを確立し、エクストリーム・メタル・シーンの頂点に君臨し続け、帝王ともよばれています。

Metallica(メタリカ)、Megadeth(メガデス)、Anthrax(アンスラックス)らの錚々たるバンドとともに「BIG 4(スラッシュメタル四天王)」の一角に数えられています。

さきほどの3つのバンドが当初の音楽スタイルを方向転換させた後も、スラッシュ・メタルのスタンスを頑なに守りつつ活動を続けていて、後のデスメタルやブラックメタルのバンドにも多大な影響を与えています。

また、音楽の表舞台ともいえるグラミー賞にも、これまで3回ノミネートされており、2007年には『Eyes of the Insane』が、2008年には『Final Six』が最優秀メタル・パフォーマンスに選ばれるなど人気を誇っています。

SLAYER - Eyes of The Insane

Slayer - Final Six

一方、彼らの歌詞やアルバムジャケットにたびたび用いられる、死や自殺、精神異常、サタニズム、連続殺人犯、戦争などといったダークなテーマは、しばしば議論を呼ぶことになります。

それによって、アルバムの発売禁止や延期、訴訟に発展した事案も。1980年代にはPMRCの標的にされたりと苦労もありました。
PMRCとはParents Music Resource Center(ペアレンツ・ミュージック・リソース・センター)の略称である。過激な性的表現や暴力的表現、ドラッグの使用やアルコールの摂取を賛美するような表現がされていると見なした音楽作品にペアレンタル・アドバイザリーのステッカーを貼るように義務付け、子供達がそういった音楽に接触しないようにペアレンタルコントロールを高めさせる目的で1985年にティッパー・ゴアら「ワシントンの妻達」が中心となり、設立した委員会である。

「BIG 4(スラッシュメタル四天王)」のバンドって?

Metallica(メタリカ)

Metallica(メタリカ)

アメリカで1981年に結成されたヘヴィメタル・バンド。現在のメンバーはジェイムズ・ヘットフィールド(vo,g)、ラーズ・ウルリッヒ(ds)、カーク・ハメット(g)、ロバート・トゥルージロ(b)。1983年にデビュー。1986年の『メタル・マスター』で、当時スラッシュメタルの代表格へ躍り出ました。2008年の『デス・マグネティック』は世界25ヵ国で1位を獲得し、2009年にロックの殿堂入りを果たすなど、次々と金字塔を打ち立てる活躍をみせています。

Metallica - One [Official Music Video]

Megadeth(メガデス)

Megadeth(メガデス)

メガデスは、メタリカを解雇されたDave Mustaine(デイヴ・ムステイン)を中心に、1983年にL.A.で結成されたヘヴィ・メタル・バンド。音楽的にはテクニカルなギターリフや複雑な曲展開が魅力。バンドのフロントマンであるムステイン自ら"インテレクチュアル(知的な)・スラッシュメタル"と称しました。

Megadeth - Symphony of Destruction [Official Video]

Anthrax(アンスラックス)

Anthrax(アンスラックス)

アメリカで1981年に結成されたスラッシュ・メタル・バンド。スラッシュ・メタルのメジャー化に貢献し、1987年のサード・アルバム『アマング・ザ・リヴィング』で一気に知名度を上げました。1991年には、ヒップホップグループの雄パブリック・エナミーのチャックDをフィーチャリングした彼らの楽曲“Bring The Noise”をカヴァーしたシングルが大ヒットし、メタルとヒップホップという異色のコラボレーションを実現させ、ラップメタルという新たなジャンルを開拓しました。

Anthrax - Indians

1983年からはじまる オリジナル・アルバムディスコグラフィー

Show No Mercy (1983)

Show No Mercy (1983)

1. Evil Has No Boundaries
2. The Antichrist
3. Die By The Sword
4. Fight Till Death
5. Metal Storm/Face The Slayer
6. Black Magic
7. Tormentor
8. The Final Command
9. Crionics
10. Show No Mercy
50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

メタラー感涙!HR/HMの第一人者・伊藤政則のお宝グッズが大量に蔵出しされるイベントが開催決定!!

メタラー感涙!HR/HMの第一人者・伊藤政則のお宝グッズが大量に蔵出しされるイベントが開催決定!!

タワーレコード渋谷店8階の催事場“SpaceHACHIKAI”にて、ハード・ロック/ヘヴィ・メタルの第一人者、伊藤政則氏のメモラビリア展「MASA ITO メモラビリア・フェスト -THE FINAL- “メタル聖地巡礼” 」の開催が決定しました。期間は2018年9月22日~25日の4日間限定。
隣人速報 | 542 view
80年代ジャパメタの雄「X-RAY」が35周年記念ボックスを発売!全オリジナル・アルバムに加え未発表音源も!

80年代ジャパメタの雄「X-RAY」が35周年記念ボックスを発売!全オリジナル・アルバムに加え未発表音源も!

ジャパニーズ・ヘヴィー・メタル・シーンを代表するバンド「X-RAY」が、デビュー35周年を記念した10枚組コンプリート・ボックス「X-RAY 35th ANNIVERSARY COMPLETE BOX~完全制覇~」の発売を決定しました。
隣人速報 | 588 view
あのLOUDNESSの二井原実が自伝を発表!88年のバンド脱退の裏事情などを赤裸々に暴露します!!

あのLOUDNESSの二井原実が自伝を発表!88年のバンド脱退の裏事情などを赤裸々に暴露します!!

株式会社リットーミュージックより、あの「LOUDNESS」の二井原実が自らのすべてを語りつくす『二井原実 自伝 真我Singer』が2018年3月12日に発売されます。自身の音楽遍歴とともに、プライベートも交えながら、これまでの歩みのすべてを紐解いていく待望の書籍となっています。
隣人速報 | 1,090 view
LOUDNESS(ラウドネス)の名盤『8186 LIVE』の再現ツアー音源とオリジナル盤リマスターCD等が発売決定!

LOUDNESS(ラウドネス)の名盤『8186 LIVE』の再現ツアー音源とオリジナル盤リマスターCD等が発売決定!

80年代中盤からはアメリカやヨーロッパでも活動し、世界的な名声を誇るLOUDNESS(ラウドネス)。彼らの名盤『8186 LIVE』を再現したツアーの音源や同アルバムのオリジナル盤リマスターCD等が12月に発売される。
劇場公開が決定したバービーボーイズ「1988年の東京ドーム公演」の秘蔵映像がDVD/Blu-ray化!!

劇場公開が決定したバービーボーイズ「1988年の東京ドーム公演」の秘蔵映像がDVD/Blu-ray化!!

先日お伝えした、「BARBEE BOYS(バービーボーイズ)」が1988年8月22日に東京ドームで行ったライヴの映像が初めて劇場公開される、というニュースの続報が入ってきました。10月28日に行われるライヴ映像の一日限りのプレミアム上映に続き、DVD/Blu-ray『BARBEE BOYS IN TOKYO DOME 1988.08.22』が発売決定です!
隣人速報 | 1,949 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト