歌わないバンド「叫ぶ詩人の会」。中心人物ドリアン助川はTV番組金髪先生やラジオでは深夜の顔として活躍していましたね!
2016年2月17日 更新

歌わないバンド「叫ぶ詩人の会」。中心人物ドリアン助川はTV番組金髪先生やラジオでは深夜の顔として活躍していましたね!

ドリアン助川がボーカルを務めた「叫ぶ詩人の会」。圧倒的な詩と音のパフォーマンス。歌わないロックバンドとして有名でした。また、グループとしての活動以外にも、ドリアン助川はラジオやテレビ等のメディアでパーソナリティを務め、様々な意見を発信していました。そんなドリアン助川とグループの歴史を振り返ります。

5,421 view
 (1576146)

ボーカル(詩人)のドリアン助川

バンド初期のトレードマークは、このモヒカンでした!
出典 ameblo.jp

歌わないバンド 「叫ぶ詩人の会」

何が特殊かって云うと、ボーカルがいるのに彼らの音楽には"歌"がなく、"詩の朗読"が歌の代わりとなっていた点です

叫ぶ詩人の会 - YouTube

TV番組の特集
パンクでアナーキーな演奏をバックに、ドリアンがポエトリー・リーディングを叫ぶという形態で活動する。

94年のデビュー時にはこうした芸風が斬新に受け取られ、一時は社会派グループとしてTVニュースや新聞などのお堅いメディアにも多数出演。

実際、ドリアンの書く詩には「カンボジアの地雷」「海洋汚染」「強制収容所」などをテーマに取り上げたものが多く、硬派なグループとして全国的に認知された。--しかし、宮沢賢治や恋愛などを綴ったナイーヴな内容のものもあり、一概に社会派と決めつけてしまうことはできないディープな魅力をもったグループ。

多くの作品をリリース

主要メンバーはボーカルの「ドリアン助川」(明川哲也)とドラマー「きりばやしひろき」と我童。

主な作品は「虹喰い」「LOVE&PEACE」「恋歌」「青」「ベルリン発プラハ」「花束」「GOKU」など。メンバーはそれぞれにラジオパーソナリティなどもつとめるほか、著書なども数多く出版している。
 (1576197)

ファースト・アルバム
「虹喰い」

ドリアン助川が「叫ぶ詩人の会」を結成したきっかけ

演劇に目覚めた高校時代

もともと彼は演劇をやりたかったそうです。
高校時代、学校でデモ行進をしたり、ヤクザと喧嘩して酷い目にあったりするような不良少年でした。

それが、友人に連れられていった舞台を見て、一瞬にして心奪われたそうです。
舞台の熱気、ライブ感、緊張感、セット、証明、生きた芸術、すべてに。
護身用の竹刀を捨て、彼は猛勉強を始めました。
目標は、演劇の歴史のある早稲田大学。早稲田は昔から演劇文化が盛んでした。

朗読 - YouTube

叫ぶ詩人の会 「12月8日」

大学で劇団を旗揚げ

演劇を志して早稲田大学の門を叩いた助川は学生演劇集団「青」を結成。

演劇ブームの風に乗り、軌道に乗ったかに見えた活動は助川のワンマンのために破綻。塾講師の仕事を得るがアルコールのためにこの職も失い、入り浸っていた新宿ゴールデン街の業界人たちに紹介されるがままに放送作家の世界に足を踏み入れる。

真面目な仕事ぶりで一躍売れっ子となる助川だったが精神的に追い詰められ、八十年代末、アンジーの水戸華之介とともに取材に訪れた東欧での体験がこのバンドを結成させるきっかけとなる。

それはチェコで聴いた市民の歌う「ヘイ・ジュード」であり、アウシュビッツに送られる直前の子供たちが描いた拙い絵であった。それらは表現の原点を助川に教え、同時にそれらに激しく突き動かされる自分の中に残っていた「感じる」という才能に気づかせたのである。

伝説の深夜番組 「金髪先生」

1996年から2年に渡り放送された伝説的深夜番組、「金髪先生」。
教師役のドリアン助川さんが、毎回音楽家たちの背景を含めて紹介し、英語を勉強するという形で放送された番組です。

金髪先生39限目Greenday:Stuck with me 2/3 - YouTube

1997年7月1日放送
人気パンクバンド 「グリーンデイ」の回
洋楽ロックナンバーを毎週1曲ずつ取り上げて、その中の英文フレーズから英語を学ぶことがテーマのこの番組。

しかし、ただ英文を学んで終わり、の番組ではありません。

そのアーティストの生き方、考え方、育ってきた背景がどのようにその曲に表現されているのか、どういう想いがこめられているのか、という本質の部分をまず抑える。そして想いを馳せる。そのことを踏まえた上で、それらが凝縮された一文を抽出して、曲の真髄を味わうかのように学ぶんですね。

ドリアン助川の冠番組 「正義のラジオジャンベルジャン」

ドリアン助川(現TETSUYA、明川哲也)がパーソナリティを務めたニッポン放送制作の深夜ラジオ番組である。
1995年10月14日から2000年3月18日までの4年6か月間に放送された。
38 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

あの安室奈美恵が、公式HPにて2018年9月16日をもって引退することを電撃発表しました。今年デビュー25周年を迎え、地元・沖縄で凱旋公演を行ったばかりでの今回の発表。日本中が衝撃に包まれています。
隣人速報 | 13,448 view
東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東京・東村山市は、今年3月に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった同市の名誉市民・志村けんさんの銅像を建立するため、クラウドファンディングサイト「READY FOR」にて資金獲得のための「ありがとう志村けんさん。東村山市に銅像をつくるプロジェクト」をスタートさせました。
隣人速報 | 728 view
ロックバンド「ZIGGY」が80年代後半~90年代前半に発表したオリジナルアルバムが怒涛の再発!!

ロックバンド「ZIGGY」が80年代後半~90年代前半に発表したオリジナルアルバムが怒涛の再発!!

徳間ジャパンコミュニケーションズより、80年代から現在に至るまで活躍を続けるロックバンド「ZIGGY」のオリジナルアルバムが、UHQCD(高音質CD)シリーズで再発されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 2,463 view
THE BLUE HEARTSの結成からついに35周年!記念ベストアルバムの発売&過去のベスト盤の再発が決定!!

THE BLUE HEARTSの結成からついに35周年!記念ベストアルバムの発売&過去のベスト盤の再発が決定!!

ロック史に名を残す伝説的バンド「THE BLUE HEARTS」が結成35周年を迎えたのを記念し、35周年記念ベストアルバム『ALL TIME MEMORIALS Ⅱ』の発売と、2010年の結成25周年の際に発売された『ALL TIME SINGLES ~SUPER PREMIUM BEST~』の再発が決定しました。
隣人速報 | 3,556 view
筋肉少女帯が2つの記念ライブを全曲・全MCフル収録したBlu-rayを発表!!

筋肉少女帯が2つの記念ライブを全曲・全MCフル収録したBlu-rayを発表!!

筋肉少女帯が、ライブ「筋肉少女帯デビュー30周年記念日スーパースペシャル・突入!」と「メジャーデビュー30th Anniversary FINAL LIVE ザ・サン 突入31st!」を収録したBlu-ray『筋少・フル尺2LIVES!!「突入!」&「ザ・サン」』を発売することが明らかとなりました。
隣人速報 | 226 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト