アルフィーの三億円事件を題材にしたシングル「府中捕物控」が発売中止処分を下されたのをご存知ですか?
2018年9月18日 更新

アルフィーの三億円事件を題材にしたシングル「府中捕物控」が発売中止処分を下されたのをご存知ですか?

1974年のデビュー以来、現在も破竹の勢いで活躍している長寿グループ「アルフィー」。ミドルエッジ世代としては80年代前半の「メリーアン」「星空のディスタンス」などで有名ですが、そのブレイク以前に、発売中止を余儀なくされたシングルがあるのをご存知でしょうか?

12,429 view

アルフィーに「発禁」になったシングルがあるのをご存知ですか?

1974年のデビュー以来、現在も破竹の勢いで活躍している長寿グループ「アルフィー」。ミドルエッジ世代としては80年代前半の「メリーアン」「星空のディスタンス」などで有名ですが、そのブレイク以前に、発売中止を余儀なくされたシングルがあるのをご存知でしょうか?この記事では、発売中止によって幻となったシングル「府中捕物控」について書いてみたいと思います。
 (2046911)

※画像はイメージです。

そもそもデビュー当時のアルフィーはアイドル(?)でした!

現在では3人組として認知されているアルフィーですが、デビュー当初は実は4人組のフォークグループでした。綴りも「ALFEE」ではなく「ALFIE」。純粋なフォークグループというよりは、高見沢を中心としたアイドル的な売り方をしていました。しかし売れ行きはパッとせず「4人目のアルフィー」であった三宅康夫が1975年に脱退。その後、残った3人はどうすれば売れるのかを模索したのですが…
 (2046910)

1974年のデビューシングル「夏しぐれ」。確かにジャケットには4人映っていますね。

3枚目のシングル「府中捕物控」で起死回生を図る!

アイドルフォーク路線に失敗し、どうにか起死回生を図ろうしたアルフィー。そこで彼らが選択したのは「コミックソング路線」でした。「タイムボカン」の主題歌で有名な山本正之を作詞・作曲に迎え「府中捕物控」というシングルを発表します。その内容はというと…?
こちらがジャケット(但し、右下の桜井の顔にはサングラスが追加されています。)

「3億円事件」を風刺した内容だった!!

起死回生を狙ったシングル「府中捕物控」ですが、これは1968年に発生した「三億円事件」をパロディにした楽曲でした。そして、三億円事件の公訴時効日であった1975年12月10日を発売日として準備を進めていたのですが、発売日の前日に、当時アルフィーと契約していたビクター音楽産業から「社の良識に合わない」と判断され突然発売中止になってしまいました!
有名な三億円事件のモンタージュ。確かにシングル「府中捕物控」のジャケット右上の人物は、明らかにパロってますよね。

では実際に楽曲を聴いてみましょう!

こちらが当時発売中止となったレコードからと思われる音源です。曲調は山本正之の特徴が良く出ており、彼が作曲した「ヤッターマン」の主題歌などを彷彿とさせます。果たしてこれが発売されていたら、アルフィーはどんな運命を歩んでいたのだろうか?

アルフィー 府中捕物控(音質悪)

幻のカップリング曲もあります。よろしければこちらもどうぞ!

アルフィー 明日からよその人【音質悪】

作曲者の山本正之がセルフカバー!

「府中捕物控」ですが、アルフィー版が発売中止となり永らく日の目を見ることは無かったのですが、1994年に山本のシングル文庫シリーズとして初めてCD化されました。このCDのおかげで、初めて「府中捕物控」を聴いたアルフィーのファンも多かったと聞きます。
 (2046909)

33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • マリアンヌ 2018/9/18 08:12

    記事を拝見しました。
    そもそもですが、ALFEEは結成が1973年、デビューが1974年ですので今年は結成45年、デビュー44年になります。
    ご確認をお願い致します。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

オフコースと言えば何人組を思い浮かべますか?初期の「3人時代のオフコース」の魅力!!

オフコースと言えば何人組を思い浮かべますか?初期の「3人時代のオフコース」の魅力!!

「さよなら」「言葉にできない」「愛を止めないで」などのヒット曲で有名なオフコース。ミドルエッジ世代の皆さんが彼らを思い出すとき、「5人編成」もしくは「4人編成」の姿を思い浮かべると思いますが、実はデビュー時は3人編成でした。
さだまさしが所属していたフォークデュオ・グレープの相方「吉田正美」とは?

さだまさしが所属していたフォークデュオ・グレープの相方「吉田正美」とは?

「精霊流し」「無縁坂」といったヒット曲を生み出したフォークデュオ・グレープ。そこでさだまさしの相方であった「吉田正美」を皆さんご存知でしょうか?この記事では、さだまさしの陰に隠れがちな「吉田正美」にスポットを当ててみたいと思います。
井上陽水がデビュー50周年記念ツアーを開催!J-WAVEでチケットの先行予約が開始!!

井上陽水がデビュー50周年記念ツアーを開催!J-WAVEでチケットの先行予約が開始!!

日本のフォーク界の重鎮・井上陽水が、自身のデビュー50周年を記念したライブツアー「50周年記念ライブツアー『光陰矢の如し』~少年老い易く学成り難し~」の開催を決定しました。2月5日より一般発売日に先がけJ-WAVEでの公演チケットの先行予約が開始されます。
隣人速報 | 148 view
「聖母たちのララバイ」収録作品も!岩崎宏美が80年代前半に発表したアルバム7作品が待望の再発!!

「聖母たちのララバイ」収録作品も!岩崎宏美が80年代前半に発表したアルバム7作品が待望の再発!!

1975年のデビュー以来40年以上のキャリアを持ち、「ロマンス」「聖母たちのララバイ」などのヒットで知られる岩崎宏美。彼女が80年代前半に発表し、現在入手困難となっているアルバムCDの「紙ジャケット・コレクション」が、このたびタワーレコード限定で再発されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 314 view
赤坂泰彦のミリオンナイツでブレイク!MEN'S 5(メンズ5)の超名曲「“ヘーコキ”ましたね」の魅力!!

赤坂泰彦のミリオンナイツでブレイク!MEN'S 5(メンズ5)の超名曲「“ヘーコキ”ましたね」の魅力!!

昭和~平成の流れの中で時折ヒットする「コミックソング」。「金太の大冒険」なんかが有名ですが、90年代前半に「“ヘーコキ”ましたね」というお下品なタイトルの楽曲が大ヒットしたのを覚えていますでしょうか?

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト