1995年から2000年頃までに大活躍したシャムシェイドの名曲を振り返る!
2017年12月26日 更新

1995年から2000年頃までに大活躍したシャムシェイドの名曲を振り返る!

この記事では、1990年の真ん中辺りから大活躍をしたシャムシェイドの名曲を振り返りたいと思います。きっと皆様にとっても懐かしい曲があると思いますよ~(^^)/

850 view

シャムシェイドとは

SIAM SHADE

SIAM SHADE

SIAM SHADE(シャムシェイド)は、日本の5人組ロックバンド。1995年にメジャーデビューし、2002年に解散。その後は2007年、2011年、2013年、2015年~2016年と一時的な再結成を行っている。
僕が大学の時にスマッシュヒットしたシャムシェイド!
懐かしいですねぇ・・・
ロックではあるものの、とてもメロディアスで聴きやすい曲が多かったのが特徴だと思います。
ずっと続けていけるだけの力があったと思うのですが・・・
ただ、不定期ではありますが、ちょくちょく復活しているので、いつかライブに行ってみたいと思いますね~

シャムシェイドのメンバー

シャムシェイドのメンバー

シャムシェイドのメンバー

【栄喜ヒデキ】
ボーカル 在籍中にCHACK、1996年にはHIDEKI、1998年に発売されたアルバム『SIAM SHADE V』で栄喜へと改名をしている。解散後に未来 (HIDEKI)への改名を経て、2013年、"栄喜"へと再び改め活動中。

【KAZUMA】
ボーカル&ギター 現在は本名の"遠藤一馬"名義でも活動。

【DAITA】
ギター 現在は氷室京介等のサポートギタリストの他、ソロや自身のバンドBREAKING ARROWSなどで活動。

【NATCHIN】
ナッチン ベースギター 解散前までは"NATIN"と表記。現在は相川七瀬や栄喜のサポートの他、自身のバンド21gで活動中。

【淳士】
ドラム 1998年1月までは"JUNJI"と表記。現在はAcid Black CherryやSound Horizon等のサポートの他、自身のバンドBULL ZEICHEN 88などで活動中。
リーダーはNATINである。理由のひとつとして、インディーズ時代、他のメンバーの多くが度々電話を止められていたのに対し、NATINだけは実家住まいだったため連絡先として安定していたこともあり、必要な情報や連絡事項を集結させやすかった。故にメンバーの情報などを把握していたため。

シャムシェイドの名曲を振り返る

シャムシェイドは活動期間こそ短かったですが、その短い期間に多くの名曲を残しています。
さっそくその名曲達を振り返ってみましょ~(^^)/

1997年 PASSION

Siam Shade - Passion MV [Español - Romanji]

TBS系『MAGA不思議』オープニングテーマ曲。
ベストアルバム『SIAM SHADE XI COMPLETE BEST 〜HEART OF ROCK〜』の収録曲を決めるファン投票で8位を記録した。
この曲を収録したアルバムから、あのB'zの第三の男と呼ばれる明石昌夫がプロデューサーに加わります。ここからのシャムシェイドの快進撃が始まりましたよねぇ!

1997年 1/3の純情な感情

SIAM SHADE - 1/3 no junjou na kanjou (2011)

フジテレビ系アニメ『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』のエンディングテーマにタイアップされ、1997年から1998年にかけてチャートインした。初登場は7位で、リリースから2か月後の1998年1月に最高位である3位を記録し、バンド最大のヒットとなった。
説明不要のシャムシェイドの代表曲ですね(^^)/
この曲がシャムシェイドを一気にメジャーシーンのトップに押し上げたといっても過言ではありません。

1998年 グレイシャルLOVE

SIAM SHADE - Glacial love (2011)

ベストアルバム『SIAM SHADE XI COMPLETE BEST 〜HEART OF ROCK〜』の収録曲を決めるファン投票で「グレイシャルLOVE」が20位
この曲の歌詞が、シャムシェイドの曲の中でダントツ一番好きです(^^)/

"熱く抱く程に 溶けてしまいそうな 氷細工のこのトキよ
もうこれ以上 どうか涙に変わらぬ様に"

この歌詞はグッときました・・・
素晴らしい歌詞だと思います(^^)/

1998年 Dreams

SIAM SHADE - Dreams ~ Heart of Rock 7~ 2013 Live Tour with SIAM SHADE Tribute English Subs

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

2000年までのグリーン・デイの名曲を振り返る

2000年までのグリーン・デイの名曲を振り返る

この記事では、グリーン・デイの名曲を振り返りたいと思います(^^)/ 比較的新しめの曲が多くなってしまいますが、間違いなく名曲なので、是非一度聴いてみてくださいね!
つきねこ | 729 view
実は正統派ロックの【すかんち】 その数々の名曲を振り返る

実は正統派ロックの【すかんち】 その数々の名曲を振り返る

【すかんち】はどうしてもイロモノやキワモノに見られがちですが、実はサウンドのクオリティは非常に高く、ロックではあるものの、キャッチ―で親しみやすい曲の多さが特徴です。さっそく聴きなおしてみましょう(^^)/
つきねこ | 5,226 view
「TOKYO 狂った街~♪」で有名な、黒夢の清春率いるバンド・sadsが活動休止を発表。

「TOKYO 狂った街~♪」で有名な、黒夢の清春率いるバンド・sadsが活動休止を発表。

黒夢の清春が率いるロックバンド「sads」が年内をもって活動休止することが、sadsの公式ツイッターで明らかとなりました。
隣人速報 | 565 view
無類の自転車マニア!ZIGGYの森重樹一が監修した、大人の色気漂うセクシーな自転車が登場!!

無類の自転車マニア!ZIGGYの森重樹一が監修した、大人の色気漂うセクシーな自転車が登場!!

バイクブランド「ROCKBIKES」を展開する合同会社NYCが、無類の自転車好きとして知られているロックバンド・ZIGGYのボーカリスト「森重樹一」が乗るバイクを製作しました。
隣人速報 | 1,152 view
ジュンスカ30周年記念ベストに「原宿ホコ天ライブ」をAR技術で当時のままに蘇らせる特典が付属していると話題に!

ジュンスカ30周年記念ベストに「原宿ホコ天ライブ」をAR技術で当時のままに蘇らせる特典が付属していると話題に!

デビュー30周年を迎えるロックバンド「JUN SKY WALKER(S)」(以下「ジュンスカ」)の30周年記念ベストアルバム『ALL TIME BEST~全部このままで~1988-2018』発売を記念し、株式会社ゴンドラによるAR(拡張現実)技術を用いたオリジナルカードが、通常盤の特典として封入されることが決定しました。
隣人速報 | 536 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト