これ覚えてる?『私たちにはあたりまえだったこと』昭和の風邪引き・看病編
2017年3月28日 更新

これ覚えてる?『私たちにはあたりまえだったこと』昭和の風邪引き・看病編

風邪を引くのはつらいですね。薬を飲んだり、ひたすら家で寝ていたり・・・。子どもの時もそうでした。でもそう言えば、ポカリも冷えピタもなかったあの頃、どうやって過ごしていたんでしたっけ?

6,486 view
なんかトロンとしたり、反対にゾクゾクしたりする風邪の引き始め。
なんか熱っぽい?測ってみようか?
あの頃出てきた体温計がこれでした。

水銀体温計

 (1843279)

すっかり見かけなくなってしまった水銀体温計。
子どもの頃は、家庭でも学校の保健室でもあたりまえのように使われていました。
体温を測るために体に押し当てると、ガラスがヒヤッとしましたよね。
電子体温計と違って、後からストーブに近づけたりすると水銀の目盛りが動きました。
学校を休めるかどうかギリギリぐらいの熱の時は、「上乗せ」したい気持ちになりましたね。
1985(昭和60)年11月、ある製品の生産が終了しました。その製品は水銀体温計。(中略)
水銀体温計の生産終了に踏み切ったのは、水銀が環境に良い影響を及ぼさないということからでした。体温計に使われる無機水銀は、有機水銀よりも毒性は低いものの、有害物質であることにかわりはありません。病院などで使われる体温計が間違って床に落ちてしまったりすると、水銀が流れ出ることもあり、医師の間からも水銀体温計の安全性を問う声が上がるようになったのです。
テルモは、水銀を使わないより安全な体温計の開発をめざして、1980(昭和55)年から電子体温計の開発に取り組みました。

薬飲んでおく?

'78-88 お薬CM集vol.4 風邪薬1

懐かしい風邪薬のCM。
あなたはどのCMを覚えていますか?

タケダ ベンザエース・他CM 80年代~90年代あたま

小泉今日子さんのみのCM集です。
風邪薬以外のも混ざっていますが、やっぱり可愛いですね!キョンキョンは。
佐藤製薬 店頭サトちゃん

佐藤製薬 店頭サトちゃん

あの頃、薬局の店頭でよく見かけた「サトちゃん」。
薬を買うと、おまけでサトちゃんのシールや指人形がもらえました。
1枚の台紙に4~5個ぐらいしかサトちゃんが印刷されていなかったかな?
それでもあの頃は嬉しくて、所構わずペタペタ貼っていました。
コルゲンコーワ ケロちゃん 指人形 3色セット

コルゲンコーワ ケロちゃん 指人形 3色セット

ケロちゃんの指人形もよくもらいました。
これで十分遊べたんですよね。
ZE-746 コルゲンコーワ サトウ製薬 エスエス製薬... - ヤフオク! (1848251)

コルゲンコーワ ケロちゃん コロちゃん   
サトウ製薬 サトちゃんサトコちゃん  
エスエス製薬 ピョンちゃん
指人形いろいろ
改源  風神さん

改源  風神さん

風神なのによく風邪を引いていた『元祖風神』さん。
『改源』に出合って元気になったのだそうです。
「風邪ひいてまんねん」という口癖、覚えてますか?

お医者さんに行ってこよう

昭和40~50年頃の個人病院、特におじいさん先生のいるところでは、古めかしい診察室が多かったような気がします。
ツンとした薬品の匂い、白いホウロウの洗面器、ピアノのスツールに似た丸い椅子。
先生の顔は忘れてしまったのに、こうしたものだけ不思議と覚えているんですよね。
昭和町風土伝承館 杉浦醫院

昭和町風土伝承館 杉浦醫院

 (1849357)

甘い薬?苦い薬?

 (1848171)

昔は院内処方が普通だったので、診察の後、会計窓口で薬も一緒にもらいました。
子どもの頃は甘いシロップの薬が楽しみでした。
反対に、薬包紙で包まれた薬は苦いことが多かったですね。

薬包紙での包み方

30~40年前は、薬剤師が薬をひとつひとつ薬包紙に包み、患者さんにお薬をお渡ししていました。手間はかかったでしょうが、日本らしい温かみがある作業です。しかし、近年では機械化が進み、薬局で薬包紙が使われることは、ほとんどなくなってしまいました。そのため、薬包紙の包み方すら知らない薬剤師が増えています。実際、私も薬包紙を折ることはほとんどなく、忘れてしまいそうになります。しかし、薬包紙が必要な場合や、活躍する場合があるのです。(中略)
「災害時」に薬包紙が活躍します。大規模災害時には、現在使っているような機械を使用できません。しかし、薬は衛生的にお渡しする必要があります。実際に、東日本大震災のときに、薬包紙が活躍したそうです。
ろう石(駄菓子屋で売っていた道路に絵が描ける石)

ろう石(駄菓子屋で売っていた道路に絵が描ける石)

小学校の理科でも薬包紙の包み方を習いましたよね。
習ったばかりの頃、包むのがおもしろくて、レンガやチョーク、ろう石など粉の出るものを削り、薬に見立てて裏紙で包んで遊んだ覚えがあります。
「その辺にあるもの」で「その辺で」遊んだあの頃。
あなたもやったことありますか?
えっ、もしかして「ろう石」なんて知らない?!
54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ちょっとした怪我や病気に強い味方は「家庭の医学」と「救急箱」!一家に一台の頼れる存在でしたね。

ちょっとした怪我や病気に強い味方は「家庭の医学」と「救急箱」!一家に一台の頼れる存在でしたね。

現代のようにネットが発達していなかった昔、ちょっとした怪我や病気などのときは一家に一台常備してあった家庭の医学と、常備薬の揃った救急箱が頼りでしたね。怪我や体調不良の時、母親が普段は手に取らない分厚い家庭の医学に目を通して救急箱をもってきて応急処置をする、まさに家庭のお医者さんに早変わりしてくれたものでした。
青春の握り拳 | 1,018 view
【追悼】ドラマ「相棒」や「秘密のケンミンSHOW」でお馴染みだった!『志水正義』!!

【追悼】ドラマ「相棒」や「秘密のケンミンSHOW」でお馴染みだった!『志水正義』!!

ドラマ「相棒」で大木刑事やバラエティ番組「秘密のケンミンSHOW」でバーのマスター役を演じられた志水正義さんといえばご存知の方も多いと思います。60歳若さでお亡くなりになりました。追悼の意味を込めてまとめてみました。
ギャング | 30,067 view
デブタレの先駆け!「カレーは飲み物」等、名言を残した『ウガンダ・トラ』!!

デブタレの先駆け!「カレーは飲み物」等、名言を残した『ウガンダ・トラ』!!

おデブタレントの先駆け的存在で「動けるデブのカリスマ」と言われるほどスポーツ万能だったウガンダさん。「カレーは飲み物」等の名言を残しウガンダさん無しでデブタレというジャンルは芸能界では確立できなかったであろう人物。
ギャング | 4,970 view
キンコン『梶原雄太』の過去の浮気や例の騒動のピンチ集!!

キンコン『梶原雄太』の過去の浮気や例の騒動のピンチ集!!

漫才コンビ・キングコングのボケ担当の梶原雄太さん現在では子沢山の芸人としても有名ですが、過去に離婚歴やDVや不倫問題など例の事件も含めて色々ありました。
ギャング | 5,968 view
娘の杏里が何かと話題になっていますが、あえての母親『坂口良子』総まとめ!!

娘の杏里が何かと話題になっていますが、あえての母親『坂口良子』総まとめ!!

最近何かと娘の杏里さんが事件などで話題になっていますが、あえて母親の坂口良子さんにスポットを当ててデビューからお亡くなりになるまでを総まとめしてみました。
ギャング | 4,984 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト