1991年当時、美麗で衝撃を受けた!!X68000のゲーム『ファランクス』のオープニング!!
2017年5月28日 更新

1991年当時、美麗で衝撃を受けた!!X68000のゲーム『ファランクス』のオープニング!!

X68000のシューティングゲーム『ファランクス』。X68000の高い性能を存分に発揮させたゲームでした。当時、そのオープニングを超美麗と感じ、何度も繰り返して見ました!!

4,463 view

ゲーム『ファランクス』について

X68000 『ファランクス』タイトル画面?

X68000 『ファランクス』タイトル画面?

『ファランクス』(PHALANX)とは、1991年にズームが発売したX68000のシューティングゲームである。
X68000は、他のパソコン機種が16色表示などだったころに登場しました。グラフィックス一つとってみても、6万5535色表示を可能にしていました。そのX68000の高い性能を存分に発揮させていたシューテングゲームが『ファランクス』です。拡大縮小、多重スクロール、ラスタースクロール、半透明機能など、当時の最先端技術が多く見受けられます。

『ファランクス』で使われている、当時の最先端技術を紹介!!

多重スクロール

雲海が多重スクロールしています。
臨場感があってカッコイイです!!

X68000 『ファランクス』 1面

半透明機能とラスタースクロール

『ファランクス』の2面では、半透明機能とラスタースクロールで、水流の中での戦いが表現されています。
水流のクネクネした感じの表現が、ラスタースクロールです。

X68000 『ファランクス』 2面

では、『ファランクス』のオープニング、ご覧ください。

X68000 『ファランクス』オープニング

随所に、拡大縮小や半透明、回転などが使われていましたね!!
どうですか?美麗だと感じていただけましたか!?

最後に

私は1991年当時、美麗だと感じ、衝撃を受け、何度もオープニングを繰り返して見たものです。
私は、最近はゲーム離れしてしまって、最近のゲームのオープニングや、ゲームがどれほど美しいかは知らないけれども、『ファランクス』のオープニングは今でも綺麗だと感じます。大好きです!

追記:『ファランクス』はWiiとEGGで今でも遊べますよ。

Wii版『ファランクス』

Wii版『ファランクス』紹介動画

X68000の復刻版と、Wiiウェア用リメイク版が遊べるようです。
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「シルフィード(SILPHEED)」という名のシューティングゲームを、プレイしたことありますか!?

「シルフィード(SILPHEED)」という名のシューティングゲームを、プレイしたことありますか!?

パソコン版と、メガCD版の「シルフィード(SILPHEED)」は名作だと思います。とても面白いゲームで、パソコン版、メガCD版、ともに、ハードの限界に挑戦した作品であったと思います。
よっちゃん | 1,702 view
モンスターを鍛えて勇者を殺せ!リアルタイムシミュレーションゲーム『ダンジョンキーパー』!

モンスターを鍛えて勇者を殺せ!リアルタイムシミュレーションゲーム『ダンジョンキーパー』!

1997年にエレクトロニック・アーツから発売された『ダンジョンキーパー』は、リアルタイム制のシミュレーションゲームです。金塊を掘って得た資金で設備を整え、モンスターを訓練室で鍛える。そうして、やって来る正義の勇者やライバルを倒すのです。そんな知る人ぞ知る傑作ゲームをご紹介します。
こういち | 437 view
昔と今の恋愛ソングの変遷を探る! 愛の形はどう変わったの?

昔と今の恋愛ソングの変遷を探る! 愛の形はどう変わったの?

時代が変わり、若者を取り巻く恋愛事情が変化すれば、流行る恋愛ソングも変わっていきます。恋愛ソングは、その時代の恋愛価値観がストレートに反映されていると思います。社会情勢や恋愛に必須な連絡用ツールが変わっただけで、恋の叶いやすさは格段に違ってきました。今回は80年代から現代までに流行った恋愛ソングを比較し、それぞれの時代の恋愛観について紐解いていきます。
iVERY | 174 view
「ゼビウス」をプレイするAIロボットが登場したと話題に!11月にはゼビウスのデザイナーが参加するドット絵イベントも!

「ゼビウス」をプレイするAIロボットが登場したと話題に!11月にはゼビウスのデザイナーが参加するドット絵イベントも!

80年代のファミコンを代表するシューティングゲーム「ゼビウス」をAI技術を駆使してプレイするロボットが、10月中旬に千葉・幕張メッセで開催された「CEATEC 2019」にて展示されました。さらに、11月24日には「ゼビウス」などのゲームのデザインを担当した“小野 Mr. Dotman 浩”氏が参加するイベント「Pixel Art Park」が開催!
隣人速報 | 487 view
【WJ原作】仙界伝 封神演義とは【90年代TVアニメ】

【WJ原作】仙界伝 封神演義とは【90年代TVアニメ】

90年代は週刊少年ジャンプが何度目かの全盛期を迎えた時期がありました。 連載されている数々の作品の中から、原作は小説安能務訳、藤崎竜作の『封神演義』をピックアップしていきます。
maythdo | 221 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト