バブル期に一世を風靡した映画「ホイチョイ三部作」を振り返る!
2020年1月23日 更新

バブル期に一世を風靡した映画「ホイチョイ三部作」を振り返る!

1987年から1991年にかけて公開され大ヒットを記録した「ホイチョイ三部作」と呼ばれる映画「私をスキーに連れてって」「彼女が水着にきがえたら」「波の数だけ抱きしめて」を振り返ってみましょう!

3,489 view

バブル期に一世を風靡した映画「ホイチョイ三部作」

皆さんは「ホイチョイ・プロダクションズ」をご存知でしょうか?馬場康夫を中心としたクリエイター集団で、元々は80年代前半に漫画「気まぐれコンセプト」を青年誌で連載するなどしていました。80年代後半になると映画に進出、1987年から1991年にかけて「私をスキーに連れてって」「彼女が水着にきがえたら」「波の数だけ抱きしめて」という3本の映画を制作し、いずれも大ヒットを記録。社会現象となりました。この記事では「ホイチョイ三部作」と呼ばれる、上記の3本の映画について振り返ってみましょう。
 (2162982)

こちらは漫画「気まぐれコンセプト」の表紙。

『私をスキーに連れてって』

1987年に公開された、ホイチョイ三部作の第1作「私をスキーに連れてって」。略称として「私スキ」などとも呼ばれています。タイトル通りスキーをテーマにした映画で、80年代スキーブームの火付け役となりました。原田知世と三上博史のW主演で繰り広げられる恋愛模様は、当時の女性を中心に「こんな恋がしたい」「こんな青春を送りたい」という憧れの的に。ロケ地となった群馬県・万座温泉スキー場などは若いスキーヤーたちで大盛況となりました。
 (2162961)

「私スキ」を象徴するシーンのひとつ「バーン」のシーン。スキー場では、実際にこれを真似する若者が続出。映画で使用された松任谷由実の楽曲「恋人がサンタクロース」「ロッヂで待つクリスマス」「BLIZZARD」などをバックに、映画の主人公になりきるカップルが、当時のゲレンデのあちこちで見受けられました。

私をスキーに連れてって(バーン)

ちなみに、この映画の公開でブームとなったのはスキーだけではありません。映画でコールサインに使用されたアマチュア無線機や、移動に使われた4WD自動車(トヨタ・セリカGT-FOUR)、さらに滑った後のビール(サントリーがスポンサーだったため)など、実際にゲレンデに行くにあたって買い求める人が続出。特に自動車は「スキーに行くならセリカ」と言われるほどに人気を博しました。また、90年代以降に量産される「トレンディドラマ」の布石となったという指摘もあります。確かに、月9あたりでドラマとして放送されていたとしても大ヒットしたでしょうね。

『彼女が水着にきがえたら』

1989年に公開された第2作「彼女が水着にきがえたら」。主演は「私スキ」でも主演を務めた原田知世、そして「東京ラブストーリー」でブレイクする直前の織田裕二が担当しています。前作がウインタースポーツ(スキー)を題材としていた一方で、本作は「水着」とあるようにマリンスポーツ(スキューバダイビング)がテーマ。映画を彩るサウンドも、前作の松任谷由実から夏の王者・サザンオールスターズに代わっています。
 (2162962)

スキューバダイビングを通じ、東京湾に眠る宝探しをするというストーリーである本作。作中ではバブル絶頂期という世相を反映し、豪華クルーザー、ホーバークラフト、ボディコンやハイレグに身を纏った美女たちといった、当時を知る者であれば誰もが懐かしさを覚える要素がズラリと並んでいます。「私スキ」にも見られた「若者が思い切り羽目を外して青春を謳歌する」という作風はこちらでも踏襲されており、本作に影響を受けてスキューバダイビングに挑戦する若者が続出したと言われています。但しスキーほどの手軽さが無かったため、社会現象としての影響度は「私スキ」に軍配が上がるでしょうか。
 (2163270)

主題歌として起用された、サザンオールスターズ「さよならベイビー」

『波の数だけ抱きしめて』

1991年に公開された第3作「波の数だけ抱きしめて」。主演は中山美穂、そして前作に引き続き織田裕二が担当しました。舞台はバブル期前夜の1982年。学生最後の思い出として、湘南でミニFM局の開局を目指す若者たちを描いた青春群像劇で、アメリカ西海岸(ウェスト・コースト)文化全盛の時代らしく、映画を彩るBGMは「J.D.サウザー」「ネッド・ドヒニー」といったAORの名曲の数々が採用されています。
 (2162963)

時代設定的に前2作とは毛色の異なる「波の数だけ抱きしめて」ですが、泉麻人が時代考証を担当しており、720型のダットサントラック(車)、ヤマハ・ポップギャル(バイク)、KENWOOD製カーオーディオなど、セットや小物の時代考証の細かさに目を惹かれます。小物の細かさはホイチョイ・プロダクションズ作品の特徴のひとつであり、前述のBGMとの相乗効果で、1982年の湘南にタイムスリップしたかのような錯覚を覚えさせてくれました。また、日焼けして小麦色になった出演者たちの容貌も、色白が好まれる現代とは一線を画しています。

波の数だけ抱きしめて⑦ / You're Only Lonely - J.D. Souther

このように、80年代及びバブル期の世相を語る上で外すことの出来ない「ホイチョイ三部作」。かつて夢中になった方も、この記事で初めて作品について知った方も、実際に映画に触れてみると懐かしい&新しい発見があると思いますよ!
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 信玄 2020/4/12 13:42

    「わたしをスキーに連れてって」女優、原田知世の起用は亡くなった大林宣彦監督の尾道三部作の「時をかける少女」の冒頭のスキー場のシーンから続いているような気がしますが・・・・バブル期いい時代でしたね!!

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

内藤洋子、酒井和歌子、関根恵子…「アイドル映画」という視点から昭和を紐解いた『昭和アイドル映画の時代』が好評発売中!

内藤洋子、酒井和歌子、関根恵子…「アイドル映画」という視点から昭和を紐解いた『昭和アイドル映画の時代』が好評発売中!

光文社より、「アイドル映画」という視点から昭和をという時代を特集した書籍『昭和アイドル映画の時代』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 1,240 view
あぶない刑事、探偵物語などが続々上映!池袋・新文芸坐で名プロデューサー「黒澤満」特集が開催中!!

あぶない刑事、探偵物語などが続々上映!池袋・新文芸坐で名プロデューサー「黒澤満」特集が開催中!!

日本映画に新しい地平を拓き、多くの才能を輩出させた名プロデューサー「黒澤満」の手がけた作品の追悼上映が、池袋・新文芸坐にて好評開催中です。開催期間は3月2日まで。
隣人速報 | 1,427 view
ミドルエッジ世代も納得?「2時間サスペンスドラマで犯人役が多いイメージの女優」第1位に輝いたのは!?

ミドルエッジ世代も納得?「2時間サスペンスドラマで犯人役が多いイメージの女優」第1位に輝いたのは!?

ランキングサイト「ランキングー!」にて、10~60代の男女12,406名を対象に「2時間サスペンスドラマで犯人役が多いイメージの女優は?」というアンケート調査が実施されました。果たして誰がランクインしているのでしょうか!?
隣人速報 | 7,080 view
「私をスキーに連れてって」が公開30周年!トークイベントは応募多数につき受付ストップ!上映会も開催!

「私をスキーに連れてって」が公開30周年!トークイベントは応募多数につき受付ストップ!上映会も開催!

映画「私をスキーに連れてって」から今年で30周年を迎えるのを記念し、東京都内にて「ホイチョイ・プロダクション」の当時の関係者らが参加するトークイベントが開催されます。J-WAVEも特別上映会を開催します。
隣人速報 | 5,947 view
一連のヤ〇ザ映画ではチンピラ役から親分役までこなす強面俳優!『山口祥行』!!

一連のヤ〇ザ映画ではチンピラ役から親分役までこなす強面俳優!『山口祥行』!!

今やVシネマや任侠系映画には欠かせない「ネオVシネ四天王」とも呼ばれた強面俳優山口祥行さん。若い頃や嫁や子供など気になり勝手に追ってみました。
ギャング | 3,874 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト