あの洋楽アーティストも出ていた!80's懐かCM!
2017年1月16日 更新

あの洋楽アーティストも出ていた!80's懐かCM!

洋楽がお茶の間レベルにまで浸透し、人気のあった80年代。多くの海外アーティストたちが、日本のテレビCMにも登場しました。まだYouTubeやDVDなどが無い時代、憧れの海外アーティストたちが動く姿を見ることが出来る貴重な機会でもあった、懐かしいCMを振り返ってみましょう!

8,247 view

1)David Bowie

「時代が変われば、ロックも変わる。」 宝焼酎純(1980年)

 デヴィッド・ボウイが出演した初めてのCMが、この日本のものだったとは・・・
それだけでも光栄なことじゃありませんか!
 「オヤジの飲み物」という焼酎のイメージを一新し、若者や女性にもアピールするには、この上ないキャスティング!さらに、音楽もボウイによる書き下ろしという贅沢さ!但し、歌モノではなく、演奏だけのインストゥルメンタル楽曲だったのが、少々残念ではありますが・・・。このCMに、歌詞は不要だと思ったのでしょうか。
 このCM(もしくは宣伝ポスター)を見て、大島渚監督がボウイを映画「戦場のメリークリスマス」に起用したいと思った、というのも有名な話です。

David Bowie_Takara Shochu Jun

Amazon | David Bowie | Scary Monsters 通販

David BowieのScary Monstersがお買い得。お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。アマゾン配送商品は通常配送無料(一部除く)。
CMで使われた楽曲「Crystal Japan」をボーナス・トラックに収録

2)Boy George

「東方に、宝あり。」 TAKARA CANチューハイ純(1986年)

 当時、カルチャー・クラブのヴォーカリストとして、「カーマは気まぐれ」をはじめとしたヒット曲を連発していたボーイ・ジョージ。たいへんな親日家としても知られ、レコードのジャケットや、プロモーション・ビデオでも、日本語や漢字を用いることがしばしばあり、そういう意味では、日本のCMに出演するのも、自然な流れだったのかもしれません。
 この西遊記をモチーフにしたCMで、彼は三蔵法師に扮しているわけですが、テレビドラマの西遊記で夏目雅子のイメージが強かったこともあり、その中性的なキャラクターが見事にハマってますね~。
 オンエアされて間もなく、ボーイ・ジョージは麻薬で逮捕されてしまったため、このCMはわずか2か月しか放送されなかったという不運もありますが、そんな短い期間でも、記憶に残ってるものですね・・・

TAKARA CANチューハイ 純 CM 80年代

Amazon.co.jp: CMソング : 80s CMソング・コレクション - ミュージック

[80s CMソング・コレクション] CMソング - CD・レコードの購入はオンライン通販アマゾン公式サイトで。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。
CMで使われた楽曲「恋のファイアーボーイ/ボーイ・ジョージ」を収録

3)Sheena Easton

「日、出ヅル国ノ宝物。」 宝焼酎純(1984年)

 「モダン・ガール」や「モーニング・トレイン」など、ヒット曲を多数放っていたシーナ・イーストンも、日本のCMに出てました!
 好評だったのか、2種類(それぞれ違う楽曲)のCMが撮られましたが、何と言っても着物を来て歌う姿が印象的な、楽曲「ストラット」ヴァージョンが美しかった!
 このCM以降は、あまりヒット曲に恵まれなくなった彼女ですが(良い作品はあったものの、売れなかった・・・)、このCMまでは全盛期だったと言えますね~

宝焼酎 純 CM

宝焼酎CM シーナ・イーストン

Amazon | Sheena Easton | Private Heaven 通販

Sheena EastonのPrivate Heavenがお買い得。お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。アマゾン配送商品は通常配送無料(一部除く)。
CMで使われた楽曲「Hungry Eyes」「Strut」を収録

4)Duran Duran

「キャッ!と驚く軽さです。」 サントリーQ(1983~1984年)

 いわゆる“ニュー・ロマンティック”ブームに乗って、日本でも爆発的な人気を獲得していたデュラン・デュラン。MTV全盛期ということもあり、そのヴィジュアルの良さを前面に押し出したPVなどでも人気が高かっただけに、きっとカッコイイ映像を使うんだろうな!と思いきや・・・2種類のCMが撮られてますが、どちらもやたらと顔がデカすぎじゃないですか(笑)!
 ライトかつスムースな口当たりを売りに、新世代向けのカジュアルなウイスキーとして発売された「Q」のCMだけに、コミカルな演出で若者ウケを狙ったのでしょうか・・・?
 特に、楽曲「ザ・リフレックス」を使ったヴァージョンでの2等身デュラン・デュランは、今見ても強烈ですね!

Duran Duran - Japanese Funny CM (Suntory Whisky Q)

53 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

懐かしさで涙が出そう・・・「FM STATION」のカセットレーベル集めてみたよ!

懐かしさで涙が出そう・・・「FM STATION」のカセットレーベル集めてみたよ!

カセットテープに使っていたカセットレーベル!今回は「FM STATION」のカセットレーベル集めてみたよ!
うーくん | 116,580 view
80年代懐かしの12インチ・シングル!ジェリー・ビーン・リミックス!

80年代懐かしの12インチ・シングル!ジェリー・ビーン・リミックス!

80年代、ちょうどスターダムを駆け上っていた時期のマドンナの恋人が、このジェリー・ビーン!DJやプロデューサーとしても活躍してましたが、彼の名を一躍有名にしたのが、数多くのリミックス作品でした。当時流行っていた12インチ・シングルというフォーマットで、ジェリー・ビーンが手掛けた名リミックスの数々をご紹介します。
Gaffa | 2,733 view
みんなが憧れた80's洋楽の華、ニュー・ロマンティックとは?

みんなが憧れた80's洋楽の華、ニュー・ロマンティックとは?

80年代、MTVの登場により、華やかなヴィジュアルでファンを魅了するアーティストが多数生まれました。中でも、ロンドン発のニュー・ロマンティックと呼ばれるムーヴメントからは、デュラン・デュランをはじめ、派手な衣装やヘアースタイル、メイク、を施した、まるで少女漫画に登場する王子様のようなスターも続々と登場。今回は、そんなニュー・ロマンティックのスターたちをご紹介します!
Gaffa | 9,297 view
デヴィッド・ボウイが1978年から1982年の間にレコーディングした3作品が輸入盤でリリース決定!!

デヴィッド・ボウイが1978年から1982年の間にレコーディングした3作品が輸入盤でリリース決定!!

デヴィッド・ボウイが1978年から1982年の間にレコーディングしていたライヴ音源やスタジオ音源を収録した3作品『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト(ライヴ・ロンドン‘78)』『クリスチーネ・F~麻薬と売春の日々~』『デヴィッド・ボウイ・イン・ベルトルト・ブレヒトズ・バール』が、6月29日にリリースされることが明らかとなりました。
隣人速報 | 266 view
70年代後半、デヴィッド・ボウイが霊媒師に死期を予言されていた?元キーボーディストの証言が話題に!

70年代後半、デヴィッド・ボウイが霊媒師に死期を予言されていた?元キーボーディストの証言が話題に!

「デヴィッド・ボウイは70年代の時点で既に自分の死期を知っていた――」長年キーボーディストとしてデヴィッド・ボウイの作品に関わってきたマイク・ガーソンが、2018年5月に改訂版が出版される自身の伝記にて語っていることが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,103 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト