手違いで孤児院からやってきた、アン・シャーリーのアボンリーでの日々を描いた映画「赤毛のアン」
2017年1月26日 更新

手違いで孤児院からやってきた、アン・シャーリーのアボンリーでの日々を描いた映画「赤毛のアン」

誰もが一度は聞いたことがあるルーシー・モード・モンゴメリの「赤毛のアン」。マシューとマリラ兄妹の住む、グリーンゲーブルズにやってきたのは、希望していた男の子ではなく、想像力いっぱいの女の子でした。カスバート家に引き取られたアンの、日々の暮らしを描いた映画「赤毛のアン」を振り返ります。

3,618 view

映画「赤毛のアン」とは

『赤毛のアン』(あかげのアン、Anne of Green Gables)は、1985年のカナダ/アメリカ合衆国のドラマテレビ映画。ミーガン・フォローズ、コリーン・デューハースト、リチャード・ファーンズワース出演。L・M・モンゴメリによる『赤毛のアン』が原作である。イラン、イスラエル、ヨーロッパ、日本では劇場公開された。製作国のカナダでは1985年12月1日に前後編に分けてCBCで放送され、アメリカ合衆国では1986年2月17日にPBSでWonderWorksシリーズの一つとして放送された。
今もなお読み継がれているL・M・モンゴメリの名作が原作です。

映画「赤毛のアン」のあらすじ

ハモンド家からプリンスエドワード島へ

孤児院からハモンド家に引き取られたアン・シャーリーは、3組の双子の世話や家事の手伝いなどでこき使われていましたが、ハモンド氏の突然の死によって、再び孤児院に戻されてしまいます。
孤児院の院長から、新たな引き取り先が決まったと知らされ、希望を胸にプリンスエドワード島の駅で、マシュー・カスバートが迎えに来るのを待っていました。
マシューと初めて対面するアン

マシューと初めて対面するアン

マシューの迎えを待つ間、お得意の想像力を働かせて期待に胸を膨らませていたアンでしたが、男の子と思っていたマシューは戸惑ってしまいます。

アンの期待と絶望

駅から自宅グリーンゲイブルズへの帰り道、夢と希望を語りつづけるアンに、マシューは男の子が欲しかったとは言い出せませんでした。手違いに戸惑いながらも、アンのおしゃべり楽しさを感じたマシューは、アンを気に入ってしまいます。
高齢のため体力の衰えたマシューを手伝う男の子を引き取るはずだったために、女の子を連れてきたマシューに、妹のマリラは驚き、アンを孤児院に戻すと話します。
欲しかったのは男の子だったと聞かされ、ショックを受けるアン

欲しかったのは男の子だったと聞かされ、ショックを受けるアン

美しいと言われるプリンスエドワード島で暮らす夢がかなったと、大喜びだったアンは、自分が来たのは手違いだったと知り、ショックを受けます。

アンを連れ帰るマリラ

マリラは、子供を引き取る仲介をしてくれたスペンサー夫人のもとを訪ね、アンを孤児院へ帰すように伝えますが、ちょうど使用人として女の子を希望していたブルウェット夫人を紹介されます。ブルウェット夫人のアンに対する態度を見たマリラは、アンを家に連れ帰ってしまいます。
アンを孤児院へ帰そうとするマリラと、説得しようとするマシュー

アンを孤児院へ帰そうとするマリラと、説得しようとするマシュー

マシューの説得を聞かないマリラでしたが、孤児のことを奴隷のように扱うブルウェット夫人を見て、アンを渡すことをやめてしまいます。

グリーンゲイブルズのアン

お試し期間としてカスバート家に引き取られたアンですが、孤児を引き取ることに反対していた、マリラの友人のレイチェル・リンド夫人に「痩せてそばかすで、赤毛」と言われて癇癪をおこし、レイチェルを怒らせてしまいます。マシューに説得されて謝罪したことで、レイチェルに受け入れてもらえたアンは、パーティで同い年のダイアナと出会い、仲よくなります。ダイアナと一緒に通うことになった学校での初日、赤毛のことを「にんじん」とからかわれたアンは再び癇癪をおこし、からかったギルバートの頭を石版で殴ってしまいます。
アンの赤毛を「にんじん」とからかうギルバート

アンの赤毛を「にんじん」とからかうギルバート

アンのことが気になるギルバートは、赤毛をからかうことで気を引こうとしますが、赤毛が一番の悩みであるアンにとっては、耐え難い侮辱でした。
出典 ameblo.jp

ダイアナとの日々

グリーンゲイブルスでのアンの生活は、ギルバートのことを除けば、夢のような日々でした。信心深いマリラは、アンの虚栄心をたしなめますが、ダイアナという親友と学校にも通えて、勉強ができる喜びでいっぱいでした。ダイアナをお茶に招待したアンは、イチゴ水と間違えてワインを飲ませてしまい、ダイアナの母親から、ダイアナとの付き合いを禁止されてしまいます。お互いにつらい日々を過ごしますが、両親の留守中にダイアナの妹の喉頭炎の看病をして命を助け、許されてふたたび2人で過ごすことができるようになります。
ダンスパーティに出かけたアンとダイアナ

ダンスパーティに出かけたアンとダイアナ

女性へのプレゼントなどしたことの無いマシューが買ってくれた、念願のパフスリーブのドレスを着て、ダイアナと共にクリスマスのダンスパーティに出かけ、ダイアナの家に泊まることを許されます。
出典 ameblo.jp

ステイシー先生との出会い

ダイアナとの交際を禁じられていたころ、アンの通う学校には新しい先生が赴任してきました。ミュリエル・ステイシーという女教師は、教育熱心で女生徒にも進学をすすめ、放課後には受験のための特別授業も行います。ステイシー先生に、アンを進学させたいと伝えられたマリラは、女性も自立すべきだと意気投合し、アンはクイーン学院に進学することになります。ギルバートと同点の首席で合格したアンは、病院のチャリティーコンサートで、詩の朗読をすることになります。
53 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

☆女子たちみんなが憧れた!ポップでキラキラしていた一昔前のコスメたち☆

☆女子たちみんなが憧れた!ポップでキラキラしていた一昔前のコスメたち☆

最近は、ナチュラルでヌーディーなメイクが主流となっていて、アイシャドウはブラウン系を使用している人が多いですね。昔は、例えばブルーやグリーンなどのカラフルなアイシャドウをしている人をよく見ましたが、最近は普段使いしている人はあまり見なくなりました。パッケージもチープで可愛いものが多くて、女子中学生から女子大生まで、みんなが虜になりました。ラメを多用していたり、パーリーなものが多かったです。そんな一昔前のコスメをご紹介します☆
おにいちゃん | 3,449 view
おもちゃなのにちゃんと家事ができちゃう!「ファーストママ」シリーズ

おもちゃなのにちゃんと家事ができちゃう!「ファーストママ」シリーズ

ファーストママシリーズは、かつて存在したツクダオリジナルという日本の玩具メーカーから販売されていた女児向けのおもちゃシリーズです。
おにいちゃん | 5,551 view
思わず叫んだ!?引いた!?男性から貰った、超絶プレゼントとは?

思わず叫んだ!?引いた!?男性から貰った、超絶プレゼントとは?

会ったばかりなのに「高級時計」をもらってビックリ!とか、とりあえず喜んだ振りしたけど、ぶっちゃけ萎えた。。。など、男性から貰ったプレゼントについて語るスレッドです。
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 1,601 view

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ブキミが気持ちいい!」。マニア向けだったシューティングゲーム『バラデューク』!

「ブキミが気持ちいい!」。マニア向けだったシューティングゲーム『バラデューク』!

『バラデューク』は、1985年7月にナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)から発売されたアーケードゲームです。そのブキミなグラフィックスは、当時のゲームセンターで異彩を放っていました。難易度も高く、ハードな内容はマニア向けだったと言えるでしょう。そんな特異なシューティングゲームをご紹介します。
こういち | 1,857 view
成田美名子のマンガ『CIPHER』と『ALEXANDRITE』から響く「どんな問題だって生きてさえいればいつか解決するんだ」というメッセージ

成田美名子のマンガ『CIPHER』と『ALEXANDRITE』から響く「どんな問題だって生きてさえいればいつか解決するんだ」というメッセージ

17歳でデビューした少女マンガ家、成田美名子。その絵の美しさで評価が高い彼女ですが、物語に込められたメッセージ性も大きな魅力だと思います。作品の中から1985年連載開始の『CIPHER(サイファ)』、スピンオフの『ALEXANDRITE(アレクサンドライト)』を紹介します。
こういち | 314 view
ルパン・シリーズ第3作目!『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』(1985年)の特徴や魅力に迫る!~おすすめの見せどころまで大公開!~

ルパン・シリーズ第3作目!『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』(1985年)の特徴や魅力に迫る!~おすすめの見せどころまで大公開!~

1985年、劇場公開作向け映画第3作目にあたる本作は、ちょうど夏休み前の企画映画によって子ども・大人に十分楽しまれるような脚色が盛り込まれました。「ルパンの声役はやっぱり山田康雄!」という声が現代でも多いですが、本作はまさにその山田・ルパン本家の魅力が満載しています! 今回は本作『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』に彩られた〝壮絶なロマンと演出と構成〟をはじめ、「ここはぜひチェックしておきたい!」という場面を徹底的にご紹介していきます。ぜひ最後までおつき合い下さい!
天川裕司 | 1,034 view
1980年代【「250万乙女」がトキメいた!】 『星の瞳のシルエット』、30年の時を経て完結!!

1980年代【「250万乙女」がトキメいた!】 『星の瞳のシルエット』、30年の時を経て完結!!

1985年~89年、りぼんに連載されていた『星の瞳のシルエット』。友情と恋愛をテーマに、魅力的なキャラクターや小道具が大人気になり大ブームになりました!どんな作品だったか振り返ってみましょう。
ぶちうに | 1,013 view
バラドルとしても活躍した『森下恵理』ハーフっぽい顔立ちが印象的!

バラドルとしても活躍した『森下恵理』ハーフっぽい顔立ちが印象的!

1985年にアイドル歌手としてデビューした森下恵理さん。ハーフっぽい顔立ちが印象的なアイドルでした。バラドルとしても活躍し、バラエティ番組でアシスタントや司会を務めていましたよね。そんな彼女のアイドル時代から現在までをまとめてみました。
ガチャまま | 2,168 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト