岡村隆史主演で話題に!1999年の香港映画『無問題』
2017年9月3日 更新

岡村隆史主演で話題に!1999年の香港映画『無問題』

1999年に公開された、ナインティナイン・岡村隆史の初主演映画『無問題』。「もーまんたい」という中国語を、日本で一般化させるのに一役買った同作は、岡村の運動神経を活かせるアクションものであると同時に、異色のラブストーリーでもありました。

1,291 view

映画俳優としての顔も持ち合わせているナイナイの岡村

ナインティナインの岡村は、映画俳優の顔も持ち合わせる芸人として知られています。デビュー作は、雨上がり決死隊やFUJIWARAなど、吉本印天然素材のメンバーが主要キャストをつとめた1995年の映画『ごんたくれ』。同年12月には、中谷美紀の初主演作『BeRLiN』(ベルリン)へ出演したりもしています。
ごんたくれ

ごんたくれ

1995年4月28日公開
もっとも、彼の俳優としての名声を一躍世に知らしめた作品といえば、翌1996年に公開された映画『岸和田少年愚連隊』でしょう。井筒和幸が監督をつとめた同作は、ケンカに明け暮れる少年たちの青春を描いた群像劇として評判を呼び、その年のブルーリボン作品賞に選ばれ、ナインティナインもブルーリボン新人賞を受賞しました。
岸和田少年愚連隊

岸和田少年愚連隊

1996年公開

岡村が香港映画に主演するという触れ込みで、当時大いに話題を呼んだ『無問題』

「ブルーリボン新人賞受賞俳優」の称号を得た岡村でしたが、受賞して数年間は、とくだん俳優としての活動に積極的というわけではありませんでした。当時といえば、ナインティナインのレギュラー番組が次々と放送開始されていた時期。そんなタイミングに本業のお笑いと並行して、俳優業もこなしていけるほど、器用な男でもないのでしょう。

しかし、香港映画ファンであり、ジャッキー・チェンファンでもある彼にとって、アクション映画『無問題』のオファーにはよほど心動かされたのか、出演を快諾します。

吉本興業の関連会社『イエス・ビジョンズ』と『日本テレビ放送網』主導で製作された、ほぼメイド・イン・ジャパンの作品ながら、当時人気絶頂の岡村が香港映画に主演するということで、大いに話題を呼んだものです。
無問題(モウマンタイ)

無問題(モウマンタイ)

1999年公開

岡村扮するスタントマン志望の男が活躍するアクションコメディ

物語のあらすじはざっとこんな感じです。

冴えないチビ男・川口大二郎(岡村)は、無類の香港映画好き。彼が唯一他人に誇れるもの…。それは美しい恋人・玲子(佐藤康恵)だけでした。しかし、その玲子がある日突然、大二郎のもとを去っていきます。理由は、香港にあるジャッキー・チェンの事務所で受付嬢になるためです。

続、ウルフェス🎵 #ウルフェス #2017 #佐藤康恵 #yasuesato #actress #model #mama #smile #西条凪

A post shared by Yasue Sato (@yasue.sato.90) on

玲子を演じた佐藤康恵

何としてでも玲子とのよりを戻したい大二郎は、一路香港へ。現地では、友人のスタントマン・阿部(吉田親彦)の協力を得て、アパートを借りることに成功。また、仕事にありつくために、阿部が働く撮影スタジオへ同行。そこでまともに広東語を話せない大二郎は、阿部からこうアドバイスされます。「ここでは何を言われても、“モウマンタイ”と答えるように」と。
リュウチンを演じたジェシカ・ソン

リュウチンを演じたジェシカ・ソン

働き始めてしばらく経ったある日のこと。大二郎は撮影スタジオで、たまたま玲子と再会。しかし、「新しい生活がしたい」と気にも留めてくれません。一途な大二郎は彼女を振り向かせようと奮起し、いっそうスタントの仕事に注力していくのでした。

そんな折、大二郎の住む部屋へ、一人の女が侵入してきます。女の名前はリュウチン(ジェシカ・ソン)。彼女は四川からの密入国者であり、失踪した恋人・ハンを追ってやってきたのでした。自分と境遇が似ているリュウチンに大二郎は同情。仕事の合間にハンを探すと約束するのですが、果たして…。

サモ・ハン・キンポーも本人役で出演

このように岡村以外のキャストは、当時日本であまり知名度がない役者ばかりでした。唯一のスターといえば、 サモ・ハン・キンポーくらいなものでしょう。

サモ・ハンの出演は既定路線ではなく、「もし出てくれたらラッキー」くらい思われていたようです。香港では“ビッグボス”と呼ばれる彼の威光は尋常ではなかったらしく、撮影スタジオに現れたとたん、一気に現場がピリついたとのこと。自身が出演するシーンの内容・撮影方法なども、すべてサモ・ハンがスタッフへああしろこうしろと指示を出し、すぐに撮影を終えて、帰っていったといいます。
サモハンキンポー

サモハンキンポー

「燃えよデブゴン 豚だカップル拳」より

挿入歌は岡村が歌うあのカバー曲

ちなみに本作の挿入歌は、岡村が歌うH2Oのカバー曲『想い出がいっぱい』でした。当時、相方の矢部が歌う『HOWEVER』と共に、よく、『ナインティナインのオールナイトニッポン』でかかっていたものです。

【岡村隆史】岡村さん復帰おめでとう!!【画像集】

23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『スカイ・ハイ』コミカライズ版は映画の迫力を見事に再現!高層ビルにハング・ライダーアタック!

『スカイ・ハイ』コミカライズ版は映画の迫力を見事に再現!高層ビルにハング・ライダーアタック!

以前紹介した『片腕ドラゴン』の主演スター、ジミー・ウォング。カンフー映画ブームが日本から去った1976年に公開された、彼の刑事アクション映画の傑作が今回取り上げるこの『スカイ・ハイ』だ!その『スカイ・ハイ』のコミカライズ版をご紹介します!
滝口アキラ | 641 view
ジャッキーの代表作「プロジェクトA」にコミカライズ版が存在した!果たして、気になるその内容とは?

ジャッキーの代表作「プロジェクトA」にコミカライズ版が存在した!果たして、気になるその内容とは?

日曜洋画劇場で時計台から落ちるジャッキー・チェンを見て、アクション俳優に憧れた小学生時代。あれはまだ、香港返還前のイギリス領地時代。そんな香港映画ブームを起こすきっかけとなった名作「プロジェクトA」のなんとコミカライズ版をご紹介!
滝口アキラ | 1,941 view
「ドラゴンへの道」日本劇場公開版ソフト発売記念!皆がマネした、ダブルヌンチャク!初公開当時の熱狂振りを検証する!

「ドラゴンへの道」日本劇場公開版ソフト発売記念!皆がマネした、ダブルヌンチャク!初公開当時の熱狂振りを検証する!

今から42年前の1975年1月25日、それは世のドラゴン野朗にとって忘れてはならない特別な日!そう、あの永遠の名作にして男のバイブル、「ドラゴンへの道」が日本で初公開された記念すべき日だ。
滝口アキラ | 6,596 view
これぞトリックなし本物アクションの醍醐味!『サンダーアーム』

これぞトリックなし本物アクションの醍醐味!『サンダーアーム』

派手なアクションを3Dや4Dで楽しむようになった最近の映画。CGやSFXの技術もすごいけど。ワイヤーアクションもかっこいいけれど。やっぱり本物のアクションだと思えるのはコレです。
かけつけ3杯 | 5,850 view
「ちょっと待った!」が楽しみで毎週見ていた【ねるとん紅鯨団】

「ちょっと待った!」が楽しみで毎週見ていた【ねるとん紅鯨団】

土曜深夜の名物番組だった『ねるとん紅鯨団』。司会は人気絶頂期のとんねるず。バブル期を象徴する人気バラエティ番組で、タイトルの「ねるとん」は、集団見合パーティーの代名詞にもなりました。
鼻から牛乳 | 145,188 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト