【職歴で見る】おしん【転職クイーン!】
2016年4月6日 更新

【職歴で見る】おしん【転職クイーン!】

おしんと言えば「辛抱」ですが、実際は仕事に取り組む根性は人一倍あるものの、ブラック企業や先の望みの薄い仕事にしがみつく気性ではありません。実際は状況を見極めて転職を繰り返し、どんどん新しい活躍の場に適応する転職クイーンなのです。雇用が流動化した今の時代でこそ見返したいドラマです。

6,688 view

初めての奉公

家事手伝い ▶︎ 初めての子守奉公

家事手伝い ▶︎ 初めての子守奉公

小学校入学を心待ちにしていたおしんであったが、口減らしのため進学を諦めて材木問屋に子守として奉公に出ることになる。

実家で赤ん坊の世話は慣れていたはずであったが、他人の釜の飯を食うということはやはり勝手が違う、辛いことの連続であった。
ここまでで身につけた技能・・・・・子守、掃除、洗濯、大根飯の調理
中途退職 ▶︎ マタギの手伝い

中途退職 ▶︎ マタギの手伝い

奉公先でふとしたことから窃盗の疑いをかけられ、家に逃げ帰ろうとして雪山で遭難。

おしんが雇用期間を満了せずに逃亡したため実家には材木商の使いが現れ前借り賃金として受け取っていた米などを回収していく。

おしん自身はいわくありげなマタギの男に助けられ読み書きと算数を教わるが、実は男は逃亡中の脱走兵で見つかっておしんの目の前で射殺される。
潜伏生活中に身につけた技能・・・・・ひらがなの読み書き、数をがぞえる、足し算、
                  引き算、九九、ハーモニカ演奏、
                  詩の暗唱(「君死にたもう事なかれ」与謝野晶子)

再び家事手伝い(再就職活動難航)

重罪犯(脱走兵)と山に潜伏していたということで、おしんは「札付き」の存在になり近隣での再就職活動に難航する。

2度目の奉公

子守奉公 ▶︎ お嬢様のお相手

子守奉公 ▶︎ お嬢様のお相手

ようやく子守奉公の口を見つけたおしんであったが、前回の家とは格式の違う家(加賀屋)での子守に戸惑う。
赤ん坊のおしめを洗うのにも前回の家では「汚れ物は井戸ではなく川で洗え」だったのに、今回の家では「お嬢様の身に付けるものを川で洗うなどとんでもない井戸水で洗え」なのだ。

そんな折、ふとしたことから、おしんと歳の近い長女の危難を救い、一気に信頼されるよになり、お嬢様のお相手役という役割が加わることに。
女中頭 兼 社長秘書に出世

女中頭 兼 社長秘書に出世

学校は行けずじまいではあったが、お嬢様のお勉強などのお相手を務めることで様々な技能、教養を身につけたおしんは年頃になり、奥の仕切りを一身に任されるのみならず、店の商売のこまごまとしたことでも周囲の信頼を集める存在となっていた。
加賀屋で身につけた技能・・・読み書き、算盤、帳簿付け、文書作成、書道、着物の仕立て
              茶の湯、生け花、フォーマルな料理、礼儀作法など

また実家に戻る

勧められた結婚話を断ったおしんは実家に戻る。

そこに製糸工場勤で体を壊した姉が戻る。
姉は髪結いになることを夢見ていたがおしんに夢を託して亡くなる。

姉の療養にかかった費用のため兄はおしんを女郎として売ることに決め勝手に契約を結ぶ。
母親がおしんを逃すが、契約不履行となったため家に女衒が契約金を取り返しにきて大変なことになる。

髪結い修行

押しかけの髪結い見習いに

押しかけの髪結い見習いに

上京し姉が師事したいと望んでいた髪結いの師匠のところで押しかけ見習いとなったおしんであったが、当時の髪結いは幼いうちから何年も殆どただ働きで住み込んで炊事洗濯掃除などで仕えた末にやっと髪結いを仕込み始めてもらい、またそこから何年も掛けて一通りの技術を身につけさせてもらい、更にその後何年もお礼奉公をして漸く独立が許されるというものであった。

嫁入りするような歳のおしんが髪結いになりたいなどということは全くもって図々しい限りの申し出で、長い辛抱を重ねてきた先輩らはおしんがどんどん自分から仕事を覚えて年下の先輩たちを追い抜いていくのを苦々しく思うのだった。
洋髪の腕と営業力で売れっ子髪結いに!

洋髪の腕と営業力で売れっ子髪結いに!

持ち前の飲み込みの良さと根性で技術を身につけるが、年季も終えないおしんが1人前の顔をした髪結いとなることに対する先輩たちの反発は大きかった。

おしんの技量と人柄に入れ込んだ師匠は「教えた日本髪」ではなく「おしんが自分で工夫した洋髪」で一本立ちさせることで周囲の不満を押さえ込む。

おしんはカフェの女給たちを相手に洋髪の出髪で稼ぐ傍ら、恋文の代筆などをして女給たちの支持を集めていく。
髪結い修行で身につけた技能・・・・・日本髪及び洋髪の結髪、標準語、営業力、代筆

結婚

田倉竜三は何人ものカフェーの女給達から同じ筆跡の恋文をもらい、教養が感じられる文面から代筆の書き手であるおしんに興味を持ち知り合う。

おしんは父親に居所を知られて多額の仕送りを迫られる。
無理がたたって倒れたところを助けてくれた竜三と結婚する。

最初は反対していた田倉商店番頭の「源じい」はおしんの人柄に心酔して竜三の両親へ結婚の取りなしの手紙をしたためてくれる。
そして源じいの手紙に心を動かされた竜三の父が上京する。
「おしんさん。源右衛門は、どぎゃんあんたのことば褒めてよこしたか。心の優しか娘さんで、こまか時から苦労ばしとって、思いやりのあるよう気の利いた人じゃってねぇ。そん上料理は上手か、筆ば立つ、それどころか竜三もかなわん商売の腕ば持っとるっちゅうてのう。またおなごの行儀作法、たしなみもちゃあんと仕込まれとる。ことに茶の湯の腕は大したもんってたい。源右衛門は昔、オイと一緒に茶の湯を習うたことがあるばい。この男はオイよりもうんとその道ば究めた男たい。その源右衛門が褒めっとじゃけん、これは間違いはなか。ただあんまり褒めっとじゃけん、お清は竜三に鼻薬ばきかされて肩ば持っとっとじゃなかろうかて」
55 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【「有吉反省会」出演】海外では国賓扱いも…国民的ドラマ「おしん」を演じた小林綾子は今!

【「有吉反省会」出演】海外では国賓扱いも…国民的ドラマ「おしん」を演じた小林綾子は今!

1983年、NHK朝連続テレビ小説『おしん』で国民的な人気を博した小林綾子。成人してからもドラマや舞台に活躍している小林。『おしん』が海外でもヒットしたことで国によっては国賓級の待遇を受けることもあるという彼女が今夜「有吉反省会」に出演する。今改めて小林のこれまでを振り返る。
またお | 17,295 view
マイルドウォッカをロックでちょう~~だい!!80年代「樹氷」流行りました。

マイルドウォッカをロックでちょう~~だい!!80年代「樹氷」流行りました。

樹氷~~1980年代のニュースピリッツならびに酎ハイブームを築いた商品、サントリーの樹氷、現在も親しまれつづけているロング商品で、特に80年代はお洒落なキャッチコピーで話題になりました。
ギャング | 568 view
「脱がせ屋」の異名をとる東陽一監督の、女性の美と性を美しく描き切った80年代までの名作

「脱がせ屋」の異名をとる東陽一監督の、女性の美と性を美しく描き切った80年代までの名作

森下愛子、関根恵子、田中裕子に黒木瞳。大原麗子までをも手に掛けようとした(オイオイ)東陽一監督。脱がせ屋の異名は伊達ではありません。しかも、ただ脱がせるだけではなく、エロいのに品があるという作風がたまりません。一世を風靡した女性の美と性を美しく描いた80年代までの名作がこれです。
obladioblada | 12,894 view
堺正章、明石家さんま、鹿賀丈史、田中裕子、渥美清――1980年の名作ドラマ「天皇の料理番」がBS12で再放送!

堺正章、明石家さんま、鹿賀丈史、田中裕子、渥美清――1980年の名作ドラマ「天皇の料理番」がBS12で再放送!

全国無料放送のBS12トゥエルビは、8月27日20時から「天皇の料理番」を放送を開始します。堺正章、明石家さんま、鹿賀丈史主演の名作ドラマ、若かりし彼らの活躍と独特のドキュメンタリー・ドラマが再び!
ニュースFレン | 3,890 view
中村雅俊が歌うミリオンヒット「俺たちの旅」尾崎紀世彦もカバーした名曲!同名ドラマは各年代でシリーズ化!

中村雅俊が歌うミリオンヒット「俺たちの旅」尾崎紀世彦もカバーした名曲!同名ドラマは各年代でシリーズ化!

1975年に放送されたドラマ『俺たちの旅』のタイアップになったこの曲は、名曲として他のアーティストにもカバーされています。中村雅俊さんだけではなく、ドラマやカバーについても触れたいと思います。
つきねこ | 620 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト