2017年11月3日 更新

大女優ヌードシーン(濡れ場)が見られる映画特集!

いつの時代も男性諸氏の目をくぎ付けにしてやまない、美しき女優たちのラブシーン。時に大胆に、時に凄艶に、その肢体を露わにする彼女たちのお宝映像は、どれだけ時代が流れても、決して色あることはありません。今回は、80年代~90年代に公開された映画に登場する有名女優の濡れ場を特集していきます。

62,980 view

樋口可南子‐北斎漫画(1981年)

樋口可南子といえば、今やすっかり「ソフトバンクのお母さん」のイメージ。しかし、30年以上前はヌード・濡れ場も厭わない若手の本格派女優として活躍していました。1981年の映画『北斎漫画』では、裸体にタコを乗せられるという、珍妙なエロシーンも演じています。
映画チラシ:北斎漫画(1981年公開)

映画チラシ:北斎漫画(1981年公開)

こうした過激な濡れ場を演じることに関して、とある番組の対談企画で「こういう姿を見られて恥ずかしくないんですか?」と質問されたところ、樋口は「裸になるというのは素の自分を晒すというのとは全然別の次元のことで、女優をやってて恥ずかしいと思う瞬間はもっと別のところにある」と返したといいます。ちなみにこの質問をしたのは、コピーライターの糸井重里。この収録からほどなくして、2人は10年にも及ぶ不倫関係となり、やがて結婚するに至るのでした。
タコと女性が絡んでいる浮世絵を使ったパッケージ

タコと女性が絡んでいる浮世絵を使ったパッケージ

夏目雅子‐鬼龍院花子の生涯(1982年)

マチャアキ版『西遊記』の三蔵法師役で一世を風靡した夏目雅子。清純派としてのイメージの強い彼女ですが、24歳の時に濡れ場も演じています。その肢体を披露した作品は、宮尾登美子の同名小説を映画化した『鬼龍院花子の生涯』です。

鬼龍院花子の生涯(予告編)

当初ヌードシーンにはスタントを立てる予定だったものの、夏目本人が「この映画では他の女優さんも脱いでいるのだから、私も脱いで演技します」と志願。所属事務所は清純派のイメージを崩してはなるまいと猛反対したものの、説得に説得を重ねて実現したのだとか。結果として、夏目はこの映画でブルーリボン賞を獲得。演技派女優としての脱皮が期待されていたのですが、その3年後、27歳にして夭折してしまうのでした。
鬼龍院花子の生涯 (1982)

鬼龍院花子の生涯 (1982)

松坂慶子‐道頓堀川(1982年)

当時29~30歳。女盛りの松坂慶子の相手役をつとめたのは、まだデビューしたばかりの20代前半の真田広之でした。
道頓堀川

道頓堀川

松坂は小料理屋のママ、真田は貧乏な美大生役でひょんなことから出会い、やがて結ばれます。当時、イイ女の代表格だった松坂慶子とガッツリラブシーンを演じ、乳房にまでしっかりと吸い付いていた真田に対して、世の男性たちが羨望の眼差しを向けまくっていたのは言うまでもありません。

道頓堀川(予告)

田中裕子‐天城越え(1983年)

松本清張の短編小説を映画化したこちらの作品。当時27歳だった田中裕子は、男を惑わす色香と過去に仕事仲間へ傷害沙汰を働くほどの血の気を併せ持つ、物語のキーマンとなる妖艶な女性役を熱演します。
天城越え

天城越え

同作において、刑事からの尋問を受けて失禁するシーンでは「自前でやります」と平然と言い切った田中にとり、濡れ場程度ならお茶の子さいさいだったことでしょう。野外でくみしだかれる濡れ場も難なくこなしています。
ちなみに、この体当たりな演技は国内外で高く評価され、田中は同年の日本アカデミー賞主演女優賞、ブルーリボン賞主演女優賞、モントリオール世界映画祭主演女優、アジア太平洋映画祭主演女優賞など、さまざまな賞を受賞しました。

天城越え 予告編

かたせ梨乃‐極道の妻たち(1986年)

類まれなるプロポーションから「肉体派女優」として呼ばれていたかつてのかたせ梨乃。当時テレビを中心に活躍していた彼女に『極道の妻たち』のオファーが来たのは、「ヤクザ好みの女」だと判断されたからでした。
極道の妻たち

極道の妻たち

その期待に応えるかのように、同作ではミュージシャン・世良公則と濃厚な濡れ場を熱演。ダイナマイトボディが、ヤクザ役の世良に好き放題される様を、世の男性諸氏は固唾をのんで見守ったのです。

極道の妻たち(予告編)

なお、最初はお色気担当としの見なされることの多かったかたせですが、人気シリーズとなった極妻への出演を重ねるうちに女優として成長。最終的には、主演の岩下志麻と肩を並べるほどの存在感を示すまでになったのでした。
極道の妻たち 最後の戦い

極道の妻たち 最後の戦い

パッケージやポスターなどでも肩を並べるほどに

大竹しのぶ‐死んでもいい(1992年)

1973年のデビュー以来、“憑依型女優”として、数々の映画・ドラマに出演してきた大竹しのぶ。1992年はちょうど明石家さんまと離婚した年でもあり、いろいろと吹っ切れたのでしょう。21歳の時に公開された映画『事件』以来、実に14年ぶりのヌードシーンを演じます。相手役をつとめたのは、永瀬正敏でした。
死んでもいい

死んでもいい

富田靖子‐南京の基督(1995年)

芥川龍之介が1920年に上梓した同名の短編小説を、アミューズと香港のゴールデン・ハーベストが提携して映画化した本作。富田靖子は中国人の娼婦「宋金花」役を演じ、大胆なヘアヌード姿を披露します。当時といえば、深津絵里や奥山佳恵といった同じアミューズの若い後輩タレントたちが台頭していた時期。そうした背景もあって、富田は大幅なイメージチェンジを図ったのでした。
南京の基督

南京の基督

黒木瞳‐失楽園(1997年)

1997年に単行本化された渡辺淳一の恋愛小説『失楽園』は、発行部数260万部を超える大ベストセラーを記録し、一大ブームとなりました。その結果、制作されたのがこの映画版です。
失楽園

失楽園

当時既に人妻かつ36歳でありながら、主演の役所広司と共に大胆な濡れ場を演じた黒木には大きな賞賛が寄せられたものです。が、一部では、星野真里と並んで「ガッカリおっぱい」の代表格として見なされるなど手厳しい意見も。
(こじへい)
38 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 2017/11/20 18:11

    濡れ場の意味、私も知りたいです!
    詳しい方よろしくお願いします!

    2017/11/20 18:11

    「ひとひらの雪」の秋吉久美子さんは、お世話になりました。

    濡れ手に泡 2017/11/20 16:11

    「濡れ場」の由来って何ですか?

    すべてのコメントを見る (3)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

あなたにおすすめ

   

関連する記事こんな記事も人気です♪

【30日間無料】Amazonプライム会員なら無料で見れる有名女優のエロい映画15選!

【30日間無料】Amazonプライム会員なら無料で見れる有名女優のエロい映画15選!

Amazonプライム会員なら無料で見れる!今でも活躍しているあの有名女優が脱いでいるムフフな映画を集めてみました! 今なら、Amazonプライム30日間無料!さらにAmazonの『Fire TV Stick』を使えば大画面のテレビで視聴可能!もちろんPCやスマートフォンでいつでもどこでも楽しめます! 懐かしいエロ映画を無料で楽しんじゃいましょう!
【篠山紀信】樋口可南子から始まった一流芸能人ヌードの新編集「アクシデントシリーズ」を振り返る。

【篠山紀信】樋口可南子から始まった一流芸能人ヌードの新編集「アクシデントシリーズ」を振り返る。

ミドルエッジ世代の度肝を抜いたヌード写真集やヘアヌード写真集のほとんどが「篠山紀信」先生の「アクシデントシリーズ」だった!全15冊出版されているシリーズを全て振り返ってみよう。 「樋口可南子」「荻野目慶子」「葉月里緒菜」「宮本はるえ」「永井流奈」「宮沢りえ」「本木雅弘」「吉川ひなの」「大輝ゆう」「小板橋愛美」「高岡早紀」「大竹しのぶ」「宝生舞」「国舞亜矢」「森下璃子」
80年代の映画女優の作品別ヌード:樋口可南子・浅野温子・田中美佐子・藤谷美和子・黒木瞳・原田貴和子・吉川十和子・萬田久子・高樹沙耶他合計20名・29作品

80年代の映画女優の作品別ヌード:樋口可南子・浅野温子・田中美佐子・藤谷美和子・黒木瞳・原田貴和子・吉川十和子・萬田久子・高樹沙耶他合計20名・29作品

80年代の映画女優ヌードのまとめ。掲載作品:戒厳令の夜(樋口可南子)・スローなブギにしてくれ(浅野温子)・なんとなく、クリスタル(かとうかず子)・夏の別れ(萬田久子)ダイヤモンドは傷つかない(田中美佐子)・海燕ジョーの奇跡(藤谷美和子)・白蛇抄(小柳ルミ子)・化身(黒木瞳)・彼のオートバイ、彼女の島(原田貴和子)・極道の妻たち 三代目姐(吉川十和子)・チンピラ(高樹沙耶)ほか合計29作品
ガンモ | 1,242,739 view
80年代☆大学在学中に芸能界入りした女子大生たち、学校はどうした?

80年代☆大学在学中に芸能界入りした女子大生たち、学校はどうした?

今も活躍している80年代の女子大生ブームの時に芸能界入りした現役女子大生たち。その後、学校は中退?卒業?
極道の妻たち!! 三代目姐・・・男どもを肉体で覆ってしまう女の魔力の物語。

極道の妻たち!! 三代目姐・・・男どもを肉体で覆ってしまう女の魔力の物語。

1989年に映画化されたシリーズ第3弾、前作とチョット変わった内容で組長の姐さんが配下の組員と恋に落ちてしまうタブーも交えた作品。
ギャング | 8,122 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト