1970年代の番長ブームを牽引した二大学園ケンカ漫画「男組」と「愛と誠」
2016年7月15日 更新

1970年代の番長ブームを牽引した二大学園ケンカ漫画「男組」と「愛と誠」

1970年代の学園ケンカ漫画はサンデーは「男組」、マガジンは「愛と誠」な時代でした。1970年代はいい悪いは別として、とにかくスケールが大きく熱い無茶な漫画が多かった。二大学園ケンカ漫画「男組」と「愛と誠」を振り返ってみましょう。

15,769 view

学園ケンカ漫画・番長漫画の傑作「男組」 己の信念を賭けて闘う男達を描いた。

『週刊少年サンデー』(小学館)において1974年から1...

『週刊少年サンデー』(小学館)において1974年から1979年まで連載された『男組』

『男組』(おとこぐみ)は原作・雁屋哲、作画・池上遼一による漫画作品。『週刊少年サンデー』(小学館)において1974年から1979年まで連載された(1977年に休載期間あり)。後に劇場映画化されている。

戦後30年頃の日本を舞台に、己の信念を賭けて闘う男達を描いた少年漫画。
高校生ながら、強大な権力を使い悪の限りを尽くす神竜剛次と、その勢力を倒すために立ち上がった父親殺しの罪を持つ男・流全次郎の対決を中心に、戦争とも言える大掛かりな抗争劇が繰り広げられる。また「男の生き様とは」をテーマに読者に強いメッセージを投げかけている場面も見られる。

1970年代の日本では漫画界においても空手やカンフーなどの格闘技ブームがあり、本作はそのなかでも中国武術を本格的に取り上げた作品として評価されている。後のさまざまな学園漫画に影響を与えた。

出典 男組 - Wikipedia
学園ケンカ漫画・番長漫画の傑作「男組」

学園ケンカ漫画・番長漫画の傑作「男組」

関東にある私立青雲学園は、神竜剛次という生徒によって無法地帯と化し惨憺たる状況下にあった。この現状に耐えかねた校長は、関東少年刑務所から一人の囚人を特待生として招き入れ、神竜を打ち倒すよう要求する。

父親殺しの罪状を持つ男・流全次郎は、これに承諾するものの、神竜の圧倒的に強大な勢力に打ち勝つためには青雲学園の生徒一人一人が戦う気持ちを持たなければならないことを生徒たちに諭す。

また、流も少年刑務所内の仲間「五家宝連」の力を借りて、様々な作戦を図り正義のために戦い続ける。物語はやがて、二人の対決に止まらず、「影の総理」と呼ばれる日本社会に潜む大きな闇に迫ることになっていく。

BSマンガ夜話 「男組」 雁屋哲/池上遼一 (2008年)

『流全次郎』(ながれ ぜんじろう)は人間はいつか平等で平和な、支配・被支配の関係のない社会を作ることができるという理想を持つ

流全次郎「今、戦うことが大事なんだ!今、戦わない人間が...

流全次郎「今、戦うことが大事なんだ!今、戦わない人間が後で戦うはずがない!戦わないための言い訳なんて無限に考え付けるものなんだ。」

流全次郎の宿敵「神竜剛次」の刀の上に乗って回し蹴りとい...

流全次郎の宿敵「神竜剛次」の刀の上に乗って回し蹴りという超人的な技。

流全次郎は陳家太極拳の使い手。

『神竜剛次』(じんりゅう ごうじ)は「大衆は豚だ」という信念から、優秀で高貴な人間が支配し、劣った大衆は秩序で縛りつけられるという選民主義体制を打ち立てる

神竜剛次「この世の90%以上を占める大衆・・・奴らは豚...

神竜剛次「この世の90%以上を占める大衆・・・奴らは豚だ!100年たっても、1000年まっても、豚のままだ!」

高校生ながら、強大な権力を使い悪の限りを尽くす神竜剛次。
神竜剛次は学園漫画『うる星やつら』に登場する面堂終太郎...

神竜剛次は学園漫画『うる星やつら』に登場する面堂終太郎のモデル。

出典 neoapo.com
神竜剛次は学園格闘漫画『魁!!男塾』に登場する藤堂豪毅...

神竜剛次は学園格闘漫画『魁!!男塾』に登場する藤堂豪毅のモデルでもある。

神竜剛次は
少年サンデーの学園漫画『うる星やつら』に登場する面堂終太郎や、学園格闘漫画『魁!!男塾』に登場する藤堂豪毅、および学園コメディ漫画『魁!!クロマティ高校』に登場する北斗武士のモデルであると言われている。
神竜剛次「愚かな大衆が自由勝手にふるまっているからだ!...

神竜剛次「愚かな大衆が自由勝手にふるまっているからだ!大衆は下劣だ!欲深で愚かなブタだ!」

神竜剛次「おまえたちの父親はブタだ!」

神竜剛次「おまえたちの父親はブタだ!」

自分の欲望を満たすことしか考えないきたならしい豚だ!
極度に選民主義な神竜剛次「ブタどもには秩序を与える主人...

極度に選民主義な神竜剛次「ブタどもには秩序を与える主人が必要だ!」

この当時の劇画は、ゴルゴ13系の顔は流行っていたので、...

この当時の劇画は、ゴルゴ13系の顔は流行っていたので、当然組み込まれていますね。

かなり似ています。
おそらく神竜剛次のモデルは三島由紀夫だと思います。違うかな?

おそらく神竜剛次のモデルは三島由紀夫だと思います。違うかな?

流全次郎に敗れる神竜剛次

人間の光の側面・希望を見続けた流全次郎。人間に対する絶...

人間の光の側面・希望を見続けた流全次郎。人間に対する絶望・闇を見続けた神竜剛次。

この二人は宿敵同士ですが、ホモな感じいっぱいです。心はひとつです。
最終的には、神竜は流全次郎に勝ちを譲って、「人間に対す...

最終的には、神竜は流全次郎に勝ちを譲って、「人間に対する希望」に賭けようとした・・・

48 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 辛口おばさん 2018/12/6 01:09

    私がyoutubeにアップしたものが数点画像として使われてますが、この動画は故 夏夕介さんから譲って頂いた大事な動画ですので、出展をyoutubeだけでなく「辛口おばさん」も明記してください。お願いしますよ。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。
80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

「The・かぼちゃワイン」で有名な漫画家・三浦みつるが自身のTwitterにて、新作描きおろしである「バック・トゥ・The・かぼちゃワイン」をもって漫画家を引退することを発表しました。
隣人速報 | 9,549 view
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
『ベルばら』大相撲とコラボレーション!オスカルの懸賞幕が土俵を回る!!

『ベルばら』大相撲とコラボレーション!オスカルの懸賞幕が土俵を回る!!

1970年代から人気を集めている少女マンガ『ベルサイユのばら』の最新13巻が1月25日に発売することを記念して、22日まで大相撲一月場所にオスカルの懸賞幕が毎日登場する。
red | 1,027 view
【ベルばら】オスカルとアンドレの“幻の結婚生活”を表現したティーカップセット

【ベルばら】オスカルとアンドレの“幻の結婚生活”を表現したティーカップセット

男装の麗人・オスカルと幼馴染にして彼女の従卒であるアンドレの“叶わなかった結婚生活”を表現したティーカップ&ソーサーセットが登場。2017年に45周年を迎える漫画『ベルサイユのばら』と高級陶磁器メーカー『ノリタケ』のコラボで実現した。
ribbon | 1,832 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト