中日ファンは必見!?大阪桐蔭の根尾昂の愛読書『思考の整理学』が東大・京大生に絶大な支持を受けている理由とは?
2018年10月30日 更新

中日ファンは必見!?大阪桐蔭の根尾昂の愛読書『思考の整理学』が東大・京大生に絶大な支持を受けている理由とは?

10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、中日が交渉権を獲得した大阪桐蔭・根尾昂。根尾は文武両道として知られ、寮に父親が毎月20冊の本を送ってくるほどの読書家でもあります。そんな彼の愛読書「思考の整理学」が、現在巷で大きな話題となっています。

1,556 view

中日ファン必見!?大阪桐蔭・根尾の愛読書『思考の整理学』が話題に!

10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、中日が交渉権を獲得した大阪桐蔭・根尾昂。根尾は文武両道として知られ、寮に父親が毎月20冊の本を送ってくるほどの読書家でもあります。そんな彼の愛読書「思考の整理学」が、現在巷で大きな話題となっています。

根尾の文武両道を伝えるメディア

「思考の整理学」って何だ?

「思考の整理学」とは、お茶の水女子大学名誉教授・外山滋比古が1983年に著した学術エッセイで、220万部を超えるロングセラー。著者・外山の独特な思考のエッセンスを記した本で、東大生・京大生に最も読まれた本として有名です。
 (2060037)

なぜ東大生・京大生からの支持を集めるのか?

「思考の整理学」は、80~90年代には爆発的な売れ行きという訳ではない静かなロングセラーであったのですが、2007年に岩手県の書店に掲げられた「もっと若いときに読んでいれば…」というポップをきっかけに人気が爆発。翌2008年に東大及び京大の生協で最も売れた本となり、以降「東大・京大で一番読まれた本」と呼ばれるようになりました。
 (2060043)

根尾の出身地である岐阜県・飛騨高山の書店にはどんなポップが掲げられているんでしょうか?

※画像はイメージです。

「思考の整理学」が支持される理由とは?

「思考の整理学」ですが、「これからの時代で必要とされるのは、自力で飛び回れる飛行機人間である」「本当にやるべきことは、1つのことだけに注力しているとなかなか見えてこない」「必要なもの以外は忘れてしまうべきだ」といった、時代に左右されない独特かつ普遍的な思考の宝庫であり、物事を考えることの楽しさを満喫させてくれる一冊となっています。その点が、物事を考えることの好きな難関校の学生に支持されていると思われます。
 (2060049)

根尾も出身地の飛騨高山から「自力で飛び回れる飛行機人間」になれるのだろうか?

※画像はイメージです。

東大生・京大生が続々と感想を寄せる!

「思考の整理学」を読んだ学生からは、「知識に偏った勉強をしてきたからこそ、それじゃいけないんだ、と思いを新たにした」という、知識偏重の受験勉強だけが学問ではないという事への気づきや、「今の時代に必要なのは、情報を手に入れることよりも捨てること」という、情報が溢れている現代だからこそ取捨選択する自身の思考力が試される事への気づきなど、今までの人生では体験出来なかった新たな視点を発見したという声が数多く寄せられています。
 (2060077)

学問は詰め込みだけでないことを教えてくれる貴重な書です。

※画像はイメージです。
そんな「思考の整理学」ですが、10月29日現在Amazonの売れ筋ランキング(本)で2位を獲得するなど、ドラフトが話題となっている中で本の人気も再燃しています。根尾の出身である中部地方の書店でも売れているんでしょうかね。皆さんもシルバー世代になってから「もっと若いときに読んでいれば…」と思う前に「思考の整理学」を読んでみてはいかがでしょうか?
 (2060080)

森高も「勉強は出来るうちにしておいた方がいいわ」と言ってますしね!

※画像はイメージです。

ご購入はこちらから!

24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『プロ野球語辞典』に続刊登場!!ファンを応援するための取組続々!!

『プロ野球語辞典』に続刊登場!!ファンを応援するための取組続々!!

株式会社誠文堂新光社より、『プロ野球語辞典 令和の怪物現る!編』が発売されることが明らかとなりました。その他、野球ロスを徹底解消するための企画が各所から立ち上がっています!
隣人速報 | 291 view
桃井かおり(68)&氷室京介(59)&前田健太(31)による異色の3ショットが実現!!

桃井かおり(68)&氷室京介(59)&前田健太(31)による異色の3ショットが実現!!

女優として活躍を続ける桃井かおり(68)が、自身のインスタグラムにて歌手・氷室京介(59)とドジャーズ・前田健太投手(31)との異色の3ショットを公開し、SNSを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 8,694 view
【プロ野球珍プレー職人】元中日の宇野勝といえば伝説のヘディング事件!みのもんたのナレーションもお約束でしたね!!

【プロ野球珍プレー職人】元中日の宇野勝といえば伝説のヘディング事件!みのもんたのナレーションもお約束でしたね!!

「プロ野球珍プレー・好プレー集」で何度もお茶の間を釘付けにした宇野勝。彼は遊撃手(ショート)として初めて40本塁打を記録した大打者であり、抜群の守備センスを持った類い希なる名遊撃手。にもかかわらず、ついにあだ名はヘディング男。「宇野ヘディング事件」きっかけで「プロ野球珍プレー・好プレー集」番組が生まれてしまったことが、宇野勝選手の悲劇だったのかもしれません。
青春の握り拳 | 17,397 view
1982年は中日ドラゴンズが優勝した黄金時代、ナゴヤ球場には龍の叫びが轟いた!アナタにも龍の咆哮が聞こえましたか?

1982年は中日ドラゴンズが優勝した黄金時代、ナゴヤ球場には龍の叫びが轟いた!アナタにも龍の咆哮が聞こえましたか?

1982年、セリーグ覇者となった中日ドラゴンズ(日本シリーズでは西武ライオンズに惜しくも敗退!)。この年、たしかにナゴヤ球場はアツかった。連日のようにドラキチが集まり、猛烈に声援を浴びせまくった年だった。「燃えよドラゴンズ!82」のテーマソングにあわせて、アナタにも遠い夜空から龍の叫びが聞こえたのではないだろうか。
青春の握り拳 | 7,342 view
【木田勇】2013年の田中将大投手まで33年間現れなかった1シーズン22勝をルーキーイヤーにやってのけた投手。

【木田勇】2013年の田中将大投手まで33年間現れなかった1シーズン22勝をルーキーイヤーにやってのけた投手。

1980年の日本プロ野球を大いに沸かせた驚異の新人投手、木田勇。日本ハムに入団した彼はルーキーイヤーの1980年に22勝を挙げて史上初のルーキーイヤーに新人王&MVPに輝きました。22勝という勝利数は、その後2013年の田中将大投手まで33年間抜かれることがありませんでした。
青春の握り拳 | 7,934 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト