生ける近鉄伝説!和製ヘラクレス栗橋茂のネタのような人生
2016年11月25日 更新

生ける近鉄伝説!和製ヘラクレス栗橋茂のネタのような人生

70年代、80年代の近鉄バファローズの主砲をつとめた栗橋茂。関西パ・リーグには、様々な逸話が語り継がれているが、特に栗橋には、伝説となるようなエピソードが沢山残っています。そんな彼の笑える、ネタのような伝説を紹介しましょう。

72,178 view

和製ヘラクレス

1951年東京生まれ。帝京商工高-駒澤大を経て、ドラフト1位で近鉄バファローズに入団。
1974年から1989年まで近鉄一筋で活躍。
1979年は130試合に出場。キャリアハイの32本塁打を放ち、近鉄のリーグ初優勝に貢献しました。
翌1980年には打率.328、28本塁打、84打点の成績を残し、近鉄2連覇の立役者となりました。
タイトルは、最高出塁率1回、ベストナイン3回など。
オリックス・バファローズ LEGEND OF Bs 2012|80s 近鉄バファローズ|当時の選手・監督 (1691536)

身長177cmと決して大柄とはいえない選手だったが、和製ヘラクレスと通称されるほどの鍛え上げた筋骨隆々の体を持っており、パンチ力のある打撃が特徴の選手であった。栗橋は「僕は和製ヘラクレスとも言われたけど、ウエートはほとんどしていないんです。キャンプの時期や自主トレではしていたけど、シーズン入ってからしなかった。変な筋肉つけちゃいけないっていう時代ですかね。今思えば、やってたらもっと長持ちしていたからな。最後は完全に力が落ちましたからね。」と語っている

二日酔いでホームラン

毎晩のようにクラブへ飲み歩き、朝帰りは日常茶飯事であった。翌朝の練習には飲み帰りのまま参加、練習着も着ずに私服で体操するなどしていたが、監督・コーチは「栗橋は仕方ない」と黙認していた。
オリックス・バファローズ LEGEND OF Bs 2012|80s 近鉄バファローズ|当時の選手・監督 (1698280)

近鉄の後期優勝決定試合の前の晩に、栗橋は飲みに出かけます。
試合はデーゲームで、選手達は朝の8時半に集合予定のところ、栗橋は朝の7時まで飲んでいました。
店のシャッターが閉まっていたため、外が明るくなったのに気づかなかったらしいのです。

栗橋はあわててカッパを着込み汗を流し、水をがぶ飲みして、なんとか試合に出ました。
そこで3打数3安打1ホームランの成績を残すという伝説を作り上げます。

カラス扉に激突!流血!

 (1698284)

チームが北海道に遠征時、栗橋は例によって朝帰り。
移動のバスに遅れそうになり、あわてて走ったためガラス扉に激突!
栗橋は倒れて流血してしまうが、バスはそのまま発車してしまいました。
その後の試合には普通に出場したそうです。

9階のベランダを伝って部屋へ

タカラプロ野球カード(プロカ―)の博物館 (1698901)

栗橋はいつものように酔っ払って自宅に戻ろうとしたが、鍵を忘れてしまいました。
仕方なく隣の部屋に頼んで入れてもらい、ベランダ伝いに自室に戻りました。
ただ、その部屋は9階の高さだったのです。
翌日の試合で、誰かが見ていたのか「おまえは泥棒か!」とファンにヤジられたそうです。

キャンプ地で漁師と大乱闘

パ・リーグ 残酷物語 ウラ野球殿堂 栗橋  3 - YouTube

高知宿毛キャンプでのこと。
スナックで地元漁師とトラブルとなり、翌朝グラウンドで大立ち回りとなりました。
高知県宿毛をキャンプ地としていた近鉄。
夜のスナックで地元漁師とトラブルを起こしてしまいます。
次の日の朝、グラウンドで選手が体操をしていると、そこへ棍棒などで武装した漁師達が軽トラに乗ってやってきました。
あわや大乱闘になるところを、周りに止められなんとか事なきを得ました。

頭部へのデッドボール5回

【近鉄黄金伝説⑤】頭部死球なんと5回!? 栗橋茂伝説続編!今だから語れる近鉄裏話<栗橋茂×佐野慈紀編その3> - YouTube

頭部へのデッドボールがなんと5回も。
特に西武の投手陣からのデッドボールが多かったそうです。
栗橋は強打者だったため、ピッチャーからは内角の厳しい攻めを受けることになります。
そのためデッドボールを受けることが多かったのです。
頭部への死球が5回。それでも平気なところが和製ヘラクレスということでしょうか。
50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【リーグ優勝の瞬間】近鉄バファローズ編

【リーグ優勝の瞬間】近鉄バファローズ編

まだクライマックスシリーズ制度が導入されていない頃、ペナントレースが今よりもずっと価値があった頃、各球団のリーグ優勝決定の瞬間、その年の戦いぶりをご紹介しています。今回は近鉄バファローズのリーグ優勝決定の瞬間(1979、1980、1989、2001)を集めてみました。
和尚 | 1,905 view
ミスターいぶし銀・新井宏昌の野球人生と意外な横顔

ミスターいぶし銀・新井宏昌の野球人生と意外な横顔

パリーグ屈指のヒットメーカーとして首位打者を1度獲得、規定打席到達しての3割以上を5回マークした新井宏昌。並み居る強打者に囲まれながら常に放ち続けた脇役としての存在感は他に類を見ないものだった。一見地味に映る新井の横顔に迫る。
t-matsu | 10,612 view
子連れルーキーと呼ばれた阪神・湯舟敏郎!木戸克彦とのバッテリーは相性良し!!

子連れルーキーと呼ばれた阪神・湯舟敏郎!木戸克彦とのバッテリーは相性良し!!

阪神タイガース、大阪近鉄バファローズで活躍した左腕・湯舟敏郎。1992~93年は連続二桁勝利を挙げるなど、エースとして阪神タイガースの暗黒時代を支えた。引退後は阪神タイガースの投手コーチや解説者も務めている。
ひで語録 | 4,012 view
野茂の親友!ハゲ魔神・佐野重樹(慈紀)!中継ぎ初の1億円プレーヤー!

野茂の親友!ハゲ魔神・佐野重樹(慈紀)!中継ぎ初の1億円プレーヤー!

90年代に近鉄バファローズ(大阪近鉄バファローズ)で活躍した投手。ハゲ魔神こと佐野重樹(慈紀)。野茂英雄の親友としても知られ、明石家さんまの番組等でも共演。お茶の間の人気を集めた。近鉄時代は1億円プレーヤーだった佐野重樹(慈紀)を振り返る。
ひで語録 | 6,630 view
高校野球史に残る大逆転試合~昭和56・夏~早稲田実業対報徳学園

高校野球史に残る大逆転試合~昭和56・夏~早稲田実業対報徳学園

高校野球史に残る大逆転試合をいくつか紹介しています。ここでは、昭和56・夏の大会。早稲田実業対報徳学園戦をとりあげます。早実の荒木大輔投手に金村義明選手擁する「逆転の報徳」が襲い掛かる!
和尚 | 5,234 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト