山さん?猫の男爵バロン?子供心に憧れた大人のおじさま俳優70〜80年代 露口茂
2017年1月24日 更新

山さん?猫の男爵バロン?子供心に憧れた大人のおじさま俳優70〜80年代 露口茂

70年代から80年代、テレビドラマを見て憧れていた大人がいました。露口茂さん。「太陽にほえろ!」の山さんです。渋さ際立つ演技と声が魅力の露口さんの引退直前のお仕事は、なんとジブリ作品「耳をすませば」の猫の男爵バロンでした。

10,183 view

太陽にほえろ!を14年間支えた山村刑事

露口茂さんと聞いて、フジテレビの露木茂アナウンサーと間違えてしまう方以外の皆さんは、ほぼ全員が「太陽にほえろ!」の山さんを演じる露口さんが頭に浮かぶと思います。

それほど長く、ブレずに同じキャラクターを演じ続けた、まさに演技派、プロフェッショナルな俳優さんです。
でも、俳優・露口茂さんは「山さん」だけでない数多くの作品に出演。まさに太陽にほえろ!だけでなく60〜90年代のテレビ、映画界を支えたなくてはならない俳優さん。

引退された今現在も、近況などが報じられたり、懐かしむファンが多い、まさに名優。

太陽にほえろ!山さんのテーマ

初めの写真は初期の山さんですね。開始当初は髪も短くアウトローな感じでしたが、髪型がコロンボ刑事風に変化していく中で、落としの山さんとしてキャラも作り上げられていきました。

カメラワークで「この角度」ってのがあるのかも知れませんが、山さんて「斜め」なんですよね。
視線のあげ方、考える時、遠くを見る時、なんとなくお顔の角度が斜め。それがたまらなくクールで色っぽいのです。

プロフィール

本名    露口茂
生年月日 1932年4月8日(84歳)
血液型 B型
身長   175センチ
出身地 東京都
最終学歴 愛媛大学文理学部中退

芸歴   
1955年 劇団俳優座演劇研究所付属俳優養成所に第7期生として入所
1959年 映画「女子大学生 私は勝負する」でデビューするも上映は1日で打ち切り
1960年 小沢昭一らと共に「劇団俳優小劇場」を旗揚げ。芸能活動を本格的に開始する。
     
現在は事務所に所属せず芸能活動はしていない
身長が175センチとは、露口さんの年代では背が高い気がします。
太陽にほえろ!のキャストの皆さんがいかに背が高かったのか、改めて実感しました。

だって、七曲署メンバーの中の山さんはどちらかというと背が低い印象が。
皆さん背が高かったんですね〜。

主な出演作は…多彩な役柄

俳優・露口茂さんの出演作を抜粋して…と調べると、あまりの数の多さに圧倒されます。
しかも、役柄もジャンルも多彩。

早々に、作品の羅列は諦めました。

ラジオドラマもテレビドラマも、もちろん映画も。出演だけでなく吹き替えもされています。

しかも活躍は60年代から始まっています。

山さんのイメージばかりを思い出していては、俳優としての幅の広さ、演技のプロの露口さんに申し訳なくなります。

1964年 
今村昌平監督「赤い殺意」では主人公の人妻を強姦する強盗。しかも心臓を患っているという難役。

1965年 
山田洋次監督の「霧の旗」では無実を訴えながら失意のうちに獄中で死んでいく主人公の兄の役。

1967年 
今村昌平監督ドキュメンタリー映画「人間蒸発」は、蒸発した恋人を探す一般の女性と共に事件を追うレポーター役で出演。

1969年 
TBS時代劇「水戸黄門」第一部では東野英治郎演じる水戸黄門の命を狙う刺客。

1971年
フジテレビ「清水次郎長」では次郎長のライバル黒駒勝蔵。

1972年 
7月に1986年4月まで14年間も出演する事となる「太陽にほえろ!」がスタート。

山さん以前はどちらかというとクールなアウトローな役柄が多かった気がします。

もちろん、山さんと並行して
1973年 
大河ドラマ「国盗り物語」では小説「梟の城」の主人公であり織田信長の命を狙う忍者葛籠重蔵。

1973年
「木曽街道いそぎ旅」ではいかさまを見破るのが得意な渡世人( 裏街道の銀次)

1976年 
大河ドラマ「風と雲と虹と」では最終回で主役の加藤剛演じる平将門を弓矢で射殺す田原藤太。

1983年
土曜ワイド劇場「松本清張の寒流」では女に翻弄されていく銀行の支店長・沖野一郎。

など、山さんとは対照的な役柄も精力的に演じています。

確かに山さんのような刑事役、時代劇なら同心役なども多いですが、あえて敵役、弱い男、嫌われ役など山さんのイメージに捉われない役柄を俳優のサガとしては演じたかったのかもしれないと、改めて出演作を眺めて思いました。
赤い殺意

赤い殺意

霧の旗

霧の旗

人間蒸発

人間蒸発

大河ドラマ「国盗り物語」

大河ドラマ「国盗り物語」

木曽街道いそぎ旅

木曽街道いそぎ旅

大河ドラマ「風と雲と虹と」

大河ドラマ「風と雲と虹と」

松本清張の「寒流」

松本清張の「寒流」

露口さんの魅力は山さんだけじゃない!

「太陽にほえろ!」放送当時、ませた小学生だった私(haco)は
落としの山さんに出逢い、そこから露口さんをお父さんのように慕うようになりました。

同世代でそんな露口さんに憧れたファザコン女子…結構いると思います。

物静かで冷静で、優しくて、なんでも解決して必ず助けてくれる、こんな頼れる大人は他にいない!と思っていました。
でも当時はあまりに自分が子供すぎて、他のドラマの敵役や人間の弱さを演じる露口さんを観れませんでした。「山さんじゃない!」と思ってしまったのです。

あ〜今思うとなんという失礼な、なんという勿体ないことをしていたのでしょう(涙)

役者の顔は数え切れない

54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ジブリ作品、「耳をすませば」。「好きな人が、できました」のキャッチコピーが妙に初々しかった。

ジブリ作品、「耳をすませば」。「好きな人が、できました」のキャッチコピーが妙に初々しかった。

雫と聖司の淡い恋に歯がゆかったり、笑ったり、胸を打たれたり。夢に向かって進む2人に共感したり、応援したり。人々の心に癒しと幸福感をもたらしてくれた作品です。
ナベゲン | 4,908 view
夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 2,037 view
アゴ&キンゾーの「あご勇」が観光バス添乗員に挑戦!冠ツアー「アゴーハツアー」を催行します!!

アゴ&キンゾーの「あご勇」が観光バス添乗員に挑戦!冠ツアー「アゴーハツアー」を催行します!!

9月より、観光バスツアーのVIP Tourより「あご勇」が添乗員を務める観光バスツアー「アゴーハツアー」が催行されます。往年のお笑い芸人のトークを生で体感したい方は要チェック!
隣人速報 | 1,149 view
沖雅也『太陽にほえろ!』スコッチ刑事の真相とエピソード

沖雅也『太陽にほえろ!』スコッチ刑事の真相とエピソード

1970年代から80年代にかけて活躍した、二枚目俳優の沖雅也の生い立ちから自死するまでの記録をたどってみた。乗っていたクルマ。養父の日景忠男や同性愛疑惑、沖雅也に関するエピソードを紹介したい。
【太陽にほえろ!】殉職しなかったデカ(刑事)は誰だ?

【太陽にほえろ!】殉職しなかったデカ(刑事)は誰だ?

松田優作さん演じる“ジーパン”の殉職シーンがあまりにも有名なため、バッタバッタ殉職してるドラマのイメージがありますが、殉職しなかった刑事も中にはいました。誰だか覚えてますか?
ヤマダゴロー | 83,959 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト