山さん?猫の男爵バロン?子供心に憧れた大人のおじさま俳優70〜80年代 露口茂
2017年1月24日 更新

山さん?猫の男爵バロン?子供心に憧れた大人のおじさま俳優70〜80年代 露口茂

70年代から80年代、テレビドラマを見て憧れていた大人がいました。露口茂さん。「太陽にほえろ!」の山さんです。渋さ際立つ演技と声が魅力の露口さんの引退直前のお仕事は、なんとジブリ作品「耳をすませば」の猫の男爵バロンでした。

11,475 view
2013年『週刊女性』のGW特大合併号(5月14、21...

2013年『週刊女性』のGW特大合併号(5月14、21日合併号)

この記事が最新の露口さんの近況かも知れません。
さらに遡ると2001年、2009年に「週刊文春」の取材に応じていらっしゃいます。
2009年には「オファーがあれば」と復帰もありえそうなお応えでしたが、2013年には「もうない」とさらりと引退宣言。
となると、もはや取材にも応じるお気持ちはないのかもしれませんね。

俳優として演じることに徹していた露口さん。

素人にはわからない俳優としての「こだわりの引き際」があったのかも知れません。

その潔よい引き際が「硬派」で「らしく」て格好良いとすら感じます。

勝手な想像ですが、日本の映画やドラマの制作現場も、ストーリーや演出、キャスティングが時代とともに変わり、露口さんが納得出来る芝居づくりの環境とはだんだん違ってきたのではないでしょうか?

それにしても、露口さんのことを調べていると、インタビューやバラエティー出演など無縁というか、あまりお好きでないのがひしひし伝わってきてます。

何しろ、調べても本当に数少ない情報しかありません。

それも露口さんらしいですね。
放送当時の新聞のトピック記事

放送当時の新聞のトピック記事

そんな情報収集の中で貴重な切り抜きを載せている方からお借りしました。
趣味のゴルフは引退後も奥様と続けていらっしゃるようで、どこかのインタビューで読みましたが、コツコツ続けるのがお好きだそうなので、今もお元気でゴルフを楽しんでいらっしゃれば良いな〜と願ってます。

(今のところですが)最後の作品はジブリ

露口さんのドラマ「シャーロックホームズ」の吹き替えでもファンが多いですが、おそらくお仕事としてはジブリ作品「耳をすませば」が最後のようです。

Whisper of the Heart Trailer / 耳をすませば 予告編

フンベルト・フォン・ジッキンゲン男爵、通称バロン。ドイツからきた猫の人形。主人公の雫が書いた物語の主人公。
このバロンの声が露口さんです。
露口さんといえば「山さん」はもう誰もが認める当たり役。

でもなぜか、このバロンの声を聞くと「あ〜露口さんだ」と思うのです。

そしてこの猫のバロンが不思議と露口さんと重なるのです。

映像に露口さんの姿がなくても、声だけで励まされるっていうか…。

また、この予告編のセリフがいいんですよ〜。
「いざ!お供つかまつらん!」その声に妙に励まされるのです。

1月27日!露口さんの声がもう直ぐ聞けます!

この記事を書きながら露口さんをワクワクと思い出していた矢先、1月27日の金曜ロードSHOW!で「耳をすませば」が放送される事を知りました。

別にいつでもDVDでもBDでも観たけりゃみれるのですが、やっぱり地上波で放送されるのを観るのって「みんなで観ましょう!」って気分になって嬉しいというか盛り上がるのです。

紳士的で懐の深い「猫の男爵バロン」の声が聞けるのがとっても楽しみです。

忘れられない名優としてこれからも…

はじめに書いたように、完全にファザコン小学生でした。

今は当時の山さんの年齢をとっくに超えてしまいました。

でも、露口さんの作品を見るとやっぱり当時のファザコンファンに戻るのです。

どの作品を見ても、たとえ敵役であっても格好良い素敵なおじさまなのでした。

これからも露口さんの作品を見てはタイムトリップして若返らせていただきます(笑)

そして、何か思い切って始める時や、勇気がいる時は
バロンの「いざ!お供つかまつらん!」の声を思い出して一歩を踏み出そうと思います。

これからも忘れられない名優として

露口さん!よろしくお願いいたします!
54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ジブリ作品、「耳をすませば」。「好きな人が、できました」のキャッチコピーが妙に初々しかった。

ジブリ作品、「耳をすませば」。「好きな人が、できました」のキャッチコピーが妙に初々しかった。

雫と聖司の淡い恋に歯がゆかったり、笑ったり、胸を打たれたり。夢に向かって進む2人に共感したり、応援したり。人々の心に癒しと幸福感をもたらしてくれた作品です。
ナベゲン | 6,590 view
なるほど!『太陽にほえろ!』の歴代刑事のニックネームの由来!!

なるほど!『太陽にほえろ!』の歴代刑事のニックネームの由来!!

“ボス”こと藤堂係長(石原裕次郎)を中心に、ニックネームで呼び合う警視庁七曲警察署。大体が初回の登場するシーンでニックネームが付けられています、逆に初回の登場シーンを見逃すと由来が分かりません、なので調べてみました。
ギャング | 14,563 view
夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 4,230 view
アゴ&キンゾーの「あご勇」が観光バス添乗員に挑戦!冠ツアー「アゴーハツアー」を催行します!!

アゴ&キンゾーの「あご勇」が観光バス添乗員に挑戦!冠ツアー「アゴーハツアー」を催行します!!

9月より、観光バスツアーのVIP Tourより「あご勇」が添乗員を務める観光バスツアー「アゴーハツアー」が催行されます。往年のお笑い芸人のトークを生で体感したい方は要チェック!
隣人速報 | 1,576 view
沖雅也『太陽にほえろ!』スコッチ刑事の真相とエピソード

沖雅也『太陽にほえろ!』スコッチ刑事の真相とエピソード

1970年代から80年代にかけて活躍した、二枚目俳優の沖雅也の生い立ちから自死するまでの記録をたどってみた。乗っていたクルマ。養父の日景忠男や同性愛疑惑、沖雅也に関するエピソードを紹介したい。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト