2017年9月30日 更新

誕生から35年、愛され続けるコンパクトカー「日産マーチ」の魅力とは?

1980年代初頭に登場して以来、35年間、常に日本の国民的なコンパクトカーとして君臨し続けてきた日産マーチ。日本のコンパクトカーの歴史に、オシャレと遊び心を注入してきた、マーチの歴史と魅力について、懐かしい映像や画像を織り交ぜながら振り返ってみましょう。

6,015 view

マーチってどんな車?

1982年から35年間に渡って販売されている、日産のコンパクトカー。
日本車としてはモデルチェンジの周期が長く、一般にもそのデザインと名前が認知されやすい、日本の国民的な車種とも言えるでしょう。
それまでの実用一辺倒なコンパクトカーの中にあって、オシャレで可愛い外見を持ち、比較的女性受けの良い車種でもあります。
数々のバージョンや派生モデルが存在しているのも特徴です。

初代マーチ(K10系)

Nissan Micra K10 - Classic Car Review | Honest John (1924748)

初代マーチは1982年に発売。コンパクトで洗練されたリッターカーとして登場しました。
デザインが先に発表されて、名前を一般から公募するという斬新な手法も話題となり、500万通を超える公募の中から、マーチと名付けられました。

1983 NISSAN MARCH Ad

マッチのマーチ
イタリアの巨匠ジウジアーロ氏デザインの、直線的でシンプルで、スタイリッシュなフォルム。コンパクトなのに室内空間は広く、ボディーは軽いのにしっかりしていて、瞬く間に市場に受け入れられて行きました。
因みにヨーロッパでは「マイクラ」の名前で販売されています。
コンパクトなファミリーユースの車として親しまれていましたが、1985年にはターボ車が登場。1989年にはスーパーチャージャーとターボを搭載した、スーパーターボも登場するなど、レースにも人気のある車種となっていきます。
スーパーターボ

スーパーターボ

【画像提供:カーセンサーnet】
また1987年にはBe-1、89年にはパオ、91年にはフィガロと、マーチをベースとしたレトロなパイクカーが派生。マーチの世界は幅広く広がっていく事になります。
Be-1

Be-1

【画像提供:カーセンサーnet】
パオ

パオ

【画像提供:カーセンサーnet】
フィガロ

フィガロ

【画像提供:カーセンサーnet】

初代マーチのスペック

 (1924753)

【画像提供:カーセンサーnet】
i・z:703,000円
型式:E-K10
全長×全幅×全高:3,735×1,560×1,395mm
エンジン型式:MA10
最高出力:52ps/6,000rpm
最大トルク:7.6kg・m/3,600rpm
種類:水冷直列4気筒OHC
総排気量:987cc
車両重量:670kg
燃費:10モード/10・15モード:19.6km/L

1989年1月カタログより

2代目マーチ(K11系)

 (1924764)

【画像提供:カーセンサーnet】
先代が10年ものロングランを果たした後、1992年に2代目マーチ発売になりました。先代のコンセプトはそのままに、フォルムは全体的に丸みを帯び、親しみやすくかわいい印象に。女性受けのいい感じになりました。
時代はちょうどバブルがはじけた頃。世間の車のニーズが急激に、ハイソカーからコンパクトで低燃費なものへと変わっていった時期と重なり、2代目マーチは以前にもまして大ヒット商品になりました。
エンジンは従来の1,000ccに加えて1,300ccもラインナップ。
1992年の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。そして日本車としては初めて、欧州カー・オブ・ザ・イヤーをも受賞しました。
カブリオレ

カブリオレ

【画像提供:カーセンサーnet】
ボレロ

ボレロ

ルンバ

ルンバ

1997年には幌付きのカブリオレ、チョッとレトロな装いのボレロ、ルンバもラインナップに加わり、マーチの世界をより一層楽しく拡大していきます。
そして98年には、マーチをベースにしたキューブが派生してく事になります。
キューブ

キューブ

【画像提供:カーセンサーnet】

2代目マーチのスペック

 (1924767)

【画像提供:カーセンサーnet】
i・z:848,000円
型式:E-K11
全長×全幅×全高:3,695×1,585×1,425mm
エンジン型式:CG10DE
最高出力:58ps/6,000rpm
最大トルク:8.1kg・m/4,000rpm
種類:水冷直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量:997cc
車両重量:750kg
燃費:10モード/10・15モード:19.4km/L

1993年1月カタログより

3代目マーチ(K12系)

 (1924769)

【画像提供:カーセンサーnet】
マーチ誕生20年を経過した2002年、3代目マーチが発売になりました。
先代にもまして丸っこいフォルムとカエル顔の愛嬌のあるルックスで、カラーバリエーションも豊富。可愛くて個性的なインテリアなど、遊び心が溢れる新しいタイプのコンパクトカーとして人気を博しました。

Nissan MARCH Commercial - しあわせマチ子さんの一日篇 (English sub)

2年目から、これまでマーチの顔として存在していた1リッターエンジンが終了。1,200~1,500ccのラインナップになります。
2004年にはボレロとラフィートが登場。レトロ感のある個性的な顔立ちで、マーチを選ぶ楽しみを豊かにしていきます。
ラフィート

ラフィート

3代目マーチのスペック

 (1924771)

【画像提供:カーセンサーnet】
12c:1,050,000円
型式:UA-AK12
全長×全幅×全高:3,695×1,660×1,525mm
エンジン型式:CR12DE
最高出力:90ps/5,600rpm
最大トルク:12.3kg・m/4,000rpm
種類:水冷直列4気筒DOHC
総排気量:1,240cc
車両重量:890kg
燃費:10モード/10・15モード:21.0km/L

2003年7月カタログより
55 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

20世紀交歓所この記事に関連する商品一覧

あなたにおすすめ

   

関連する記事こんな記事も人気です♪

時空探偵マツ・de・デラックス【case MINI-MINIのいる日常-】第20話

時空探偵マツ・de・デラックス【case MINI-MINIのいる日常-】第20話

とある町の1台しか在庫を持たない中古車屋”ガレージ MIDDLE EDGE”。店主は性別不明の「マツ・ド・デラックス」。そしてその2階には謎の探偵「松田K介」と助手の「富田葵」が事務所を構える。そこには店舗に飾られた「名車」に係る「依頼人」が訪れ、様々な人間模様が・・・・。第4ケースは「ミニ」、黒いマリークワント仕様のブラックマリ―が登場。ベテラン実力派漫画家「なかがわひろき」×昭和の生き証人「山本圭亮」がお送りするSF昭和ファンタジー!ミドルエッジだけで読めるスペシャル連載が満を持して登場!!
「時空探偵マツ・ド・デラックス」を10倍楽しむ方法!

「時空探偵マツ・ド・デラックス」を10倍楽しむ方法!

「時空探偵 マツ・ド・デラックス」のキャラクターから読者の皆様が見落としているかもしれない部分をひも解いて見るわ!18回の連載で色々なキャラクターや車が登場したけど、意外と「サー」っと流して読んだ方、いやいや気づいていましたよっていう方がいると思うんだけど、そこをあたし「マツ・ド・デラックス」がWikipedia風に紹介するわ!かるーく楽しんで頂戴!あっ!細かいことは気にしちゃダメよ!
遅れてきたルーキー「ミツオカ」の迷車たち~メーカー別マニアック名車  ミツオカ編

遅れてきたルーキー「ミツオカ」の迷車たち~メーカー別マニアック名車 ミツオカ編

国産メーカーのマニアックな名車を「マツド・デラックス」が選りすぐってお送りするわよ!今回は日本国産メーカーのルーキー!ミツオカの名車たちよ!さあ、今回も皆さん楽しんで頂戴ね!
80年代はホットハッチ全盛期♪ 「スターレットターボS」「シティターボⅡ」等、ブームを牽引したクルマたち

80年代はホットハッチ全盛期♪ 「スターレットターボS」「シティターボⅡ」等、ブームを牽引したクルマたち

安価で使い勝手の良いハッチバックボディとスポーツカー顔負けのパワフルなエンジンを両立させたホットハッチは、当時多くの若者を魅了しました。「ボーイズレーサー」とも呼ばれた、ホットハッチブームを牽引したクルマたちを振り返ります。
ヤマダゴロー | 132,630 view
平成の「聖子ちゃん」を探せ!あの「実話ナックルズ」がグラビアオーディションを開催中!!

平成の「聖子ちゃん」を探せ!あの「実話ナックルズ」がグラビアオーディションを開催中!!

「実話ナックルズ極ベスト 平成の聖子ちゃんを探せグラビアオーディション」が現在開催中!グランプリに輝くと「ナックルズ極ベスト」の表紙を飾れます!参加するなら今しかない!!
隣人速報 | 6,707 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト