71年から89年【富士グラチャン】(富士グランドチャンピオンレース)って覚えてますか?
2017年4月11日 更新

71年から89年【富士グラチャン】(富士グランドチャンピオンレース)って覚えてますか?

1971年から1989年代まで富士サーキット場で開催された富士グランドチャンピオンレースを懐かしく思いまとめてみました。

6,384 view

富士グランドチャンピオンレースとは?

グラチャン

グラチャン

富士グランチャンピオンレース(ふじグランチャンピオンレース)は、1971年(昭和46年)から1989年(平成元年)まで主に富士スピードウェイで開催された自動車レースのシリーズ戦。通称富士GC、GC、グランチャン、グラチャン。
1970年代から1980年代にかけて、全日本F2選手権などと並ぶ日本のトップカテゴリーレースと目され、高い人気を集めたが、1989年いっぱいで休止された。
2002年(平成14年)から2006年(平成18年)まで「GC-21」の名称でシリーズが復活した。
「富士グランドチャンピオンレース」という表記をされることがあるが、誤りである。

富士スピードウェイ

富士スピードウェイコーナリング

富士スピードウェイコーナリング

コース

富士スピードウェイコース

富士スピードウェイコース

グラチャン仕様車

ケンメリ 2Dr

ケンメリ 2Dr

スタート

スタート時

スタート時

スタート時の大爆音がたまんないだよねー
1960年代に国内最大の4輪レースだった「日本グランプリ」が1970年に中止となった(日産自動車、トヨタ自動車の不参加が大きな要因と言われる)。会場であった富士スピードウェイは、日本グランプリに代わる大レースとして「富士グランチャンピオンレース(富士GC)」を企画。当時、日本の4輪レース統括団体である日本自動車連盟(JAF)は、1971年以降日本グランプリをフォーミュラカーレースとして開催するなどフォーミュラ重視の方針を打ち出していたが、富士スピードウェイ側はこれに反意を示していたと言われる。そのため富士GCは2座席レーシングカー(レース専用マシン)やGTカー(一般市販車改造マシン)のレースになったと言われている。
富士GCは1971年(昭和46年)4月25日に第1戦が開催された。年間6レース前後が開催され、各レースの成績(ポイント)を総合して年間チャンピオンが決まる形式だった。全戦、富士スピードウェイが会場だった(1987年まで)。

こんな車がたくさんありましたよね

スカイライン

ハコスカ

ハコスカ

一般公道車をチューンしてのレースが人気の1つだったかもしれません。
1970年以前の日本グランプリは自動車メーカーのワークス・チーム(ワークスマシン)主体のレースだったが、富士GCはドライバーが中心(主役)のレースという路線を打ち出したことで、当初は若手のプライベート(個人出場)ドライバーが主体となり、レース界の世代交代が進んだとも言われる。後に自動車メーカーの契約ドライバーなども参戦するようになった。
富士GCには「エンジンは市販されているものを使用すること」という意味合いの規定が存在し
、自動車メーカーが限定供給するワークスエンジンの使用は禁止されていた

当初の富士GCは、排気量無制限のグループ7(レース専用のプロトタイプレーシングカー)からグループ4のGTマシン(市販車改造車)までの混走だった1972年からは排気量2,000ccのレーシングスポーツカーに選手権が掛けられた。以後は2,000ccの2座席(2シーター)レーシングスポーツカー限定のレースに変化していった。

セリカ

セリカ LB 2000GT RA-25 旧車會 グラチャン 街道レーサー

1979年からシングルシーター(1座席)型レーシングスポーツカーの参戦が可能になった当初、各チームは従来の2シーター車をシングルシーターに改造していたが、1980年以降はF2のシャシーにスポーツカーのカウルを被せ、富士GC用マシンに転用する手法が主流になった。
1987年より排気量制限が3,000ccに変更
1988年にはスポーツランドSUGOと鈴鹿サーキットでもレースが開催され、3箇所を舞台とすることになり、名称が「グランチャンピオン・シリーズ」に変更された。
1989年には、JAFによって全日本選手権が初めて掛けられただが皮肉なことに他カテゴリー(全日本F3000選手権、全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権、全日本ツーリングカー選手権等)の人気が高まったことで観客数の減少傾向が顕著になり、1989年のシーズンをもって長い歴史に幕を閉じた。

フェアレディZ

38 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

昭和の「カタナ狩り」再び?スズキを代表する名車「カタナ」の新型モデルが日本初公開!!

昭和の「カタナ狩り」再び?スズキを代表する名車「カタナ」の新型モデルが日本初公開!!

かつて「スズキと言えばカタナ」とまで言われた昭和の名車・カタナの新型モデルが、3月に開催された東京モーターサイクルショー2019で日本初公開されました。
隣人速報 | 5,851 view
人気のスポーツカー「トヨタ・スープラ」が17年ぶりの復活!兄弟車「BMW Z4」も日本上陸決定!!

人気のスポーツカー「トヨタ・スープラ」が17年ぶりの復活!兄弟車「BMW Z4」も日本上陸決定!!

トヨタ自動車は、オーストリアの自動車製造会社「マグナ・シュタイヤー」のグラーツ工場にて新型スポーツ車「GRスープラ」の生産を開始しました。スープラが復活するのは、2002年の生産中止以来17年ぶり。
隣人速報 | 3,812 view
 大人向けトミカ「トミカプレミアム」5周年記念!歴代全59種の人気ランキングが発表!!

大人向けトミカ「トミカプレミアム」5周年記念!歴代全59種の人気ランキングが発表!!

株式会社タカラトミーは、大人向けトミカシリーズ「トミカプレミアム」の5周年記念企画として、販売ラインナップ全59種類の「累計販売数ランキング」および「年間販売数ランキング(発売から1年間の販売数)」を発表しました。
隣人速報 | 5,933 view
80年代の人気RCバギーがコミカルに変身!ダイナミックな走りも魅力の電動RCカー「コミカル ホーネット」が登場!!

80年代の人気RCバギーがコミカルに変身!ダイナミックな走りも魅力の電動RCカー「コミカル ホーネット」が登場!!

株式会社タミヤより、電動RC(ラジオコントロール)カーの新製品「コミカル ホーネット」の発売が決定しました。発売予定日は2019年3月30日(土)。
隣人速報 | 4,290 view
バブル時期に流行った!?見栄張りカーグッズを振り返る!!

バブル時期に流行った!?見栄張りカーグッズを振り返る!!

1980年代後半 ~ 1990年代初頭のバブル時期にカーグッズも、やはりバブリーな物が流行りました。中にはダミーや、使いもしないのに見栄だけで付けてるなんて方もいました。そんな物10選、振り返ってみました。
ギャング | 16,762 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト