B’z稲葉浩志が寄稿した津山市の冊子が2万部増刷の大反響!!
2017年1月23日 更新

B’z稲葉浩志が寄稿した津山市の冊子が2万部増刷の大反響!!

10年ごとに発行される津山市の冊子に、今回で2回目となる稲葉浩志の寄稿文が大きな反響を呼び話題になっている。寄稿文では、稲葉が津山市で音楽と共に過ごした日々が綴られている。

1,048 view

岡山県津山市の冊子で稲葉浩志が寄稿し話題を呼んでいる!

岡山県津山市で4月に発行された施策や市の概要をわかりやすくまとめた冊子に、B'zの稲葉浩志が寄稿したことが話題になっている。

市によると、15年度から取り組んでいるシティープロモーション戦略の一環で、市の要請に稲葉が快諾。要覧は10年ごとに発行され、同市出身の稲葉の登場は2回目となる。

前回の要覧は、岡山県外から問い合わせが相次ぎ、2千部を発行した後に3千部増刷するほどの人気だったという。答弁で常藤勘治特別理事は「多くの人に津山を知っていただきたい」と述べた。

今回発行された冊子では、更に部数が増えている。
「初版は2000部スタートでしたが、すぐに完売しました。その後に5000部を増刷しましたが、それでも数が追いつかず、さらに2万部の追加増刷をしました。前回も稲葉さんに登場していただきそのときは無料提供でしたが、反響がとても大きかったんです。そこで今回は、多くのみなさまにご提供するために有料にすることで財政的にも増刷が可能となりました」と津山市の担当者が語る。
津山市の冊子

津山市の冊子

要覧は10年ごとに発行され、同市出身の稲葉の登場は2回目となる。
1部300円の有料冊子。

問い合わせ
(津山市秘書広報室、電話0868-32-2029)
さらに郵送での取り寄せが可能なため県外の方の問い合わせが殺到し、多い日は1日に100件以上の電話がくることもあり、市では今回も反響の大きさに驚いている。
稲葉 浩志(いなば こうし)

稲葉 浩志(いなば こうし)

日本のボーカリスト・作詞家・作曲家・シンガーソングライターであり、音楽ユニット・B'zのメンバーである。ソロ活動の際には作曲とレコーディング等でのギター、アレンジ、プロデュース等も担当する。岡山県津山市出身。

母校は、県立津山高校で高校卒業まで津山市で過ごす。実家は化粧品店でファンが多く訪れる。兄は菓子店の社長をしている。

2000年には市として、初の市民栄誉賞を受賞。

「Made in Tsuyama」と題した稲葉の掲載ページとは

“Made in Tsuyama”と題し、故郷への思いをつづった稲葉の寄稿文。

書き出しには、《高校を卒業するまで、旅行も全く好きではなかった私にとっては、ほぼ津山だけが自分の世界でした》と述べている。
稲葉の寄稿文「Made in Tsuyama」

稲葉の寄稿文「Made in Tsuyama」

また音楽の原点について語られており、
《イギリスやアメリカなどからやってきたロックソングは津山のその部屋で毎日のように鳴らされ続け、親の怒鳴り声や蝉の声や雪景色などと混ざり合い、独自の音楽体験となり、私の体に刻み込まれ血となり肉となりました》

海外のロック音楽を自宅2階で毎日のように大音量でかけ、「静かにしんちゃい!」と母親に叱られて少年時代を過ごし、「親の怒鳴り声や蝉の声や雪景色などと混ざり合い、独自の音楽体験」になったという。

そして、《私は津山出身ですが、歌い手としての稲葉も『津山産』だと胸を張って言えます》と締めくくられている。

市の担当者は「要覧をきっかけに津山に興味を持ち、訪問してもらえれば」と期待を込める。
9 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

B'zの松本と稲葉、新ソロプロジェクトを始動!!2017年にそれぞれのコラボツアーを開催!!

B'zの松本と稲葉、新ソロプロジェクトを始動!!2017年にそれぞれのコラボツアーを開催!!

B'zの松本孝弘と稲葉浩志が、新たなソロプロジェクトを始動させることがわかった。松本はハワイ出身のマルチミュージシャンであるDaniel Ho(ダニエル・ホー)、稲葉はギタリストのStevie Salas(スティーヴィー・サラス)と、2017年にそれぞれのコラボレーションツアーを開催予定だ。
red | 1,029 view
【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 138,265 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 124,137 view
1999年7月、世間を熱狂の渦に巻き込んだGLAY伝説の「20万人ライブ」!!

1999年7月、世間を熱狂の渦に巻き込んだGLAY伝説の「20万人ライブ」!!

1999年7月31日に開催された「GLAY EXPO(通称:20万人ライブ)」を皆さん覚えていますでしょうか?
あの「イカ天」がついに30周年!記念スペシャルライブ「にしあらイカ天」が10月8日に開催!

あの「イカ天」がついに30周年!記念スペシャルライブ「にしあらイカ天」が10月8日に開催!

80年代後半から90年代前半にかけて若者の間で爆発的にヒットした「三宅裕司のいかすバンド天国」。1989年の放送開始から来年で30周年となるのを記念し、西新井ギャラクシティ・西新井文化ホールにて、スペシャルライブ「にしあらイカ天」の開催が決定しました。
隣人速報 | 3,645 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト