【ジャンボ鶴田】強すぎた怪物レスラーの足跡を辿る!数々の激闘を繰り広げた完全無欠のエース!!
2017年11月7日 更新

【ジャンボ鶴田】強すぎた怪物レスラーの足跡を辿る!数々の激闘を繰り広げた完全無欠のエース!!

1980~1990年代の日本プロレスマットで、最強の日本人レスラーと言われたジャンボ鶴田。スタン・ハンセンや天龍源一郎、三沢光晴、そして長州力らとの激闘の記憶はいまだ色褪せることはありません。全日本プロレスの完全無欠のエースと呼ばれたジャンボ鶴田、そのナチュラルな強さを足跡とともに振り返りましょう。

152,269 view

【完全無欠のエース】ジャンボ鶴田

【完全無欠のエース】ジャンボ鶴田

【完全無欠のエース】ジャンボ鶴田

ジャンボ 鶴田(1951年3月25日 - 2000年5月13日)は、日本のプロレスラー。本名・旧リングネーム:鶴田 友美。

三冠ヘビー級王座の初代王者であり、日本人初のAWA世界ヘビー級王者(第30代)。
ミュンヘンオリンピック、レスリンググレコローマンスタイル最重量級代表を経て全日本プロレスリング入り、ジャイアント馬場後継の次の時代の大型エースとして期待され1980年代、トップレスラーとして活躍。
B型肝炎を発症したことにより第一線を退き、その後は桐蔭横浜大学、中央大学、慶應義塾大学で非常勤講師を務めるなど、教育者としても活躍。

ニックネームは「若大将」のち「怪物」「完全無欠のエース」。
座右の銘である「人生はチャレンジだ、チャンスは掴め」は、プロレスの師であるジャイアント馬場から継承。

ツールータッ (オーッ)  ツールータッ (オーッ)

みなさんご一緒に!!

J ジャンボ鶴田のテーマ - YouTube

ジャンボ鶴田の来歴:全日本プロレス入団

有名だった「プロレスに就職します」

1972年10月31日、全日本プロレスへの入団表明の際、「僕のようなでっかい体の人間が就職するのには、全日本プロレスが一番適した会社かなぁと思って。尊敬する馬場さんの会社を選びました」と発言。これが「プロレスに就職します」と報道された。

入団後はテキサス州アマリロのザ・ファンクスのもとへ修行に行き、スタン・ハンセンやボブ・バックランドとも邂逅。特にハンセンとは気が合ったようで、一緒にインスタントラーメンを分け合って食べる程の仲だった。
ザ・ファンクスの父、ドリー・ファンク・シニアは鶴田を見て「この男はレスラーになるための下地はとっくに出来ている。あとは経験を積むだけだ」と評した。
ジャンボ鶴田の来歴:全日本プロレス入団

ジャンボ鶴田の来歴:全日本プロレス入団

1973年、プロデビュー

1973年3月24日にプロデビュー。2ヶ月後にはドリー・ファンク・ジュニアのNWA世界ヘビー級王座に挑戦。
さらに8月9日にはスタン・ハンセンと組み、当時ザ・ファンクスが保持していたインターナショナル・タッグ王座に挑戦。

10月には帰国し、後楽園ホールにおけるムース・モロウスキー戦で国内デビュー。
蔵前国技館でのザ・ファンクスとのインターナショナル・タッグ王座戦の馬場のパートナーに選ばれる。
この抜擢については全日内外、メディアからも猛批判が上がったが、アメリカに渡り鶴田の成長ぶりをその目で確認していた馬場は「まあまあ、とにかく試合を見て判断してくれ」と自信たっぷりに答えている。
60分3本勝負の1本目ではテリー・ファンクからジャーマン・スープレックス・ホールドでピンフォールを奪い、ほどなく全日本プロレスNo.2の地位につく。

1973年10月27日にリングネームをジャンボ鶴田と改名。師匠であるジャイアント馬場と同様にスケールの大きなプロレスを期待されての命名であった。

ジャンボ鶴田の来歴:1970年代中盤~ライバル達との出世争い

3年連続で年間ベストバウトを受賞

1970年代中盤は、様々なライバルとの激闘を経て着実にレスラーとしての階段を上る。

1977年8月25日に行われたミル・マスカラスとの田園コロシアム決戦を含め、東京スポーツ主催のプロレス大賞において3年連続年間ベストバウトを受賞。
ジャンボ鶴田の来歴:1970年代中盤~ライバル達との出世争い

ジャンボ鶴田の来歴:1970年代中盤~ライバル達との出世争い

当時の必殺技はスープレックス

この時期の鶴田の代名詞は、UNヘビー級王座と背後に星を刻んだレスリングタイツ。

必殺技は4種類のスープレックス、特にジャーマン・スープレックスとトップロープからのウルトラCドロップキックを大一番で用いた。

ジャンボ鶴田の来歴:1980年代前半~世界の鶴田へ

107 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 2018/4/18 23:35

    「強過ぎた」とか「怪物」とか言ってるけど、ミスター高橋が言うように、プロレスなんて試合前から勝敗が決まってるFAKEなのに、なぜ「強過ぎた」とか「怪物」とか言えるのか意味がわからない。
    猪木みたいに、アリと対戦するとか、客観的に強い相手と対戦しないで、「強過ぎた」とか「怪物」とか言えるのか、根拠を示して欲しい!

    プロレスは、試合ではなく「芝居」である。

    完全無欠のエース 2017/11/19 18:44

    やっぱりプロレスラー最強はJ!!

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

天龍源一郎はジャイアント馬場・アントニオ猪木からピンフォールを奪った唯一の日本人レスラー!プロレス界の風雲児でした!!

天龍源一郎はジャイアント馬場・アントニオ猪木からピンフォールを奪った唯一の日本人レスラー!プロレス界の風雲児でした!!

闘志を前面に出した天龍の妥協なきファイトは見る者を熱くさせました。ジャイアント馬場・アントニオ猪木からピンフォールを奪った彼もまた伝説となることでしょう。全日本プロレス時代のジャンボ鶴田との死闘、天龍同盟は全国に熱いプロレスを届けました。どこにいっても激しいプロレスを体現する、天龍源一郎はまさにプロレス界の風雲児です。
青春の握り拳 | 13,342 view
【存在自体反則】初代三冠統一ヘビー級王者ジャンボ鶴田のベストバウト

【存在自体反則】初代三冠統一ヘビー級王者ジャンボ鶴田のベストバウト

ミュンヘン五輪でレスリングのグレコローマンスタイル最重量級代表を経て、全日本プロレスへ入団。「若大将」とファンから人気を集めたジャンボ鶴田はレスリングでの実績と恵まれた体格で一躍トップレスラーへのし上がり、存在自体が反則と呼ばれるようになります。
ウラ・ヤマト | 11,942 view
【プロレスラー入場テーマ曲・80~90年代】まさに花道、プロレスラー達の入場テーマ曲を主なヘビー級レスラーの歴史とともに振り返る。

【プロレスラー入場テーマ曲・80~90年代】まさに花道、プロレスラー達の入場テーマ曲を主なヘビー級レスラーの歴史とともに振り返る。

プロレスを愛する人々にとって贔屓のプロレスラーの入場ほど気持ちが高揚する瞬間はありません。アントニオ猪木、ジャイアント馬場から始まる数々の名レスラー達、その入場時には自らとファンのボルテージが一気に高まる入場テーマ曲を用意して試合に臨んでいました。そんな興奮を味わいたくて会場に足を運んだ人も多いのではないでしょうか。80~90年代の名レスラー達とともに振り返ってみましょう。
青春の握り拳 | 444,448 view
【田上明】「ダイナミックT」もう一人の四天王、三沢亡き後のプロレスリング・ノアを支える田上明。

【田上明】「ダイナミックT」もう一人の四天王、三沢亡き後のプロレスリング・ノアを支える田上明。

1990年代に全日本プロレスでジャンボ鶴田のパートナーとして超世代軍と数々の激闘を繰り広げ、後に川田利明と聖鬼軍を結成して全日本プロレス四天王に君臨した田上明。恵まれた体格を生かしたダイナミックな動きから「ダイナミックT」と称されました。三沢光晴がプロレスリング・ノアを設立した際はともに行動し、2009年三沢急逝の後は2代目社長として活躍しています。
青春の握り拳 | 11,328 view
【川田利明】「デンジャラスK」三沢を追い続け、選手大量離脱後の全日本プロレスを守った男、川田利明。

【川田利明】「デンジャラスK」三沢を追い続け、選手大量離脱後の全日本プロレスを守った男、川田利明。

1990年代に全日本プロレスの異端児として数々の激闘を繰り広げ、全日本プロレス四天王に君臨した川田利明。妥協を嫌いリング上に緊迫した空気を作り上げる川田は「デンジャラスK」と称されました。高校時代の先輩三沢光晴を慕って全日本に入門した川田、しかし三沢がプロレスリング・ノアを設立した際には袂を分ち全日本プロレスを守りました。三沢との物語やキック主体の激しいファイトスタイルに私たちは魅了されました。
青春の握り拳 | 25,947 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト