レイモンド・チャンドラーが生み出した、世界でもっとも美しい名前を持つ私立探偵フィリップ・マーロウ。
2019年8月1日 更新

レイモンド・チャンドラーが生み出した、世界でもっとも美しい名前を持つ私立探偵フィリップ・マーロウ。

フィリップ・マーロウ。世界一かどうかは定かではありませんが、確かに美しい名前ですね。その名前以上に魅力的な男でもあります。生みの親レイモンド・チャンドラーが生涯に残した長編小説は7つ。全てが名作。フィリップ・マーロウの魅力がいっぱいです。

992 view

レイモンド・チャンドラー

活字離れ、出版不況と言われ、小説を取り巻く環境には厳しいものがあります。それでもまだ推理小説は人気があるようですが、似て非なるとはいえハードボイルドの方は目を覆うばかり。昔は人気があったんですけどねぇ。
ハードボイルドを若い人にはぜひ読んでもらいたいし、そうでない方にはぜひ読み返して頂きたい。先ずは、そう、第一人者であるレイモンド・チャンドラーをお勧めする次第です。
レイモンド・チャンドラー

レイモンド・チャンドラー

誕生:1888年7月23日 アメリカ合衆国 イリノイ州シカゴ
死没:1959年3月26日(70歳没)
職業:小説家
国籍:アメリカ合衆国 (1888–1907, 1956–59)
推理小説であれば、主人公は名探偵。しかし、ハードボイルドとくれば、主人公は私立探偵であることが望ましいように思います。
世界で最も美しい名前を持った私立探偵と言われるフィリップ・マーロウ。レイモンド・チャンドラーの長編小説の主人公は、この男が務めます。
フィリップ・マーロウ

フィリップ・マーロウ

年齢:33歳
身長:6フィート
体重:190ポンド
職業:私立探偵
フィリップ・マーロウのアメリカでの人気は日本の比ではなく、長編映画、TVシリーズ、ラジオドラマ、そしてコミック化もされているほどです。

映像に関しては、ハンフリー・ボガート、ロバート・ミッチャムをはじめとして、ジェームズ・ガーナー、ジェームズ・カーン、エリオット・グールド、ジョージ・モンゴメリー、ロバート・モンゴメリー、パワーズ・ブース、ジェイソン・オマラ、ディック・パウエル、フィリップ・ケーリー、ダニー・グローバー、トマス・ハナクなど、実に多くの役者がフィリップ・マーロウを演じています。

PHILIP MARLOWE in TV & Film

レイモンド・チャンドラーの長編作品は全部で8作(そのうち1作は未完)。遺作となった「プレイバック」を除き全て映画化されていて、主人公のフィリップ・マーロウを実に多くの俳優が演じています。比べてみると楽しいですよ。
それではレイモンド・チャンドラーの名セリフがちりばめられた、どれをとっても不朽の名作を順に紹介していきます。

大いなる眠り

レイモンド・チャンドラーの長編作品は近年 村上春樹が翻訳したことで新たに注目されました。まぁ、それで若い読者を獲得したのであれば結構なことです。勿論、作品は村上春樹人気に助けを借りなくても素晴らしいのですが、長編1作目の「大いなる眠り」からして傑作ときています。
大いなる眠り

大いなる眠り

私立探偵フィリップ・マーロウ。三十三歳。独身。命令への不服従にはいささか実績のある男だ。ある日、彼は資産家の将軍に呼び出された。将軍は娘が賭場で作った借金をネタに強請られているという。解決を約束したマーロウは、犯人らしき男が経営する古書店を調べ始めた。表看板とは別にいかがわしい商売が営まれているようだ。やがて男の住処を突き止めるが、周辺を探るうちに三発の銃声が…。
ハードボイルドはタフな私立探偵にセクシーな美女というのはお決まりです。その登場人物のこだわりぬいた粋な会話は大きな魅力ですからね。
「大いなる眠り」は映画化され1955年に日本でも公開されましたが、何故か邦題は「三つ数えろ」。出演者はハンフリー・ボガートにローレン・バコール。ボギーが演じるフィリップ・マーロウってのはやっぱりいいもんです。

The Big Sleep trailer

監督は名匠ハワード・ホークス。モノクロってのが雰囲気があっていいですね。ハードボイルド映画にぴったり。それにしても、ローレン・バコールは美しいです。

本書の中でフィリップ・マーロウが探偵という仕事について語っています。「事件を引き受ける。つまり生活の為に売るべきものを売っている。神様からもらった少しの勇気と知恵と依頼人を保護しようと歩き回る熱心さ。それだけさ」思わず私立探偵になってしまいそうになります。

さらば愛しき女よ

長編シリーズの第2作目「さらば愛しき女よ」。村上春樹訳 では「さよなら、愛しい人」となる。現代風と言えなくもありませんが、でも、ねぇ、ハードボイルドらしさで言えばやはり「さらば愛しき女よ」でしょう。因みに原題は「Farewell, My Lovely」です。
さらば愛しき女よ

さらば愛しき女よ

刑務所から出所したばかりの大男へら鹿マロイは、八年前に別れた恋人ヴェルマを探して黒人街にやってきた。しかし女は見つからず激情に駆られたマロイは酒場で殺人を犯してしまう。現場に偶然居合わせた私立探偵フィリップ・マーロウは、行方をくらました大男を追って、ロサンジェルスの街を彷徨うが…。マロイの一途な愛は成就するのか?
ここでのフィリップ・マーロウはもちろんカッコいいのですが、もう1人魅力的な男が登場します。殺人を犯した大鹿というあだ名を持つマロイです。本書は大鹿マロイの不器用なまでの一途な愛が魅力となっています。

3度映画化されているようですが、日本で有名なものとしては1975年に公開されたロバート・ミッチャム主演のものでしょう。
48 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ハードボイルドとバイオレンスの宝庫!『野獣死すべし』の作家【大藪春彦】を振り返る

ハードボイルドとバイオレンスの宝庫!『野獣死すべし』の作家【大藪春彦】を振り返る

ハードボイルドとバイオレンスの宝庫である大藪春彦さんの作品には、多くの方が熱くなったのではないでしょうか?今回はそんな大藪春彦さんと代表作を振り返ってみたいと思います。
つきねこ | 1,265 view
日本人にハンバーガーの存在を知らしめてくれたマクドナルド。ですが、初期のドナルドはちょっとヘン。

日本人にハンバーガーの存在を知らしめてくれたマクドナルド。ですが、初期のドナルドはちょっとヘン。

マクドナルドが日本に誕生して50年近く経ちます。今なお愛され続けている。何よりも、日本にハンバーガーの存在を嫌というほど知らしめてくれました。初期のドナルドを見て頂きたくもあり、敬意を表してマクドナルドを振り返ってみます。
obladioblada | 2,943 view
あの映画にも原作があった!スピルバーグ監督は原作ものが好き!?

あの映画にも原作があった!スピルバーグ監督は原作ものが好き!?

ヒットメーカーにして、もはや巨匠のひとりスティーヴン・スピルバーグ監督。実質の映画デビュー作である1971年『激突!』も、最新作である2018年『レディ・プレイヤー1』にも原作があるんです。じつはあれにもこれにも原作が!?そんな作品たちをご紹介します。
こういち | 1,147 view
【訃報】波乱万丈の作家・安倍譲二さん死去。彼の規格外のエピソードを振り返る。

【訃報】波乱万丈の作家・安倍譲二さん死去。彼の規格外のエピソードを振り返る。

自身の刑務所での体験を描いた「塀の中の懲りない面々」などで知られる作家・安部譲二さんが、急性肺炎のため、東京都内の自宅で亡くなっていたことが明らかとなりました。82歳でした。
隣人速報 | 4,819 view
「職業・作家、ただ今処女作執筆中」の椎名桜子!!現在は何をやってるの?

「職業・作家、ただ今処女作執筆中」の椎名桜子!!現在は何をやってるの?

バブル景気に沸いた80年代後半。1988年に小説「家族輪舞曲」でデビューを飾り、同名映画では監督を務めたことで話題となった小説家・椎名桜子さんを皆さん覚えていますでしょうか?

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト