オリンピックでは、競技と共に思い出の音楽がある!!②
2018年2月24日 更新

オリンピックでは、競技と共に思い出の音楽がある!!②

「オリンピックでは、競技と共に思い出の音楽がある!!①」の続編だ。今回は1976年のインスブルックオリンピックからお話を進めて見ようかと思っています。どのような楽曲があったか、またトリビアなどを紹介しよう。懐かしく思われる方も多いのでは??

301 view

自然保護の観点からオリンピック開催国が変更になった例!!

1976年インスブルックオリンピックは、1976年2月4日から2月15日まで、オーストリアのインスブルックで行われた冬季オリンピックである。当初、1976年冬季大会は1970年に開催された第69回IOC総会でデンバー(米国)での開催が決定していたが、環境破壊等の問題で住民の反対運動のため、1972年10月に実施された住民投票で大会開催が返上され、1973年2月にインスブルックに開催が変更されたのだ。

はっきり言って私はこの大会の出来事に関して思い出がほとんどないに等しい。一つの理由として日本人のメダル獲得者がだれもいないのでマスコミも騒ぐことができなかったのだろう!!
インスブルックのスキーのジャンプ台

インスブルックのスキーのジャンプ台

まだまだ使えそうですね!!!

カナダと英国が親密だったことが分かった1976年モントリオールオリンピック!!

上記動画を見ると、エリザベス英国女王が開会宣言を行っている!!。しかもフランス語で!!
理由は私には分かりますが、分からない方には宿題にします。ご自分で調べて見て下さい。

「モントリオール賛歌」ってご存知でしたか??

ルーマニアの妖精コマネチが女子体操で、10点満点を連発してすっかり有名になったことで知られる1976年のモントリオールオリンピック。実は、このモントリオールオリンピックの際にテーマ音楽として使われるはずだった「幻の曲」が、「モントリオール賛歌」なんです。
幻の曲と言いましたが、曲自体は存在し、音源もあるのですが、なぜかオリンピックの大会中一度も使われないまま大会は終了してしまったのだ。その理由は未だに明かされていない。まさにミステリーである。

モントリオールでは女子バレーボールと男子体操が金メダル!!

新東洋の魔女たち〜モントリオール・オリンピック〜Gold medal match 1976 Summer Olympic games

新東洋の魔女強し!!

1979年、ソ連のアフガン進攻で暗雲が垂れ込め始めた1980年レイクプラシッドオリンピック!!

1980年レークプラシッドオリンピックのジャンプ台

1980年レークプラシッドオリンピックのジャンプ台

アメリカ合衆国のレークプラシッドで開催された,第13回オリンピック冬季競技大会。1980年2月13日から 24日まで行なわれた。1932年第3回大会以来 48年ぶり 2度目の開催となったが,広い会場内の観客輸送や選手村の施設に不満の声が聞かれた。この大会では史上初めて人工雪が使用された。
開会の数ヵ月前,1979年12月にソビエト連邦がアフガニスタンに軍事侵攻し,アメリカのジミー・カーター大統領は 1980年夏に予定されていたモスクワ・オリンピック競技大会のボイコット声明を出した。

5 minutes of the miracle on ice

最も注目を集めた競技はアイスホッケーだろう。当時私はアメリカの中西部の大学に通っていた最中で,大学寄宿舎の食堂で学友たちと一緒にテレビ観戦をしていて、大学生中心のアメリカチームが当時無敵のソ連チームを破り,奇跡の優勝を遂げた時には一斉に歓喜の声に包まれ、思わず、となりの金髪娘と抱擁してしまった記憶が蘇ってきた。日本ではどうでしたか??

渡部絵美さんの演技 (レイクプラシッド五輪1980) Emi Watanabe

日本ではやはりこの人の話題ですかね!?。
前年の世界選手権で3位入賞を果たし、メダルの期待がかかったオリンピックでプレッシャーの中、ショートプログラムのコンビネーションジャンプを失敗してしまう。失意の渡部絵美の表情が辛い。しかし、フリーでは笑顔も見られ、絵美さんらしい演技をしてくれたことが救いだった。

レークプラシッドオリンピックのテーマ音楽はアメリカらしいヒュージョン音楽

Chuck Mangione - Give It All You Got

1980年レイクプラシッド冬季オリンピックのテーマ音楽はオリンピックの開会式でチャック・マンジョーネが吹いた“栄光を目指して(Give It All You Got)”だ。今でも時々聞くことがある超有名な曲だ。
あと、Feel So Goodも味がある曲である。
25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

思い出の「昭和有名人マンガ劇場」:第10回 ルーマニアの白い妖精『コマネチ物語』!

思い出の「昭和有名人マンガ劇場」:第10回 ルーマニアの白い妖精『コマネチ物語』!

僅か14歳ながら、モントリオール・オリンピックの大舞台で次々と10点満点を連発し、最年少での個人総合優勝を果たしたナディア・コマネチ。「白い妖精」と呼ばれたその姿は、今でも覚えている人は多いでしょう。今回はそのナディア・コマネチの伝記漫画である『コマネチ物語』を紹介します!
滝口アキラ | 1,043 view
サッカー好きは必見!スポーツブランド『ヤンガー』の懐かしいシューズをパシャパシャ写真に収めてきた!!

サッカー好きは必見!スポーツブランド『ヤンガー』の懐かしいシューズをパシャパシャ写真に収めてきた!!

スポーツブランド『ヤンガー』を覚えていますか?「ヤンガーロンパン」や現在では当たり前の「トレーニングシューズ(通称:トレシュー)」の発売を始めました!懐かしの画像と共にヤンガーを振り返ります。
ナンシー・ケリガン殴打事件直後に放送された幻の映画『氷上の疑惑』!あの伊藤みどりも登場!

ナンシー・ケリガン殴打事件直後に放送された幻の映画『氷上の疑惑』!あの伊藤みどりも登場!

1994年、リレハンメル・オリンピックの選考会となる全米選手権の会場で「ナンシー・ケリガン襲撃事件」が発生した。オリンピック代表を巡る一大スキャンダルが幻のTV映画となっていたのはご存知ですか?1994年に放映された幻ともいえる作品を紹介します。
滝口アキラ | 970 view
長野五輪開催により消えた「峠のシェルパ」と「碓氷峠」。その後の特急【189系と489系】も残り1編成に

長野五輪開催により消えた「峠のシェルパ」と「碓氷峠」。その後の特急【189系と489系】も残り1編成に

日本に鉄道の難所はいくつかありますが、その中でも一般に広く知られているのが、群馬県と長野県境の「碓氷峠」でしょう。「碓氷峠専用機関車」と「碓氷峠対応特急」が製造されていました。1997年10月の長野新幹線開業によりこの区間は廃止され、車両は散り散りになりましたが、現在でもごくわずかに残っている車両もあります。その中の2編成が4月(2018年)にラストランというニュースも入ってきました。189系と489系特急電車についてご紹介します。
オリンピックでは、競技と共に思い出の音楽がある!!③

オリンピックでは、競技と共に思い出の音楽がある!!③

「オリンピックでは、競技と共に思い出の音楽がある!!②」の続編だ。今回は1984年のサラエボ冬季オリンピックからお話を進めて見ようかと思っています。どのような楽曲があったか、またトリビアなどを紹介しよう。懐かしく思われる方も多いのでは??

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト