パンクを映像化するとこのようにしかならない!と誰もが納得するであろう石井聰亙の初期作品!
2018年7月21日 更新

パンクを映像化するとこのようにしかならない!と誰もが納得するであろう石井聰亙の初期作品!

今なお絶大な人気を誇る石井岳龍が石井聰亙を名乗っていた頃のパンキッシュな作品群。パンクを映像化するとこのようにしかならないと誰もが納得するであろう作品群。そんな作品を集めた「石井聰亙作品集DVD-BOX 1 ~PUNK YEARS 1976-1983~」をご紹介します。

2,273 view

石井 聰亙

石井聰亙とは、日本を代表する映画監督のひとり石井岳龍の改名前の名前です。むしろ映画好き、音楽好きの間ではこちらの名前の方で知られているのかもしれません。何故、音楽好きの間で知られているかといえば、それはもう石井聰亙時代の映画はパンクだったからです。そう、パンクとしか言いようのない映画でした。
その時代の代表作といえば「狂い咲きサンダーロード」でしょう。
石井 聰亙

石井 聰亙

生年月日:1957年1月15日
出身地:福岡県福岡市
職業:映画監督
活動期間:1976年~現在

写真は映画「狂い咲きサンダーロード」より
ブルース・スプリングスティーンの曲からとられたと思われるロックなタイトル。泉谷しげる が担当した美術もいかにもロック。主人公の真っ黒なコスチュームが印象的ですが、クライマックスでのバトルシーンでは石井聰亙が自ら纏って演じているのだそうですよ。

音楽好きにも熱狂的なファンを持っている石井聰亙の初期作品がまとめて観れるのが「石井聰亙作品集DVD-BOX 1 ~PUNK YEARS 1976-1983~」です。
石井聰亙作品集DVD-BOX 1 ~PUNK YEAR...

石井聰亙作品集DVD-BOX 1 ~PUNK YEARS 1976-1983~

『高校大パニック』『1/880000の孤独』『突撃!博多愚連隊』『狂い咲きサンダーロード』『シャッフル』『アジアの逆襲~2005 REMIX LIVE VERSION~』の6作品を収録。

石井聰亙

それでは、ご紹介しましょう。今となっては劇場ではなかなか観ることが出来ない。しかし、奇跡ともいえる素晴らしい作品ばかりですよ。

高校大パニック

「石井聰亙作品集DVD-BOX 1 ~PUNK YEARS 1976-1983~」には、「高校大パニック」「1/880000の孤独」「突撃!博多愚連隊」「狂い咲きサンダーロード」「シャッフル」「アジアの逆襲~2005 REMIX LIVE VERSION~」といった6作品が収められています。

日本大学芸術学部入学直後の1976年に自主映画として8mmで制作されたのが監督デビュー作となる「高校大パニック」です。
言ってみれば学生映画なのですが、これが注目され、1978年に日活で澤田幸弘との共同監督というかたちでリメイクされます。
高校大パニック

高校大パニック

キャッチコピーの「数学できんが、なんで悪いとや!」が話題となり石井聰亙は注目されることになります。
このキャッチコピーがどのくらい話題となったかと言いますと、「うる星やつら」「マカロニほうれん荘」「すすめ!!パイレーツ」といった当時大人気だったギャグマンガでこぞってパロディとして使われていることからも伺えます。

肝心の映画の方は、後にトレンディドラマ女優となる若かりし頃の浅野温子のヌードが観れるということで今や違った意味でカルトになっていますね。

高校大パニック

浅野温子のヌードはありがたい。しかし、映画は自主製作の方が面白く、日活版は「高校小パニック」と影口を言われるような残念な結果になってしまいました。
日活としては学生に監督をさせるのはリスクが高いと考え、共同監督というかたちをとったのでしょうが、裏目に出た結果といえそうです。

ビデオでは2作目となる「1/880000の孤独」と共に自主製作版の「高校大パニック」を観ることが出来ます。

Amazon | 高校大パニック+1/880000の孤独 [DVD] | 映画

13,550
梅津正信, 中村ジョー, 入戸野誠, 山崎いずみ, 石井聰亙 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。
「高校大パニック」では、加熱する受験戦争と管理教育に耐えられなくなった高校生のフラストレーションが爆発するという内容でしたが、2作目の「1/880000の孤独」は予備校に通う浪人生が希望が見いだせないまま悶々としてストレスを溜め込んでいくさまが不気味に描かれています。そして爆発するという。
フラストレーションやストレス。それは作家 石井聰亙の原動力なのかもしれません。

突撃!博多愚連隊

自主制作映画3作目「突撃!博多愚連隊」。1978年の作品です。内容的にもですが、泉谷しげる も登場して次に来る「狂い咲きサンダーロード」の準備が整ったといってよい作品です。
突撃!博多愚連隊

突撃!博多愚連隊

出演は志水正義、八谷富夫ほか。文句なしに面白いです。学生が撮ったとは思えません。しかしなにより既に石井聰亙の個性が確立されていることに驚きます。

物語は、偶然に拳銃を手にしたチンピラにヤクザが喧嘩を売ってくるのですが、誤ってヤクザの親分の息子を殺めてしまいます。
警察とヤクザとに追われ、逃げる為に銀行強盗まで犯すことに。裏切り、怒り、孤独。カオスと化したそれぞれの思惑が入り乱れ暴動になる。実に石井聰亙的です。

狂い咲きサンダーロード

35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

80年代初頭を駆け抜けた伝説のバイオレンス映画、遂に復活!「狂い咲きサンダーロード」は俺たちの教科書だった!

80年代初頭を駆け抜けた伝説のバイオレンス映画、遂に復活!「狂い咲きサンダーロード」は俺たちの教科書だった!

「上等じゃないのよ、やってやろうじゃないのよ!」、「今日から、お前ら皆敵だ!」 数々の男泣きする名セリフを残し、再起不能の傷を負わされながらも、黒の戦闘服に身を包み戦いに挑んだ伝説のヒーロー「仁さん」が、遂に帰って来た!
滝口アキラ | 11,231 view
ゾンビ映画というスタイルを完成させたジョージ・A・ロメロ監督。代表作でもあるゾンビ三部作がこれだ!

ゾンビ映画というスタイルを完成させたジョージ・A・ロメロ監督。代表作でもあるゾンビ三部作がこれだ!

ゾンビが出てくる映画は古くからあったのですが、それまでのゾンビは人を襲ったりはしていないんです。ジョージ・A・ロメロ監督が全てを変えてしまいました。人を襲い、食らう。そんなゾンビ映画を確立したジョージ・A・ロメロ監督のゾンビ三部作です。
obladioblada | 2,708 view
あぶらだこ、アレルギーなどの幻の映像が蘇る!80'sパンクシーンを収めた映画「aura aurora」が公開!

あぶらだこ、アレルギーなどの幻の映像が蘇る!80'sパンクシーンを収めた映画「aura aurora」が公開!

80年代のパンクシーン黎明期を描いた貴重なライブ・ドキュメンタリー「aura aurora / オーラ・オーロラ」が、9月14日より東京「新宿 K's cinema」など全国の劇場で公開されることが決定しました。
隣人速報 | 860 view
「おたく評論家」の宅八郎がイケメンになり過ぎて「元EXILEのHIRO」と間違える現象が!!

「おたく評論家」の宅八郎がイケメンになり過ぎて「元EXILEのHIRO」と間違える現象が!!

80年代始め無署名で執筆者としての活動を開始し、自らを「おたく評論家」と名乗りお茶の間に宅さん自身とそれが演じる"ヲタク"に対する強烈な印象を与えた宅八郎さんが最近イケメン化してきたとの情報が・・・
ギャング | 32,166 view
伝説のパンクバンド「アナーキー」!逸見泰成の死を乗り越え、18年ぶりにアルバムを発表!!

伝説のパンクバンド「アナーキー」!逸見泰成の死を乗り越え、18年ぶりにアルバムを発表!!

和製パンクバンドの始祖として名高い亜無亜危異(アナーキー)が、18年ぶりの新作アルバム「パンクロックの奴隷」をリリースすることが明らかとなりました。発売予定日は9月5日。
隣人速報 | 5,352 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト