80年代初頭を駆け抜けた伝説のバイオレンス映画、遂に復活!「狂い咲きサンダーロード」は俺たちの教科書だった!
2016年12月20日 更新

80年代初頭を駆け抜けた伝説のバイオレンス映画、遂に復活!「狂い咲きサンダーロード」は俺たちの教科書だった!

「上等じゃないのよ、やってやろうじゃないのよ!」、「今日から、お前ら皆敵だ!」 数々の男泣きする名セリフを残し、再起不能の傷を負わされながらも、黒の戦闘服に身を包み戦いに挑んだ伝説のヒーロー「仁さん」が、遂に帰って来た!

11,667 view
36年ぶりに、あの雄姿がスクリーンに蘇る!

36年ぶりに、あの雄姿がスクリーンに蘇る!

出典 滝口アキラ
長らく逸失したと思われていた、1980年撮影当時の本編16mmネガ・フィルムが、2015年の夏に奇跡的に発見され、映画ファンからのクラウドファンディングにより資金を調達!入念なデジタル修復が行われ、更には高画質の上映用素材も作成。先日のイベント上映に続き、2016年12月10日よりついに一般再公開が実現した伝説のバイオレンス映画、それが今回紹介する「狂い咲きサンダーロード」だ!
見よ、本編タイトルシーンのカッコよさ!

見よ、本編タイトルシーンのカッコよさ!

出典 狂い咲きサンダーロード 本編より

映画 「狂い咲きサンダーロード」 予告編 Crazy Thunder Road (1980)

公開当時の劇場用パンフ表紙。

公開当時の劇場用パンフ表紙。

出典 滝口アキラ
当時23才の石井岳龍監督が、当時ユニークな番組編成で映画マニアに知られていた、上板東映の小林支配人からの出資を受けて製作された16ミリの自主映画が、そのクオリティの高さから東映系の劇場で公開されたことは、公開当時も大きなニュースとして報道されたので、覚えておられる方も多いのでは?
撮影当時の石井監督とスタッフたち。

撮影当時の石井監督とスタッフたち。

出典 滝口アキラ
激しく揺れ動くカメラ、スピード感溢れるアクション!全編に流れるロック音楽は泉谷しげる、そしてパンタ&ハル!更には当時としては珍しい男同士のBL描写(しかも相手は若き日の小林稔侍!)に加え、とても自主映画とは思えない爆破・カースタントシーンの数々!
ラストの大バトルシーン撮影中のスタッフキャスト。

ラストの大バトルシーン撮影中のスタッフキャスト。

出典 滝口アキラ
正に全編が見所と言えるこの映画なのだが、何といっても最大の魅力は、主人公である暴走族「魔墓狼死」の特攻隊長、仁さんのキャラクターにあると言える。
極悪集団「魔墓狼死」特攻隊長仁さん(中央)と、頼れる仲...

極悪集団「魔墓狼死」特攻隊長仁さん(中央)と、頼れる仲間たち。

出典 滝口アキラ
破壊と破滅に向かって突っ走る主人公「仁さん」の姿に、何故我々男たちは時代を超えて憧れるのか?
公開から36年の歳月を経て、俺たちの前に不死鳥の様に蘇った「狂い咲きサンダーロード」とは、いったいどんな映画だったのか?今こそ振り返ってみようと思う。

ストーリー

近未来の日本。幻の町サンダーロードに集合した暴走族の頭(ヘッド)たちにより、各グループの解散が決定する。
「俺たち、愛される暴走族になろうってわけよ」そんな決定に反旗を翻し、一人反逆する凶暴な男がいた。極悪集団「魔墓狼死」の特攻隊長の仁だ。
腑抜けた決定に従うことなく、数人の仲間と襲撃・暴力を繰り返す仁たちに業を煮やした頭たちは、仁を襲撃し二度とバイクに乗れないよう、仁の右手首と片足首を切断し町に放り出した。幻覚にうなされる中、彷徨い続け辿り着いた町で、仁は二人の仲間=麻薬中毒の悪ガキ小太郎と、指名手配中の爆弾魔オッサンと出会う。二人の協力により、全身武装の戦闘マシーンとして蘇った仁は、全身を黒の戦闘服に包み再び復讐のためにサンダーロードの町へと舞い戻った。今、サンダーロードに殺戮の嵐が巻き起こる!

80年代初頭に突然出現した、2本の伝説的バイオレンス映画とは?

本作が公開されたのは、1980年の8月30日のこと。その前年の1979年12月には、同じくバイオレンス映画のレジェンドとも言える「マッドマックス」が日本で公開されている。偶然とは言え、この2本がほぼ同時期に出現したことは、何か因縁めいたものを感じさせる。
初公開時のチラシ。なんと同時上映は「聖獣学園」だった!

初公開時のチラシ。なんと同時上映は「聖獣学園」だった!

出典 滝口アキラ
実は、本作の公開当時から基本設定が似ていると言われていた「マッドマックス」の日本公開よりも、本作の製作開始の方が早く、映画完成後に初めて「マッドマックス」を見たスタッフたちは、「何だ、俺たちの方が面白いじゃないか」と思ったとか。
今改めて本作を見返してみると、OPの暴走族の集会に続く仁さんたちの襲撃シーンは、むしろ1979年に公開された「ウオリアーズ」からの影響が強いと思われる。
暴走族の集会を襲撃した仁さんたち。映画「ウォリアーズ」...

暴走族の集会を襲撃した仁さんたち。映画「ウォリアーズ」からの影響が強い。

出典 滝口アキラ
筆者のコレクションより。公開当時の関西地区新聞広告。

筆者のコレクションより。公開当時の関西地区新聞広告。

出典 滝口アキラ
43 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

パンクを映像化するとこのようにしかならない!と誰もが納得するであろう石井聰亙の初期作品!

パンクを映像化するとこのようにしかならない!と誰もが納得するであろう石井聰亙の初期作品!

今なお絶大な人気を誇る石井岳龍が石井聰亙を名乗っていた頃のパンキッシュな作品群。パンクを映像化するとこのようにしかならないと誰もが納得するであろう作品群。そんな作品を集めた「石井聰亙作品集DVD-BOX 1 ~PUNK YEARS 1976-1983~」をご紹介します。
obladioblada | 2,434 view
松田優作が10kg減量、奥歯を4本抜き、あるシーンでまばたきすらしなかった映画『野獣死すべし』

松田優作が10kg減量、奥歯を4本抜き、あるシーンでまばたきすらしなかった映画『野獣死すべし』

1980年公開、松田優作主演の映画『野獣死すべし』。狂気の殺人者が描かれた本作には、妖艶な雰囲気を持った小林麻美も出演。美人過ぎる画像も集めた。「まばたき無し」の長回しシーンなど逸話だらけの映画『野獣死すべし』を特集する。
ひで語録 | 16,974 view
【スターウォーズ(エピソード5)帝国の逆襲】悪役(?)でもダースベイダーがかっこ良すぎて…!

【スターウォーズ(エピソード5)帝国の逆襲】悪役(?)でもダースベイダーがかっこ良すぎて…!

 「スターウォーズ帝国の逆襲」(当時)は、先の「スターウォーズ」シリーズの第二段として1980年に公開されました(現在では「ルーク・スカイウォーカーを主人公とする旧三部作の第2章『エピソード5』」。子供も大人も楽しめる、笑える話や壮大な宇宙のドラマ、そして、かっこよかったハン・ソロにダースベイダー…今一度、ふりかえってみます。(トヨタ プリウスCMもみつけました)
Yam | 3,208 view
『二百三高地』 上映時間3時間、制作年数3年、日露戦争・旅順攻防戦を描いた超大作

『二百三高地』 上映時間3時間、制作年数3年、日露戦争・旅順攻防戦を描いた超大作

陸の大激戦地・旅順203高地をリアルに豪華キャストで描いた作品。地獄のような戦闘シーンに重点をおきながらも、ロシアに親近感を抱いていた小学校教諭の青年の変貌ぶりを見事にマッチさせ、戦争とは、人間とは、を考えさせられる大作です。
ナベゲン | 15,101 view
邦画興行成績の新記録!カンヌも獲った黒澤明の「影武者」 勝新太郎の降板劇やジョージ・ルーカスも参加し製作される等話題に事欠きませんでした!

邦画興行成績の新記録!カンヌも獲った黒澤明の「影武者」 勝新太郎の降板劇やジョージ・ルーカスも参加し製作される等話題に事欠きませんでした!

1980年(昭和55年)公開。黒澤明監督の映画。戦国の武将「武田信玄」が討たれ、その「影武者」が翻弄されていく様子を描いた時代劇。当時の邦画の興行成績(配給収入)1位を記録した大ヒット作でした。
ひで語録 | 2,312 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト