お笑い芸人は「祝福芸」の伝承者?「漫才(万歳)」のルーツ。
2017年2月9日 更新

お笑い芸人は「祝福芸」の伝承者?「漫才(万歳)」のルーツ。

テレビ画面を見ていると、毎日必ず何かしら「お笑い芸人」と呼ばれる方々を目にします。 世間にかなり疎い自分は、芸人さんのお名前は存じ上げないのですが、「お笑い芸人」そして「漫才」の存在だけはわかります。 漫才。この元を今回はたどってみます。「万歳(漫才)」についてです。

613 view
テレビ画面を見ていると、毎日必ず何かしら「お笑い芸人」と呼ばれる方々を目にします。
世間にかなり疎い自分は、芸人さんのお名前は存じ上げないのですが、「お笑い芸人」そして「漫才」の存在だけはわかります。
いまやテレビでお笑い芸人さんを観ない日はありません

いまやテレビでお笑い芸人さんを観ない日はありません

いつしか「お笑い」の枠を飛び越えて様々なジャンルの番組で活躍していますね。
漫才。この元を今回はたどってみます。「万歳(漫才)」についてです。

民俗芸能の1つ「祝福芸」

民俗芸能のジャンルの1つに「祝福芸」があります。昭和初期頃までは「万歳」を行う方々が正月を過ぎるあたりに各地に現れ、その1年の祝いをする…そんな風景がありました。
2人一組で家々を訪れ、新年を祝う口上を述べた後に、1人片方が打つ鼓に合わせてもう1人が舞う…そんな風景が。

そもそも「祝う」とは何か

古代にさかのぼってみますと、『万葉集』巻16に「乞食者詠(ほかいびとのうた)」が2首記録されています。
「コジキ」とは読みません。「ホカイ」と読みます。

ホカウとは、「祝ぐ・寿ぐ(ほぐ)」ことです。言葉で祝うことをコトホギと言いまして、「寿ぎ」「寿詞」「言祝ぎ」などとも。祝いをすること食を乞い得ていたので、漢字の当て字が「乞食」となったようですが、もともと祝いを職とする方々を指しました。

祝福することを職とする存在は日本独自の存在ではないけど、それはともかく、ここでは「乞食」の本来の読み方をご紹介させていただきます。

祝福を芸とする歴史は11世紀ごろが起源

さて、その祝福を芸とする歴史…時代が下り、11世紀ころに成立した『新猿楽記』に「千秋万歳(せんずまんざい)」という言葉が出てきます。これを万歳の祖とすることが多い気がします。

言葉で祝う「万歳」が全国各地に

そして言葉で祝う「万歳」が各地に広がっていきます。沖縄にも伝播し、これは今も「京太郎(ちょんだらー)」としてエイサーの一団などに存在しています。滑稽な恰好とし、周囲を笑わせながら場を盛り上げている存在です。

日本では、秋田万歳、三河万歳、尾張万歳、越前万歳、伊予万歳などなど各地に万歳が伝わり、民俗芸能として残っています。その中で、今の漫才につながる万歳がありました。

今の「漫才」につながる「万歳」は三河万歳

三河万歳です。というより、三河万歳の芝居版というような存在「三曲万歳(さんきょくまんざい)」というのがありましてネ。これが愛知県津島市に伝わって「伊六万歳(いろくまんざい)」となります。こちらが見事なまでに徹底した余興万歳。これから「漫才」に変化していったと言われております。

三河万歳 無形民俗文化財

『大衆芸能資料集成』第7巻に「その萬歳、末世に至り、とんだ方向違いの愛知郡笈瀬村に勃興したのは、同村に伊六という口軽な洒落ものがあって、萬歳がすこぶる上手なので、初春ごとには在々を回って大笑わせをするのが、若衆連の道楽を誘い、われもわれもと弟子入りし、それが追年盛んに群をなし、「萬歳」の大会などを面白半分寄席でやらかした」とあります。

そう、こうやって、弟子が増え、結果このスタイルが全国レベルになっていったのです。

今の漫才の直接的な祖は「エンタツアチャコ」

ただし、今の漫才の直接的な祖は「エンタツアチャコ」です。大正末期、吉本興業(現・吉本興業株式会社)の横山エンタツ・花菱アチャコのコンビが「しゃべくり漫才」を確立します。彼らはそれまでので和服、太鼓、唄スタイルを止めて、スーツ姿で会話のみのスタイルを取りました。これが現在も引き継がれているのです。

芸能界で大活躍されるお笑い芸人さんたちは、歴史的に見てみますと、実は古代から存在する「祝福芸」の伝承者。今なりの形で表現する存在なのです。

今回は、お笑いの中に息づく民俗コネタでした♪
17 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「イロモノ」の由来をご存知ですか?

「イロモノ」の由来をご存知ですか?

9月に入り、秋を意識しだすこの頃。夏の風物詩のひとつ「ビアガーデン」が姿を消してしまう…そんなこの頃。先月、横浜市の「餃子の酔葉」さんで開催されていたビアガーデンに伺いました。このビアガーデンは何と、ビートきよしさんが企画されたものです。
山崎敬子 | 643 view
男性の象徴、その語源は中棒?珍宝??様々の呼び名の語源について。

男性の象徴、その語源は中棒?珍宝??様々の呼び名の語源について。

久しぶりの民俗コネタコラムです。ご無沙汰しております。私は日本の祭礼について大学などで講義をさせていただいておりますが、大人の皆様から一番多く質問されることは「夜這いってあるの?」「祭の日にフリーセックス的なことって本当にあるの?」などなど・・・人間味あふれる疑問についてです。
山崎敬子 | 2,607 view
令和と『万葉集』と浦ちゃんと。

令和と『万葉集』と浦ちゃんと。

日本は5月に入り令和元年となりました。令和の語源は日本最古の歌謡集『万葉集』。ということで、今回は万葉集にも登場し現在の私たちの誰もが知っている(であろう)伝説について。
山崎敬子 | 100 view
令和の和は「和らぎ(やわらぎ)」、古代から脈々と繋がる日本の心ですね。

令和の和は「和らぎ(やわらぎ)」、古代から脈々と繋がる日本の心ですね。

新元号「令和」発表は国中が注目した出来事でした。この和は「やわらぎ」を表します。古代日本で「和」といえば17条憲法の「和を以て貴しとなす」ですが、17条憲法の全17条、ご存知ですか?
山崎敬子 | 772 view
武道も無形文化財指定を受けるってご存知でしたか?

武道も無形文化財指定を受けるってご存知でしたか?

2020年東京五輪を目の前に、日本の文化そのものへの注目がジワジワ高まるこの頃。地域の祭礼行事を見て歩くと、意外と祭礼と武道が身近なことに気が付きますので、祭礼と武道のコネタをば。
山崎敬子 | 141 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト