エスパー魔美まとめ【懐かしい女子向けアニメ】
2015年10月16日 更新

エスパー魔美まとめ【懐かしい女子向けアニメ】

懐かしい女子向けアニメまとめ。今回はエスパー魔美についてまとめます。様々な超能力を使う女子中学・佐倉魔美が普通の学生生活を送りながらエスパーとして人助けをするストーリー。なつかしい人も世代でない人も名前だけは聞いたことある人も楽しめる内容になっています!

6,716 view

TVアニメ「エスパー魔美」まとめ

1987年4月7日~1989年10月26日テレビ朝日系列でアニメ化されたエスパー魔美(全119話+SP1話=120話)についてまとめてみました。あらすじやキャラクター、主題歌について、そして気になる最終回についても紹介。

まとめ記事について筆者の思うこと

「エスパー魔美」放送当時は子供だったので魔美のことは瞬間移動が出来る女の子の話くらいしか記憶にありませんでしたが大人になって改めて見ると、瞬間移動のほかにも沢山の能力を使ったり、そういえばヌードモデルって設定だったな・・と思い出したり懐かしさと新たな発見がありました。皆さんもきっと同じような気持ちになるかと思いますのでぜひ最後まで読んで頂けたらと思います!

TVアニメ エスパー魔美とは?

漫画雑誌『マンガくん』の創刊号(1977年)から翌1978年まで連載され、『マンガくん』が『少年ビッグコミック』に改題された後は不定期に掲載、1983年に最終回を迎えた。
主人公たちの年齢が中学生であり、他の子供向けの藤子作品より若干上になっている。
1987年にテレビ朝日系列でアニメ化された。それに伴い『月刊コロコロコミック』に再掲載される。劇場版も1本製作された。テレビアニメはオリジナルストーリーも多数交え、約2年半にわたるロングラン放映となった。
2002年には、NHK「ドラマ愛の詩」枠で実写ドラマ化された。

エスパー魔美のあらすじ

明月中学に通うごく普通の少女・佐倉魔美はある日、学校の裏庭で同級生の高畑和夫が
複数の生徒から殴られている場面に遭遇する。
見ていられなくなり魔美が目をふさいだ瞬間に高畑が木の上へ瞬時に移動する。
高畑は自ら移動した自覚は無く不思議に思いながらも、ひとまず怪我を手当てするため
魔美の自宅へ、そこで棚の上から絵が落ちてき高畑にぶつかりそうになった瞬間、
絵と高畑の位置が入れ替わる。度重なる不思議な事態に高畑は自分が超能力に目覚めた
と勘違いし力を試そうとするがうまく行かない。

しばらく様子を見てみると分かれたあと、魔美が買い物から帰った時に玄関先で母と
ぶつかりそうになり瞬間移動してリビングにいた父とぶつかってしまい、
超能力は魔美自身に芽生えたのではと薄々勘付く。

しかし高畑は自身の能力をピンチの時だけ発揮できると仮定して
ここ最近被害が広がっている”辻殴り”の犯人と戦うことに。
戦いの中ピンチに陥るがなかなか能力が発揮されない。
それを木の影から見ていた魔美が超能力を試し高畑を瞬間移動させることに成功、
魔美自身がエスパーだと確信する。

自分ではなく魔美がエスパーと知って落ち込んだ高畑は魔美と距離を置くが
気を取り直しエスパーのコーチとして協力することに。
高畑のサポートの元で超能力に磨きをかけながら魔美は普通の中学生と人助けをする
正義のエスパーとしての二つの顔を持ち生活していくことに。

主な登場人物

シンエイ動画 - エスパー魔美 (1499469)