「スターウォーズ」旧三部作の日本版コミカライズ列伝・後編:「帝国の逆襲」&「ジェダイの復讐(帰還)」
2017年12月15日 更新

「スターウォーズ」旧三部作の日本版コミカライズ列伝・後編:「帝国の逆襲」&「ジェダイの復讐(帰還)」

さて、記念すべき日本初上陸作品、エピソードⅣ「新たなる希望」日本初公開時のコミカライズを紹介した前編に続いて、今回の後編ではエピソードⅤ「帝国の逆襲」日本公開時に発表された、コミカライズ作品を取り上げることにしよう。

1,627 view
「帝国の逆襲」日本版ポスター

「帝国の逆襲」日本版ポスター

残念ながら、アメコミの翻訳だけで日本人マンガ家によるコミカライズが実現しなかった、エピソードⅣ「新たなる希望」。しかし、1980年に公開された待望の続編「帝国の逆襲」では、ついに日本オリジナルのコミカライズ作品が登場!
ただ、後述する様に掲載誌の関係で、当時実際に読まれたミドルエッジ世代の方は少ないのでは?と思われる本作。
今回はその、雑誌「テレビランド」掲載版「帝国の逆襲」を中心に紹介することにしよう。

日本での「帝国の逆襲」コミカライズ概略

前回紹介した「新たなる希望」と同様に、全6回に渡って雑誌掲載されたのが、この日本オリジナルの「帝国の逆襲」コミカライズ版だ。
但し、掲載されたのが「テレビランド」という子供向けの雑誌だったため、ページ数が毎回15ページ程と少ない!

しかも週刊では無く月刊誌での掲載なので、肝心の最終回が実に翌年の1月号に掲載されるという事態に・・・。(ちなみに「帝国の逆襲」公開は夏休み!)まだ劇場に観に行けなかったミドルエッジ世代の子供たちにとって、あのラストの衝撃が年明けまでお預け状態だったとは!

残念ながら現時点で入手出来ているのは、第1回と2回だけだが、幸い第3回の扉絵と内容の一部はネットの画像で確認することが出来る。果たして、あのラストの衝撃の展開は、当時のコミカライズ版にちゃんと描かれていたのか?後述する経済的な理由も大きいため、未だにその結末は未確認のままだ。
アメコミ翻訳版の単行本表紙と中身

アメコミ翻訳版の単行本表紙と中身

なおアメコミ版の「帝国の逆襲」を翻訳した物が、日本公開当時に単行本として、同じ徳間書店より出版されている。今でも中古市場で流通しているので、こちらの方が比較的入手は可能だ。

エピソードⅤ「帝国の逆襲」内容紹介

第1回掲載のテレビランド表紙と扉絵

第1回掲載のテレビランド表紙と扉絵

本作は、徳間書店から刊行されていた月刊誌「テレビランド」に、1980年8月号から翌年の1月号まで、半年に渡って全6回が掲載された。作者は「いけはらしげと」先生で、掲載誌の対象年齢を考慮してか、絵柄やキャラクターは幼い感じにアレンジされている。
放送時期的に、ちょうどスカイライダーが終了し、次のスーパー1に移行する時期に当たるため、マニアの間でも人気が高いこの頃の号は、古本市場でもかなり高額&入手困難となっているのが困り物・・・。
「帝国の逆襲」でのルークの階級が分かるシーン!

「帝国の逆襲」でのルークの階級が分かるシーン!

実は中佐だったルーク。
敵の攻撃に倒れるダック・・・

敵の攻撃に倒れるダック・・・

子供向けの雑誌とはいえ、こうした厳しい表現も避けずに描かれているのは見事!
巨大なスノーウォーカーを見事な作戦で倒す!

巨大なスノーウォーカーを見事な作戦で倒す!

映画の見せ場を誌上で再現!
第1話ではルークがスノーウォーカーとの戦闘で力尽き倒れるまでが描かれており、ワンパやトーントーン、ハン・ソロは登場しない。
第2回掲載号表紙と扉絵

第2回掲載号表紙と扉絵

第2回で中心となるのは、ハン・ソロとレイア姫。
ファルコン号発進!そしてダースベーダー登場!

ファルコン号発進!そしてダースベーダー登場!

装置の故障でハイパースペース航行が不可能に!

装置の故障でハイパースペース航行が不可能に!

第2話では、ハン・ソロとレイア姫の話が中心になり、ダースベイダーの登場とルークがダコバ星へ向かうまでが描かれている。
第3回扉絵

第3回扉絵

うーん、基本的にキャラクターの身長の対比が?
ん?どこか微妙なボバ・フェット・・・

ん?どこか微妙なボバ・フェット・・・

続く第3回は、惑星ダコバに逃げ延びたルークの修行、そして遂にボバフェットが登場!ただ、このボバフェット、非常に微妙なのが残念・・・。
果たして、ラストは映画のままなのか?それとも日本独自の終わり方なのだろうか?絶対に確かめたいところなのだが、前述した通り、この時期の幼年向けテレビ雑誌は非常に高額!なんと、このテレビランド全6冊揃えるためには、総額で5~6万円が必要となる計算・・・。そのため残念ながら、4回~6回までは未だに未確認のままだ。
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【スターウォーズ(エピソード5)帝国の逆襲】悪役(?)でもダースベイダーがかっこ良すぎて…!

【スターウォーズ(エピソード5)帝国の逆襲】悪役(?)でもダースベイダーがかっこ良すぎて…!

 「スターウォーズ帝国の逆襲」(当時)は、先の「スターウォーズ」シリーズの第二段として1980年に公開されました(現在では「ルーク・スカイウォーカーを主人公とする旧三部作の第2章『エピソード5』」。子供も大人も楽しめる、笑える話や壮大な宇宙のドラマ、そして、かっこよかったハン・ソロにダースベイダー…今一度、ふりかえってみます。(トヨタ プリウスCMもみつけました)
Yam | 3,778 view
【訃報】「ダース・ベイダーの中の人」を演じた俳優、デビッド・プラウズさん死去。

【訃報】「ダース・ベイダーの中の人」を演じた俳優、デビッド・プラウズさん死去。

70年代から現在に至るまでSF映画の金字塔として君臨する「スター・ウォーズ」シリーズにて、ダース・ベイダー役を務めた俳優デビッド・プラウズさんが28日、イギリス・ロンドンの病院で亡くなっていたことが明らかとなりました。
隣人速報 | 638 view
”ポスト百恵”の座を狙ったアイドル達の現在!誰が百恵ちゃんに近かったのか?あなたはどう思いますか?

”ポスト百恵”の座を狙ったアイドル達の現在!誰が百恵ちゃんに近かったのか?あなたはどう思いますか?

1980年10月5日 日本武道館で「幸せになります。」とマイクを置き引退した"山口百恵"さん、1970年代を鮮やかに彩り駆けぬけていった昭和の歌姫の引退にアイドル界はざわめきたちました。 空いた"百恵"ちゃんの座を狙い次々と新人アイドルがデビュー、80年代はアイドル黄金期となります。 そんな中で、「雰囲気が似ている」「百恵ちゃんを意識している」など、"ポスト百恵"と期待されたアイドル達のその後を追ってみました。
いろは | 25,061 view
血のつながらない兄妹と彼女の三角関係!?「みゆき」を振り返ろう!

血のつながらない兄妹と彼女の三角関係!?「みゆき」を振り返ろう!

あだち充さん原作でアニメ化、実写化もされた「みゆき」。ここでは原作漫画について振り返ってみましょう。
saiko | 559 view
1980年に行われた『第22回日本レコード大賞』を振り返ってみよう!

1980年に行われた『第22回日本レコード大賞』を振り返ってみよう!

紅白歌合戦と共に行われている年末の風物詩でもある「日本レコード大賞」。レコード大賞を受賞した楽曲の売上が大きく伸びると言われた時代もありました。時代を表すレコード大賞を主な受賞作と共に振り返ってみましょう!
もこ | 1,293 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト