AC195年、オペレーションメテオ発動―「新機動戦記ガンダムW」をプレイバック
2016年2月2日 更新

AC195年、オペレーションメテオ発動―「新機動戦記ガンダムW」をプレイバック

熱さを前面に押し出した「Gガンダム」の後番組は、クールな外見に熱いハートを秘めた「ガンダムW」でした。美形キャラ押しで女性人気を獲得した本作は、00年代の「SEED」から続く現代のガンダム路線の基礎を形作った作品なのかもしれません。

1,749 view

どんな作品?

 (1562350)

『新機動戦記ガンダムW』(しんきどうせんきガンダムウイング NEW MOBILE REPORT GUNDAM WING)は、『ガンダムシリーズ』サンライズ制作のテレビアニメ。1995年(平成7年)4月7日から1996年(平成8年)3月29日まで全49話がテレビ朝日系列で毎週金曜日17時00分 - 17時30分にて放送された。略称は「GW」。米国では最初に放送されたガンダムシリーズ作品である。
前作『機動武闘伝Gガンダム』の人気の中心が低年齢層だったのに対し、本作ではガンダムのパイロットを始めとする主要キャラクター全員を美少年に設定、女性を対象としたメディア展開(後述の#関連作品を参照)を行うなどし、結果的に多くの女性ファンを獲得した。

あらすじ

 (1559527)

A.C.(アフター・コロニー)195年。武力による宇宙統治を推し進める地球統一連合に対し、隕石に偽装した高性能MS「ガンダム」を送り込む「オペレーション・メテオ」を発動。互いに異なる人物から指令を受けた五人の少年たちは、ガンダムを操り連合に戦いを挑みます。しかし、秘密結社OZの暗躍によってガンダムたちは翻弄され、歴史はさらなる混迷の度合いを深めていくのでした。

おもな登場人物

ヒイロ・ユイ

ヒイロ・ユイ

ヒイロ・ユイはドクターJに送り込まれた破壊工作員です。翼をもったガンダム、ウイングガンダムに搭乗します。様々な戦闘技能を叩きこまれた戦闘のプロフェッショナルで、自らの命すら惜しむことなく任務遂行に邁進します。
リリーナ・ドーリアン

リリーナ・ドーリアン

ドーリアン外交次官の娘として登場したヒロイン。しかし、その真実は亡きサンクキングダムの王女。自らの出自を知ったリリーナは、平和のために自分のできることをはじめます。
ゼクス・マーキス

ゼクス・マーキス

秘密結社OZの特務大尉であるゼクス・マーキスは、トレーズ・クシュリナーダ総帥の信任も厚いエースパイロットです。その輝かしい戦歴から、ライトニング・バロンの異名で知られています。その正体はサンク・キングダムの王子で、リリーナの実兄でした。
デュオ・マックスウェル

デュオ・マックスウェル

プロフェッサーGに送り込まれたデュオは、不思議な縁でヒイロと行動を共にすることが多いガンダムパイロットです。性格はヒイロと正反対で明るく社交的。死神を思わせるガンダムデスサイズを操ります。
トロワ・バートン

トロワ・バートン

ドクトルSの指令を受けるトロワは、一切の素性が謎に包まれたガンダムパイロットです。寡黙で必要以上のことは喋りませんが、本来は優しく仲間想いの人物。戦闘以外ではサーカス団に身を寄せ、ピエロとして働いています。
カトル・ラバーバ・ウィナー

カトル・ラバーバ・ウィナー

H教授の指令を受けたカトルは、L4コロニーの大富豪ウィナー家に生まれたお坊ちゃま。29人ものお姉さんに囲まれ、愛情に飢えることなく育ったガンダムのパイロットとしてはある意味異色の存在です。幾多の任務を乗り越え、のちにガンダムチームのリーダー的存在へと成長していきます。
張五飛

張五飛

古代中国の戦士の血を受け継ぐ張五飛は、老師Oの指令を受けてOZと戦っていました。正しいものと悪しきものを見分ける眼力に長け、自分の行動に揺らぐことなき信念をもっています。愛機であるシェンロンガンダムを「ナタク」の愛称で呼び、ひとかたならぬ愛着を寄せていることでも有名です。

おもなMS

ウイングガンダム

ウイングガンダム

ヒイロが搭乗するガンダムは、飛行機型のバード形態に変形する可変機です。専用武器のバスターライフルはビームライフル以上の大出力で知られる大量破壊兵器です。
ガンダムデスサイズ

ガンダムデスサイズ

デュオが搭乗するガンダム。レーダーによる捕捉を困難にするハイパージャマーの働きで、敵に姿を見せずに接近し、鎌型のビームサイズで敵機を切断する姿はまさに死神。
ガンダムヘビーアームズ

ガンダムヘビーアームズ

トロワが搭乗するガンダムは、重装甲、重火器で身を固めた動く武器庫です。バルカン、マシンキャノン、ビームガトリングなど、遠距離攻撃に重点が置かれていますが、アーミーナイフで近距離の守りにも気を配っています。
ガンダムサンドロック

ガンダムサンドロック

カトルが搭乗するガンダムは、白兵戦に重点が置かれた機体。一対のヒートショーテルはMSを破壊する必殺の武器です。シールドとバックパックを組み合わせれば、最強武器クロスクラッシャーが完成します。
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その9 ~ジオンのびっくりどっきりモビルアーマー登場!~

『ガンプラり歩き旅』その9 ~ジオンのびっくりどっきりモビルアーマー登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第9回は、映画版ではその存在を(ほぼ)抹消されたビグロと、劇場版でもメインの活躍のソロモン戦が描かれたビグ・ザムの、ジオンの2大モビル・アーマーのご紹介です!
市川大河 | 7,593 view
『ガンプラり歩き旅』その8 ~ガンダム強化スーパー合体メカ登場!~

『ガンプラり歩き旅』その8 ~ガンダム強化スーパー合体メカ登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第8回は、一時期は、映画版とガンダムメカマニアの間では存在を抹消されていた、テレビ版でのガンダム強化合体スーパーメカ、Gアーマーの登場です!
市川大河 | 7,550 view
『ガンプラり歩き旅』その007 ~「1/144旧キット最もダメな“赤い 赤い アイツ”」~

『ガンプラり歩き旅』その007 ~「1/144旧キット最もダメな“赤い 赤い アイツ”」~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第7回は、ガンプラ全盛時、全ファンの期待と待望を一身に受けて登場したものの、ガンプラ史上最悪の駄作キットになってしまった「赤い 赤い アイツ」だ!
市川大河 | 20,453 view
『ガンプラり歩き旅』その006 ~他人の空似にゃ無理がある!~

『ガンプラり歩き旅』その006 ~他人の空似にゃ無理がある!~

ガンプラ!あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第6回は、いきなり「メカじゃねぇだろ!」1stガンダム公式ガンプラ唯一のキャラクターフィギュアプラモデルコレクション「キャラコレ」を扱います!
市川大河 | 7,015 view
【機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争】見逃してない?

【機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争】見逃してない?

『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』は、1989年発売の『ガンダムシリーズ』OVA作品。全6話。略称は「0080」、で通称は「ポケ戦」。 それまでガンダムシリーズを手がけてきた富野由悠季以外が監督した初の作品である。また、一連のガンダム作品の中で最初のOVA作品でもある
yakushakowai | 2,209 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト