ちょっと聴いてみてください。今なお俳優として魅力溢れる萩原健一ですが、歌手としても、もの凄いんですから。
2018年10月25日 更新

ちょっと聴いてみてください。今なお俳優として魅力溢れる萩原健一ですが、歌手としても、もの凄いんですから。

ショーケンこと萩原健一。個性的な演技で人気ですが、歌手としての個性はスゴイなんてものじゃありません。それはショーケンがカバーした曲とオリジナルとを聴き比べるとよく分かります。では、さっそく聴き比べてみましょう!

717 view

萩原健一

さて、ショーケンです。ショーケン、言わずと知れた稀代の俳優にして歌手の萩原健一ですね。最近では俳優としての印象の方が強いのかもしれませんが、元々はザ・テンプターズのボーカリストとしてデビューしています。
 (2058174)

本名:萩原 敬三(はぎわら けいぞう)
生年月日:1950年7月26日
出生地:埼玉県
身長:174 cm
血液型:O型
職業:俳優・歌手
活動期間:1966年~現在
その後はテレビドラマ「傷だらけの天使」や「前略おふくろ様」などで人気を博し、俳優として地位を確立しています。
俳優と並行して音楽活動を再開するのですが、これがまた超個性的!他に類を見ないスタイルなのです。が、類を見ないと言いつつも、実際には松田優作や原田芳雄などが思いっきりのフォロワーとなっています。
なんというか、演劇的とでも言えばいいのでしょうか、独特なボーカルスタイルを確立しているのです。

萩原健一 ハロー・マイ・ジェラシー

何故このような歌い方が確立されたのでしょう?松田優作や原田芳雄がフォロワーになっているということは、俳優ならでは、俳優であればリスペクトせざるを得ない何かがあるのかもしれません。

それでは、ショーケンの独特な歌の世界をオリジナルと比較することで再確認してみます。

ラストダンスは私に

演劇的な歌い方といえば、元祖とも言えるのが越路吹雪でしょう。まぁ、個性的です。なんといっても宝塚歌劇団男役スターですからね、同に入っておられます。
エディット・ピアフからの影響が大きく、彼女の代表曲である「愛の讃歌」は、越路吹雪にとっても代表曲となっていますね。
ショーケンが歌っているのは、越路吹雪のもう一つの代表曲ともいえる「ラストダンスは私に」です。

ラスト・ダンスは私に 越路吹雪

映像で観れないのが残念ですが、素晴らしいですねぇ!
因みに「ラストダンスは私に」のオリジナルは、ベン・E・キングがリード・ボーカルだったアメリカのコーラス・グループのドリフターズです。ベン・E・キングは、ソロになってからのヒット曲「スタンド・バイ・ミー」でも知られていますね。

ラストダンスは私に(ショーケン)

さて、そんな「ラストダンスは私に」をショーケンがカバーするとどうなるか?興味津々ですね。1981年2月に9枚目のシングルとしてリリースしています。
ラストダンスは私に

ラストダンスは私に

日本語詞:岩谷時子
バックを務めるのは、ドンファン・ロックンロール・バンド。大所帯です。しかし、まぁ、これがカッコいいんですね。この大人数感が。

萩原健一/ラストダンスは私に

テンプターズはローリング・ストーンズの影響を受けていたと言われています。ローリング・ストーンズ。ショーケンのこの動き方、歌い方はミック・ジャガーからの影響なのでしょう。そうなのかな?よく分かりません。よく分かりませんが、個性的には違いありません。
越路吹雪とは随分と印象が違って聴こえますね。

愚か者

比較すると面白いなぁと思う曲は「愚か者」ですね。1987年1月1日発売された近藤真彦の通算23枚目のシングルです。今のところマッチの最後のヒット曲ですね。

近藤真彦 / 愚か者

作詞:伊達歩、作曲:井上堯之、編曲:戸塚修という布陣です。作詞の伊達歩とは、作家の伊集院静の筆名なんですよ。
マッチの代表曲のひとつですね。頑張って歌っていると思います。
42 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

2月4日に閉館するTOHOシネマズ日劇で「青春グラフィティ スニーカーぶる~す」(1981年)が上映され、たのきんトリオの一人として出演していた近藤真彦が舞台挨拶に登壇。1981年の公開当時の想い出を語った。
近藤真彦vs萩原健一!異色の競作対決『愚か者(愚か者よ)』

近藤真彦vs萩原健一!異色の競作対決『愚か者(愚か者よ)』

マッチこと近藤真彦が歌い日本レコード大賞を受賞した曲『愚か者』。 しかし、ショーケンこと萩原健一が同時期に『愚か者よ』というタイトルで同曲をリリースしていた競作であったことはあまり知られていない。なぜ同時期に二人は同じ歌を発表したのか?そこには作詞・作曲をした男たちとの絆が関係していた…。
小さいおっさん | 11,459 view
氷室京介がBOØWYでのデビュー前に“ショーケン”をカバーした激レアLP「ダニーロングプロジェクト」とは?

氷室京介がBOØWYでのデビュー前に“ショーケン”をカバーした激レアLP「ダニーロングプロジェクト」とは?

ミドルエッジ世代であれば誰もが知っているであろうロック・ヴォーカリスト「氷室京介」。彼がBOØWYとしてレコードデビューする直前に「ダニーロングプロジェクト」というグループサウンズなどをカバーするバンドに参加していたのをご存知でしょうか?
山下達郎が他のアーティストに提供した名曲特集

山下達郎が他のアーティストに提供した名曲特集

『RIDE ON TIME』『CHRISTMAS EVE』『さよなら夏の日』などのヒットで知られる山下達郎。彼はソロワークスと同時に、他のミュージシャンへの楽曲提供にも熱心なアーティストとしても有名。今回は、そんな山下達郎が他人に提供してきた楽曲を振り返っていきたいと思います。
こじへい | 3,701 view
【日本レコード大賞】歴代受賞者&受賞曲一覧(1980~1989年)

【日本レコード大賞】歴代受賞者&受賞曲一覧(1980~1989年)

年末の恒例音楽イベントTBS『日本レコード大賞』。八代亜紀、寺尾聡から中森明菜、光GENJI、Winkまで日本レコード大賞1990年代の歴代受賞者&受賞曲を動画を交えてご紹介します。
小さいおっさん | 16,383 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト