高倉健と松田優作の最初で最後の共演作『ブラックレイン』。もう2度と実現しない衝撃の共演シーンは必見!
2017年1月26日 更新

高倉健と松田優作の最初で最後の共演作『ブラックレイン』。もう2度と実現しない衝撃の共演シーンは必見!

死してなお燦然(さんぜん)と輝く名優、高倉健と松田優作。数々の伝説を残した2人の最初で最後の共演作が1989年公開の『ブラックレイン』だ。ヒットメーカー、リドリー・スコット監督によるハリウッド映画で、2人はいったいどんな共演を果たしたのか!?

17,398 view

まずは・・・『ブラックレイン』とは?

『ブラックレイン』は、1989年に製作された、ヒットメーカー、リドリー・スコット監督による日本を舞台にしたハリウッド映画だ。当時、アメリカで大人気だったマイケル・ダグラス主演で、高倉健、松田優作、アンディ・ガルシアの4人を中心に物語は展開していく。若山富三郎、神山繁、ガッツ石松、内田裕也、安岡力也など日本の俳優も数多く出演した(内田裕也の現在との違いはなかなか笑える)。

ハリウッド映画にありがちなステレオタイプの妙な日本人像、日本のイメージはほとんど見られなかった。撮影場所は関西方面が中心だったが、警察や各所で日本側の協力を得られなかったため、日本国内の設定ながらアメリカや香港で撮影されたシーンも数多くあったようだ。

映画の評価はそれほどでもなかったわりに、興行収入はしっかりと一億ドルを超えてみせるところは、さすがヒットメーカー、リドリー・スコットといえる。日本では、高倉健、松田優作をはじめとする豪華な日本人キャスト出演で記憶している人が多いのではないだろうか。個人的には、中心となる俳優4人が大好きなので、映画全体の出来はともかく、ひとまず好きな映画ではある。
 (1704146)

まあ、この4人が出演しているだけで観る価値のある映画だと思う、個人的には。

<ストーリー>

ニューヨーク市警殺人課の刑事ニック・コンクリン(マイケル・ダグラス)とチャーリー・ビンセント(アンディ・ガルシア)は、レストランで日本のヤクザの刺殺事件に遭遇。刺殺した犯人佐藤(松田優作)を逮捕するが、日本国内で指名手配されていたために日本本国に護送することになる。

しかし、到着した日本の空港で警察官を装った佐藤の子分に佐藤を引き渡すという失態を演じてしまう。大阪府警で佐藤の追跡捜査に加わろうとするが拒否され、権限のない二人は銃を取り上げられ、監視役までつけられてしまう。

監視役の松本警部補(高倉健)と行動を共にする二人は、日本の慣習や捜査方法の違いなどに戸惑いをみせる。そんななか、ニックと松本の関係がギクシャクするが、チャーリーが二人の関係修復に努めようとクラブに誘う。その帰り道、チャーリーはニックとはぐれてしまい、自ら復讐しようと狙っていた佐藤の罠にハマってしまうのだった・・・。
 (1702400)

このスリーショットもなかなかいい。

高倉健が、アンディ・ガルシアと一緒にレイ・チャールズでシャウトしてる・・・。貴重過ぎます。

高倉健とマイケル・ダグラスが張り込みしながらソバを食べている、個人的にかなり好きなシーン。ぜひ、映像でお楽しみください。

高倉健について語るときに僕の語ること

共演シーンについて語る前にまずは、二人のことを。
ただ、いまさら健さんについて何を語ろうというのかと自問自答したが、ひとまず、まとめてみようと思う。

高倉健について語るときに僕の語ることは、昭和、平成を駆け抜けた不世出の大俳優だということ以上に、もれ聞こえてくる“人間”高倉健の魅力について、ということになる。あれだけの俳優だから、もちろん逸話や美談は多い。それについては、いくら語っても語りきれないだろう(ウィキペディアにゴマンと書いてあるから、そちらを参照あれ)。

ただ、そんな逸話や美談を知らなくても、インタビューや番組出演での映像を見れば、“人間”高倉健のなんたるかは実感できると思う。でもって、印象的なのが1997年のスマスマ。まだ20代のスマップ相手に敬語で話す大スター高倉健。なんというか、佇まいが、とにかくカッコいいのだ。ぜひ、実感してほしい。その映像はこの「高倉健」コーナーの最後に!
 (1702412)

さすが、目力、すごいっす。
 (1704176)

口をグッと結んだ感じ、渋いっす。
 (1704913)

街の雑踏の中の健さん、似合うっす。

カンタンに、健さんの好きな映画だけ並べたっす。なんだかすごいっす。

東映以外のもので固めさせてもらいました・・・。

●八甲田山 (1977年) 日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞
●幸福の黄色いハンカチ (1977年) 日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞
●野性の証明 (1978年) 
●動乱 (1980年)  日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞
●遙かなる山の呼び声 (1980年) 日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞
●駅 STATION (1981年) 日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞
●海峡 (1982年)
●居酒屋兆治 (1983年)
●夜叉 (1985年)
●鉄道員(ぽっぽや) (1999年) 日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞
●あなたへ (2012年、東宝)
 (1704948)

『夜叉』での健さん。ヤマハの帽子をかぶっててもカッコ良いっす。

健さん出演の1997年のスマスマはこちら!

き、貴重すぎる。1997年、健さん、まだ若かったなあ。。。

次ページは「松田優作」コーナーから!

52 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ハリウッド作品の「ブラックレイン」・・・あれから25年たった今!ハリウッドで活躍する日本人は・・・

ハリウッド作品の「ブラックレイン」・・・あれから25年たった今!ハリウッドで活躍する日本人は・・・

1989年公開の「ブラック・レイン」に出演した高倉健さんが亡くなった!大阪を舞台にした作品であり、日本では松田優作の遺作としても知られたリドリー・スコット監督の作品です。 『ブラック・レイン』が日本人俳優が海外の映画に出るという先鞭をつけた記念碑的作品だった。 あれから25年たった今、ハリウッドで活躍する人たちを見てみましょう!
パウエル | 25,819 view
これは昭和か平成か、二つの時代を満喫したミドルエッジ世代に贈る挑戦状10問!

これは昭和か平成か、二つの時代を満喫したミドルエッジ世代に贈る挑戦状10問!

昭和と平成。いずれも去り行く元号となる2つの時代を満喫した(?)ミドルエッジ世代。ついアバウトになりがちな当時の記憶を思い出す、脳みそライザップ的なクイズを10問どうぞ!!
泣ける!感動する!懐かしの邦画7選

泣ける!感動する!懐かしの邦画7選

「泣ける! 感動する!」映画の、今回は邦画編です。星の数ほどある映画の中から、懐かしい邦画を7つ集めてみました。ドラマあり、恋愛あり、青春あり、はたまた愛らしく逞しい動物たち、などなど様々なタイプを選んでみました。皆様はどの映画が好きでしたか?
Yam | 3,812 view
故松田優作と言う男!!『11月6日は命日』

故松田優作と言う男!!『11月6日は命日』

1989年11月6日にお亡くなりになった松田優作さんの命日です。生前大好きだった松田優作さんを偲んで色々とまとめてみました。
ギャング | 8,367 view
女の子の憧れ!バービーとお揃いのスタイルでドレスアップが可能に!!

女の子の憧れ!バービーとお揃いのスタイルでドレスアップが可能に!!

阪急うめだ本店・4階コトコトステージ41にて、永遠のファッションアイコン「バービー」とお揃いのドレスアップスタイルが可能となるアイテムを販売します。期間は11月15日から11月28日まで。
隣人速報 | 494 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト