今も昔も魅了される!【スピッツ】の音楽
2016年4月13日 更新

今も昔も魅了される!【スピッツ】の音楽

1991年にデビューし、1995年のシングル「ロビンソン」でブレイクしたスピッツ。以降、数々のヒットを飛ばし続ける国民的バンドとなりました。最近も車のCM曲に起用されたことで新しい世代にも注目される、彼らの魅力について掘り下げてみました。

5,657 view

スピッツとは?

 (1623276)

スピッツは、草野マサムネ(ボーカル・ギター・ハーモニカ)、三輪テツヤ(ギター・コーラス)、田村明浩(ベース・コーラス)、崎山龍男(ドラム・コーラス)からなるバンドです。1991年3月にシングル「ヒバリのこころ」とアルバム「スピッツ」でメジャーデビューしました。
バンド名「スピッツ」は草野が高校時代から温めていた名前。草野は「s」に「p」が続く単語(「special」や「crispy」など)が好きであり、辞書でこの単語を見つけ発音やその意味(ドイツ語で「尖っている」「辛辣な」)が気に入ったことから命名された。また結成当初はパンクバンドであったことから(来歴を参照)、昭和時代に人気があった愛玩犬種日本スピッツに絡め、「小さい犬ほどよく吠える」という後付の意味も込めている。
 (1621148)

実は、そうなんです!皆さんご存知のスピッツですが、当初はパンクバンドだったというから驚きです。そのインディーズ時代の音源がコチラ。

spitz - YouTube

出典 youtu.be
そこはかとなくザ・ブルーハーツの甲本ヒロトを彷彿とさせる歌い方ですね。とはいえ、草野の特徴的な声はこの頃から健在です。
周りからのブルハの二番煎じではダメだという声と、自身もこのスタイルに違和感を感じ始めていたことから、路線を変更し、現在の独自の音楽スタイルを確立していきます。

名曲の数々!

それではいってみましょう!
彼らと言えば、もちろんこの曲です。

スピッツ / ロビンソン - YouTube

11th single 「ロビンソン」 オリジナル発売日:1995年4月5日
出典 youtu.be
やはりイイ!何とも言えない、郷愁漂うメロディに切なさこの上なしです。
当初、草野はこの曲にポップすぎるという印象があり、シングルとしてリリースすることに乗り気ではなかったそう。
ちなみにタイトルは、草野がタイ旅行をした際に印象に残っていたロビンソン百貨店から取ったもので、仮タイトルがそのまま採用されたもの。楽曲とは全く関連性がなく、歌詞中にも一度も出てこないというのも面白いですね。

スピッツ / チェリー - YouTube

13th single 「チェリー」 オリジナル発売日:1996年4月10日
出典 youtu.be
こちらも説明不要の名曲です。今の季節にピッタリですね!

スピッツ / 渚 - YouTube

14th single 「渚」 オリジナル発売日:1996年9月9日
出典 youtu.be
2015年11月にスバル「NEW FORESTER」のCMソングに起用されて再び注目されることとなった「渚」。ミドルエッジ世代の我々としては、江崎グリコ「ポッキー坂恋物語」のCM曲としてもお馴染みですね。
リゾート的な意味でなく、神秘的な空間としての渚をイメージしているそうで、草野も気に入っていた曲のようです。
 (1628055)

スピッツ / 運命の人 - YouTube

17th single 「運命の人」 オリジナル発売日:1997年11月27日
出典 youtu.be
「運命の人」は、冒頭の歌詞にガツンとヤラレてしまう、詩的センス抜群の曲です。もともと独特の歌詞に定評のある草野ですが、いや~、さすがです。
PVでなぜ死体役なのかは、甚だ疑問ですが。(笑)

スピッツ / 空も飛べるはず - YouTube

8th single 「空も飛べるはず」 オリジナル発売日:1994年4月25日
出典 youtu.be
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 155,298 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 147,972 view
元祖イケメンドラマー「ザ・ゴールデンカップス」のマモル・マヌーさん死去。長い髪の少女、愛する君になど

元祖イケメンドラマー「ザ・ゴールデンカップス」のマモル・マヌーさん死去。長い髪の少女、愛する君になど

60年代後半のグループサウンズを代表するバンドのひとつ「ザ・ゴールデン・カップス」でドラマー兼ボーカルを務めたマモル・マヌー(本名:三枝守、さえぐさ まもる)さんが9月1日、心筋梗塞のため亡くなっていたことが明らかとなりました。
隣人速報 | 282 view
メジャーデビューからついに30周年!ROLLY(57)率いる「すかんち」の記念ライブが開催決定!!

メジャーデビューからついに30周年!ROLLY(57)率いる「すかんち」の記念ライブが開催決定!!

ロックミュージシャン・ROLLY(57)が、「すかんち」のメジャーデビュー30周年を記念したライブ『ROLLY DEBUT 30TH ANNIVASARY VOL.3 令和の SCANCH'N ROLL SHOW』の開催を発表しました。
隣人速報 | 684 view
伝説のV系バンド【紫苑(シオン)】って覚えてる?メンバーの今に迫る!

伝説のV系バンド【紫苑(シオン)】って覚えてる?メンバーの今に迫る!

純白タキシードと胸に深紅のバラをトレードマークに歌謡曲路線で注目を浴びたヴィジュアルバンド(以下V系)「紫苑(シオン)」を覚えているでしょうか。「ああ、いたいた!」と思ったら気になるのが「その後」のことではないでしょうか。今回は伝説のV系バンド「紫苑(シオン)」について、メンバーの今について掘り下げてみたいと思います。
Natsu | 4,990 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト