宇宙戦士ダンガムって!?ガチャガチャメーカーとして名を馳せたコスモスの悲哀。
2019年11月5日 更新

宇宙戦士ダンガムって!?ガチャガチャメーカーとして名を馳せたコスモスの悲哀。

ガチャガチャメーカー「コスモス」といえば真っ先に思い浮かぶのはロッチ、そしてパチモノ景品の数々。一世を風靡した同社ですが、なかには「宇宙戦士ダンガム」なんてのも。数あるパチモノのなかで、このダンガムにはちょっとした逸話があるんです。コスモスの悲哀とでも呼びたくなるその逸話とは。

7,065 view

宇宙戦士ダンガム!

宇宙戦士ダンガム!
私たちの誰もが、それはパチモノだと秒で見抜くことが出来るでしょう。

このダンガム、生みの親はあの「コスモス」。その名を聞いて私たちは「あ~、やっぱり…」と、ちょっとホッとしたような気持になることもまた、否めない事実であろうと思います。
1977年に設立、ロッチ騒動などを経て1988年に倒産するまでガチャガチャ界の風雲児だったコスモス。

2010年前後にスマホゲーム界隈で大問題になったコンプガチャ問題と比べると、金額的な悪質度は如何なものだったか、いまとなっては比べる由もありませんが、その振り切ってしまったパクリ・パチモノ上等感だけは、時を経たいまもなお私たちの記憶に残り続けています。

【なつかCM】1983年・その6「コスモス」ほか

ロッチをはじめ、スーパーカー消しゴムチョロQキン消しなど、幼少期を直撃したコスモス旋風に、私たちの世代は当時から否応なく真贋の見極めが大事であることを教わったものです。

さてそんなコスモスですが、この「宇宙戦士ダンガム」に関してはなんとも悲哀感の漂うエピソードがあるのをご存知ですか?

コスモスは機動戦士ガンダムのスポンサーだった?

ガンダム関連のグッズといえば、私たちの多くがバンダイから発売された300円の1/144ガンプラシリーズを思い出すことでしょう。80年代前半、ファミコン登場までの玩具界で主役級だったガンプラが登場したのは1980年7月のこと。

以降はまさに「ガンダム=バンダイ」となるわけですが、ガンダム人気がアニメ再放送で火が付いたのも有名な話。バンダイが思い切って「機動戦士ガンダム」のプラモデル商品化権を取得して設計・開発を始めたのは1979年12月でした。

思い切って、と書いたのはガンダムの放送期間は1979年4月7日~1980年1月26日。当初は全52話の予定が43話での打ち切りが決まった後のことでした。打ち切り決定後、人気が急上昇を始めたタイミングでしたので、バンダイとしては思い切って商品化権を取りに行ったのだと思います。

バンダイが参入する前のスポンサーに名を連ねていた?

「ガンダム」テレビ放送時のスポンサーはバンダイではなく、玩具メーカーのクローバー社。ガンダム関連商品の販売を手掛けていました。ただ、それはプラモデルでなく児童向け合体玩具などで、ガンダム視聴者層とは若干ズレていたようです。

そして同時期、コスモスもまたガンダムのスポンサーとして版権を取得していたようで、アニメ放送時期までは「機動戦士ガンダム」をコスモスが著作権表示を入れて販売していたらしいのです。
テレビ版スポンサーのクローバーが製造し、ガチャガチャで販売されていた「ガンダムの消しゴム」(後のガシャポン戦士シリーズとは別)、通称「ガン消し」も、モデラーやファンたちの手によってジオラマ制作などに用いられた。
ガン消し

ガン消し

キン消しに混じってガン消しもけっこう持っていました。。。

結果、ガンプラが大ブレイク!

しかしガンダムは版権がバンダイに移った後に再放送でヒットしており、コスモスは以降も無許諾でガンダムを商品化していた。これがバンダイから抗議を受けると、デザインを変えた「宇宙戦士ダンガム」が登場している。
ちなみにこの「超合金ダイカスト製」ってところですが、使用された金型がパチモノというよりも本放送時に作られた公式のものだったそうで…。
 (2150277)

そのままガンダムのスポンサーを継続しておけば!みたいな「たられば」はご法度でしょうが、もしかするとコスモスの命運も変わっていたかもしれないと思うと、なんとも悲哀感のあるエピソードに感じます。

ただ、バンダイから抗議を受けて「宇宙戦士ダンガムにして売り続けた」という行を真に受けると、やっぱりコスモスだな~なんて他人事ながらしみじみとしてしまいます。

当時は出回っていたガンダムのパチモノたち

27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

コスモスのガチャガチャ憶えていますか?高級感のある箱のおもちゃから有名なビックリマンのパクリ「ロッチ」騒動まで。

コスモスのガチャガチャ憶えていますか?高級感のある箱のおもちゃから有名なビックリマンのパクリ「ロッチ」騒動まで。

1980年代、ガチャガチャは子供の楽しみでしたよね。100円のガチャガチャは高いので20円や50円のガチャガチャを探したもんです。そんなガチャガチャでよく見かけた「コスモス」の文字。ガチャガチャで広く知れ渡っていたコスモスですが、ビックリマンシールの「ロッチ騒動」では社会問題化してしまいました。
青春の握り拳 | 259,211 view
伝説の「フルハッチオープンガンダム」をガンプラで表現したモデラーが登場!ガンプラ制作者必携のメガネケースも!!

伝説の「フルハッチオープンガンダム」をガンプラで表現したモデラーが登場!ガンプラ制作者必携のメガネケースも!!

ガンプラに情熱を傾け、作品中の名シーンなどを実際に再現した“ジオラマ”の制作をする「モデラー」。このたび、そんなモデラーの1人が作り上げた作品が大きな話題となっています。さらにガンプラを制作する際に必携のメガネケースも!
隣人速報 | 9,500 view
あなたもジオニック社の社員に!?「ザク」でロボットの基礎を学ぶ学習教材「ZEONIC TECHNICS」が登場!!

あなたもジオニック社の社員に!?「ザク」でロボットの基礎を学ぶ学習教材「ZEONIC TECHNICS」が登場!!

機動戦士ガンダムの「ザク」を組み立てることでロボティクスやプログラミングの基礎を学ぶことが出来る教材「ZEONIC TECHNICS Robotics and Programming Course I」が現在予約受付中です。
隣人速報 | 887 view
「実物大ユニコーンガンダム立像」冬季限定ライトアップが実施! UCの後日談「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」の企画展やガンダムカフェスペシャルフェア情報も!

「実物大ユニコーンガンダム立像」冬季限定ライトアップが実施! UCの後日談「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」の企画展やガンダムカフェスペシャルフェア情報も!

お台場の実物大ユニコーンガンダム立像が冬季限定ライトアップに照らされるシーズンがやって参りました。間もなく上映される「機動戦士ガンダムNT」のピックアップにもご注目。イベント限定アイテムやスペシャルメニューの情報なども入っております。
ニュースFレン | 1,170 view
機動戦士ガンダム「MSV(モビルスーツバリエーション)」のプラモデルの箱絵、カッコ良かったですよね!!

機動戦士ガンダム「MSV(モビルスーツバリエーション)」のプラモデルの箱絵、カッコ良かったですよね!!

1980年代、小学生のころ模型屋さんで見た、機動戦士ガンダム「MSV(モビルスーツバリエーション)」のプラモデルの箱絵がカッコ良かったと、今でも記憶が残っています。当時、いっぱい、MSVのプラモデル買いましたよ。
よっちゃん | 16,946 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト