『ガンプラり歩き旅』その74 ~今回もまた動かざるごと山の如し! ハンマ・ハンマの腕を、徹底改造で動かしてみせる!~
2018年8月3日 更新

『ガンプラり歩き旅』その74 ~今回もまた動かざるごと山の如し! ハンマ・ハンマの腕を、徹底改造で動かしてみせる!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!

2,484 view
ハンマ・ハンマのフレキシブルアームからのビームがジュド...

ハンマ・ハンマのフレキシブルアームからのビームがジュドーを襲う!

.
私、市川大河が、書評サイトシミルボンで連載している、 『機動戦士ガンダムを読む!』での、 再現画像で使用しているガンプラを、 古い物から最新の物まで片っ端から紹介していこうというテーマのこの記事。
今回紹介するのは、『ガンダムZZ』劇中で、初めて合体完成したガンダムZZと戦い(そして撃墜された)最初のネオジオンモビル・スーツ、ハンマ・ハンマの1/144 旧キットを紹介します。

ハンマ・ハンマ 1/144 6 1986年8月 800円(機動戦士ガンダムZZ)

フレキシブルアームを伸ばして突き進むハンマ・ハンマのボ...

フレキシブルアームを伸ばして突き進むハンマ・ハンマのボックスアート

.
今日は皆さんに残念なお報せがあります……。
というのも、この1/144 旧キットのハンマ・ハンマ、野心的なデザインはともかく、ガンプラとしての出来はというと……。前回のR・ジャジャとほぼ同時に「やっちまったなぁ」としかいえないという。
『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)の、第二期ガンプラブームで、1/144キットのワースト3を選べと言われれば、いきなり2連続で前回のR・ジャジャと、このハンマ・ハンマがワンツーフィニッシュで入ることは絶対的に確定事項というレベル。
完成した旧キット1/144 ハンマ・ハンマ

完成した旧キット1/144 ハンマ・ハンマ

.
これ、決してその2つをデザインした、出渕裕氏のせいではないのは、なんか近年ガンプラで始まった新シリーズで、1/100で「Refineに今まで恵まれてなかったモビル・スーツを、MGより簡素化して出す」という名目で「Re」というカテゴリが新設されたんだけど、このハンマ・ハンマも2017年7月には、そのRe1/100でキット化されていて、そちらは出来も良く、フルアクションも可能で、プロポーションも絶妙というハイレベルな商品に仕上がってるところからもご理解いただけると思う。
劇中、ルー・ルカの乗るコア・ファイターを襲うハンマ・ハンマ

劇中、ルー・ルカの乗るコア・ファイターを襲うハンマ・ハンマ

.
なら大河さんの『ガンダムZZ』イメージ再現画像用アイテムも、そのRe1/100版を使えばよかったじゃないかって言う話もあるんだけど、コスト的な意味合い以上にね、真面目に大河さんのワンルーム、1/100 ガンプラを置けるようなスペースがないんですよ!
ただでさえ、ハンマ・ハンマなんて大型MSの1/100なんで、撮影ブースでライティングが追い付かないっすよ!
正面から見た完成キット

正面から見た完成キット

.
それにReはHGUCとはコンセプトも違うので、HGUCならまだギリギリ旧キットと並べて画を作っても絵になるけど、これ以上の(キットコンセプト的に)混成部隊になっちゃうのはまずかろうというのと、旧キットであればミドルエッジ世代の皆さんでもたぶん(おそらく辛い記憶や口惜しみなのだろうが)このキットへの想いを分かち合えると判断した次第。
サイドビューとバックビュー。無数にあるバーニアをしっか...

サイドビューとバックビュー。無数にあるバーニアをしっかり別パーツ化したり、スカートアーマーの分割など、これでも頑張っているのは分かるのだが……

.
一応、以下Wikipediaから、ハンマ・ハンマに関する記事を抜粋する。
『機動戦士ガンダムZZ』第9話で初登場。マシュマー・セロが搭乗し、ガザC部隊を率いてジュドー・アーシタのZガンダムと交戦するが、ビーム・サーベルで右腕を切断され撤退。第10話ではファ・ユイリィのメタスを行動不能にするも、Zガンダムに頭部を破壊され撤退。第11話で専用シールドが装備され、キャラ・スーンのR・ジャジャとの連携によりZガンダムの頭部を破壊し、行動不能に追い込む。しかし、直後にジュドーが移乗したZZガンダムのダブル・ビーム・ライフルによりシールドごと左腕を破壊され撤退する。その後はマシュマーがエンドラを去ったため、登場しない。
要するにこのハンマ・ハンマという機体。『ガンダムZZ』における、真の主役メカ・ZZガンダムが、最初に戦う敵モビル・スーツなのである。
当初から予定されていたとはいえ(とはいえ、ZZガンダムメカデザイン決定までのドタバタ修羅場続きはもはや伝説と化している)、この時期の富野サンライズアニメが、真の主役メカは途中から登場するのが定型化していたとはいえ、さすがに前作で主役を張ったZガンダムで、半年近くも新番組を引っ張り続けるわけにもいかず、結構早々と登場したZZガンダム。
その新主役ガンダム初登場で、やられ役になるネオジオンのモビル・スーツとあらば、再現画像側としても用意しないわけにはいかない。
ゼータガンダムに向かって、ビーム・サーベルを振り上げて...

ゼータガンダムに向かって、ビーム・サーベルを振り上げて突進するハンマ・ハンマ!

.
このハンマ・ハンマ、デザインの方は。
確かに80年代半ばのバンダイでは手こずる面構成をしているかもしれない。
直線と曲面が交錯して異形のシルエットを作るデザインなので、いかにこの当時の出渕氏が挑戦的にモビル・スーツデザインに挑んでいたのかが分かる。

一方で、ギャン系の漢らしい騎士モビル・スーツを、深紅に染めてセクシィ女性士官のキャラ・スーンを乗せ、一方で、ある意味女性的な「開いた花弁」を思わせるハンマ・ハンマを、結果的にマシュマーのパーソナルカラー的立ち位置を得た「濃淡のグリーン」で彩り、優男の専用マシンにするというアイディアは、出渕デザインの逆をいったのだろうが、アニメの画的には功を奏した。

しかし、模型、ガンプラでの再現となると、R・ジャジャは「関節が、肘と開脚以外何も曲がらないデクノボー」と化してしまったわけだが、ではハンマ・ハンマ方はどうであっただろうか。
顔の造形は悪くない。口の部分も開口されていて立体感も損...

顔の造形は悪くない。口の部分も開口されていて立体感も損なわれていない

.
まず、パーツ分割に関しては、その努力は認めよう。
このキットは『ガンダムZZ』1/144シリーズでも、特に大きい方に入るので、パーツ分割が大味に感じられがちだが、肝心の部分ではスラスターを別パーツにしたり、複雑なスカート周りを最小限のパーツ割で再現しようとするなど、努力のほどはよく伝わってくる。
ランナー状態。写真映りは白に近いが、ザクに近い薄いグリ...

ランナー状態。写真映りは白に近いが、ザクに近い薄いグリーンのランナー2枚とポリキャップ

.
45 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その76 ~「ドムにハズレなし」に死角なし!ドム系新型モビル・スーツでも、シリーズ一番の傑作キット!~

『ガンプラり歩き旅』その76 ~「ドムにハズレなし」に死角なし!ドム系新型モビル・スーツでも、シリーズ一番の傑作キット!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 578 view
『ガンプラり歩き旅』その75 ~1986年に既に存在していた“リゲルグ”という名の「究極の『アタリ』のゲルググ」~

『ガンプラり歩き旅』その75 ~1986年に既に存在していた“リゲルグ”という名の「究極の『アタリ』のゲルググ」~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 4,359 view
『ガンプラり歩き旅』その71 ~吹き荒れろ! ガザの嵐だ、ネオジオンのガザD参上!~

『ガンプラり歩き旅』その71 ~吹き荒れろ! ガザの嵐だ、ネオジオンのガザD参上!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 2,246 view
『ガンプラり歩き旅』その73 ~動かざるごと山の如し!『ガンダムZZ』版ギャンのR・ジャジャ~

『ガンプラり歩き旅』その73 ~動かざるごと山の如し!『ガンダムZZ』版ギャンのR・ジャジャ~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 2,398 view
『ガンプラり歩き旅』その72 ~「バラのように力強さの中にも優美さと気品を失わない良い機体」ネオジオンMS第1号、その名もガルスJ~

『ガンプラり歩き旅』その72 ~「バラのように力強さの中にも優美さと気品を失わない良い機体」ネオジオンMS第1号、その名もガルスJ~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 1,970 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト