2016年6月17日 更新

「ファミつく」DIYキットをファミコンに組み込んでみました。

ファミコン互換機の「ファミつく」DIYキットをファミコンのガワを買ってきて組み込んでみました。

32,181 view

「ファミつく」を買ってDIY

ファミつく (FC互換機DIYキット)

2,610
ファミコン互換機の「ファミつく」はDIYで自由に様々な物に組み込みができる商品です。
※価格は2016年6月12日現在のもので変動します。
ファミコン互換機の「ファミつく」DIYキットを買ってどのようにDIYしようか考えましたが、上手にDIYしている方は、テーブルに埋め込んだり、ジョイスティックに埋め込んだりしていますが、私はその手のプロでもないので本物のファミコンに組み込んでみようと考えました。

とりあえずBOOK OFFへ

一台だけ発見!即買い!

一台だけ発見!即買い!

ジャンクコーナーに一台だけファミコンがありました、もちろんケーブル関係は何も付いてないし動く保証もなし。ガワが欲しいので全然OK!

価格は460円

ちなみにスーパーファミコンは100円

状態はなかなか良いほう

状態はなかなか良いほう

30年前の物としては状態は良い方だと思います。とは言っても汚れているので分解してキレイにしようと思います。

分解!

裏のネジを取れば簡単に分解!

裏のネジを取れば簡単に分解!

ファミコンの分解は実は簡単にできてしまいます。ネジを取ればガワが外れます。
基板を撤去!

基板を撤去!

中もけっこうキレイな状態でしたが、必要ないので撤去!

洗って漂白剤に浸け置き

ガワを洗って漂白剤に浸け置き!

ガワを洗って漂白剤に浸け置き!

石鹸でガワをキレイに洗い、黄ばんだガワを漂白剤につけておきます。
コントローラー

コントローラー

今回のDIYでコントローラーも、ガワだけ交換できたら良いなと思ってましたが、残念ながら基板のサイズが違うのであきらめました。

このコントローラーは、また何かのDIYで使えたら良いなと思いますのでとっておきます。

加工

基板のサイズが違うので加工が必要

基板のサイズが違うので加工が必要

あまりファミコンのデザインを変えたくないので必要のない加工はさけましたが、どうしても基板のサイズが違うので穴を開けたりネジ穴を撤去したりする必要がありました。
カセットのスロットは同じサイズ!

カセットのスロットは同じサイズ!

カセットの差し込みスロットは同じサイズでポン付けできました。
その他の基板

その他の基板

その他の基板は、まったくサイズが違うのでちょっと強引につけました。
フタを閉めて完成

フタを閉めて完成

今回、電源スイッチが基板の位置の関係で押せません。専用のボタンを作ることも考えましたが、ファミコンのデザインを優先で、ACアダプターの抜き差しで電源オンオフを制御することにしました。
LEDランプの穴を追加

LEDランプの穴を追加

この、「ファミつく」にはLEDランプが付いているので、ドリルでランプの穴を開けました。

電源ON

ファミスタをやってみる

ファミスタをやってみる

ファミスタを入れて電源ON! LEDが点灯して「カキーン」の音!成功しました。
ファミスタ

ファミスタ

液晶テレビにファミコンはミスマッチですが、子供達も大喜び。しばらく遊べそうです。

まとめ

この「ファミつく」DIYキットという商品は、低価格で良い商品ですが画質が良いとは言えません。また、基板むき出しなので取り扱いに注意が必要です。DIYする方は自己責任になりますが色々試してみるのも良いと思います。
29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所この記事に関連する商品一覧

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ファミつく」ファミコン互換機DIYキットを買ってみた

「ファミつく」ファミコン互換機DIYキットを買ってみた

ファミコン互換機は多く発売されていますが、なんと基板むき出しの商品があります。ガワは自分で作ってDIYしてくださいねというコンセプトのようです。
M.E. | 48,356 view
発売から30周年を超えたファミコン!ファミコン向けゲームソフトの歴代売上トップ30を紹介!!

発売から30周年を超えたファミコン!ファミコン向けゲームソフトの歴代売上トップ30を紹介!!

1983年、家庭用ゲーム機として発売され日本はおろか世界中にブームを巻き起こしたファミコン(ファミリーコンピュータ)!その数ある名作ソフトの人気を売り上げ順で振り返る。はたしてトップ10はどんなゲームソフトだったでしょう?
ローズリー | 80,185 view
『ドンキーコング』『ドンキーコングJR.』『ポパイ』ファミコン本体と同時発売されたゲーム!!

『ドンキーコング』『ドンキーコングJR.』『ポパイ』ファミコン本体と同時発売されたゲーム!!

1983年のファミコン発売はいまだに衝撃的な出来事でしたよね、当時は予約が殺到して、初日に入手出来た人はヒーローでした。そんなファミコンと同時発売された記念すべきソフトは3本!『ドンキーコング』『ドンキーコングJR.』『ポパイ』だったのです。
青春の握り拳 | 10,795 view
【ファミコン】任天堂、ナムコ、コナミ、バンダイ、カプコン、エニックス、スクウェア…錚々たるゲームメーカーたちのファミコンゲーム参入第一弾を振り返る。

【ファミコン】任天堂、ナムコ、コナミ、バンダイ、カプコン、エニックス、スクウェア…錚々たるゲームメーカーたちのファミコンゲーム参入第一弾を振り返る。

1980年代ファミコン黄金期、様々なゲームメーカーがファミコンソフト市場に参入しました。参入第一弾はどの会社にとっても勝負作だったはず。しかし、かの名作スーパーマリオやドラクエ、FFも第一弾からは生まれていません。そこで各社のファミコン第一弾がどんな作品だったかまとめてみました。当時表現力の貧弱だったファミコン、魅力を伝えようと工夫されたパッケージデザインにも注目です。
青春の握り拳 | 96,389 view
【ファミコンゲームのカセット形状】メーカーごとに形状が異なるファミコンカセット、その特徴を振り返る。

【ファミコンゲームのカセット形状】メーカーごとに形状が異なるファミコンカセット、その特徴を振り返る。

「ファミコンカセットの形に注目」子供のころ、おもちゃ屋さんで眺めるファミコンカセットのパッケージデザインはどれも趣向を凝らしていて購買意欲をそそりました。いざ購入してプレイしてみると、ハードの表現力が貧弱なこともあってサウンドやグラフィックは似たようなゲームが多かったのもご愛敬。そして、パッケージデザインとゲームの中間に位置したものが「ゲームカセット」でした。メーカーごとに特徴があったカセットの形状、ちょっと思い出してみませんか?
青春の握り拳 | 65,259 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト